胆嚢ポリープの危険性?大きさと悪性度により癌化する率は上がる!

この記事は3分で読めます

2015y10m22d_144236195

 

日本人の食生活の変化により
消化器系にポリープの存在が確認される人が増えています。
胆嚢ポリープもその一つ。

特に動物性脂肪の多い食生活の影響が大とされるように
沈着したコレステロールの影響で
ポリープが起こりやすくなると言われています。

スポンサーリンク

定期検診で見つかる胆嚢ポリープの多くは
良性のものが多いですが、癌化していくこともあるので
気をつけましょう。

 

 

胆嚢ポリープの自覚症状について

 

胆嚢ポリープの多くは自覚症状がありません。

その為、ポリープが見つかるのは定期検診や人間ドックで
見つかることが多く、その多くは良性です。

但し、胆のうの出口周囲にできたものについては
胆石発作を起こした時のような腹痛が現れることがあります。

 

胆嚢ポリープの多くは良性のポリープです!

極レアなケースとしてがんに移行するものや、
最初から悪性腫瘍のものもあるので、

ポリープが見つかったら、一度検査を受けるようにして
良性か悪性かを確認をするようにしておきましょう。

 

 

癌の疑いがある胆嚢ポリープ

 

エコー検査で見つかるものの多くは良性ですが
なかには、発見された時に悪性のものと判断されるもの

また、放置したままでいると
そのまま癌化してしまうポリープもあります。

 

癌や癌化しやすいポリープに気をつけよう!

 

癌化しやすい胆嚢ポリープの特徴は”大きさ”です。

ポリープの大きさが1センチ以上のものや
初めは小さくても短期間に大きく変化するものについては、

癌であることや癌化率が非常に高いものであると言えます。

 

1センチ以内であっても、胆嚢ポリープが見つかったら
自覚症状がなくても半年~1年に1回は検査を受けるようにして
サイズに変化がないかを確認するようにしましょう。

 

 

画像検査によって悪性かどうかの特定ができます。

スポンサードリンク

 

人間ドックなどで胆嚢ポリープが発見されるのは
超音波検査(エコー検査)がほとんどです。

胆嚢ポリープがどんな形をしているか、
そのサイズはどのくらいか?個数、胆のう壁の状態も
エコー検査によって把握することができます。

 

超音波検査で発見されたポリープが、
がんであるかどうかの判断がつきにくい場合には、
超音波内視鏡検査やCT検査、MRI検査を行います。

癌の疑いがかなり強い場合には
MRI検査やERCP(内視鏡的逆行性膵胆管造影)を行う場合も。

 

ERCP検査は、胆嚢に造影剤を注入する検査になり、
胆嚢内の状態が詳細に分かります。

 

 

良性であれば経過観察、悪性であれば摘出

 

胆嚢ポリープのサイズが1センチ以内のものであれば
特に精密検査を受ける必要はないということです。

ただ、時間の経過とともに変化する場合もあるので、
良性ポリープであっても、定期検査は必要。

一方、発見されたポリープが悪性ポリープの疑いが強い場合、
胆嚢がんと診断された場合は、その治療としては
最近では、腹腔鏡下胆嚢摘出術で行われます。

 

 

良性と悪性、それぞれの種類と胆嚢ポリープについてのまとめです。

 

良性のポリープにはコレステロール、過形成、炎症性の
三つがあります。

 

コレステロールポリープの多くは5ミリ以下のもので
胆汁に含まれるコレステロールが沈着して盛り上がったもの。

過形成ポリープは、胆嚢の上皮細胞が増殖したもの

炎症性ポリープは、炎症により、胆嚢の上皮と粘膜組織が
ポリープ状になったもの。

 

悪性のポリープには、胆嚢腺腫と胆嚢腺癌があります。

胆嚢腺腫は、胆嚢上皮が増殖するもの、良性ですが、
1センチを超えるモノについては癌化していく可能性が大。

胆嚢腺癌は、胆嚢の上皮癌が増えてポリープ状になっている。

 

 

胆嚢ポリープは、癌化率が低いポリープですが、
ポリープはできないに越したことはありません、

その為にも脂肪分の多い食生活には十分気をつけたいものです。

 

胆嚢の病気の原因は脂肪の摂りすぎ?予防改善には食生活を変える事

スポンサードリンク
  • 2015 10.22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015y10m18d_121203501
  2. 2015y11m17d_134740836
  3. 2016y03m05d_102257249
  4. 2016y02m09d_100907530
  5. 2015y10m28d_143958685
  6. 2016y02m25d_112553730

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp