抜け毛対策の盲点とは?枕の汚れが頭皮環境に影響・抜け毛の原因に

この記事は2分で読めます

 

抜け毛対策には、いろいろな方法がありますが
意外と盲点になっているのが枕です。

枕と抜け毛には強い因果関係があるということです。

頭皮環境を整えて、抜け毛を防ぐにも
枕が清潔な状態になっているかを一度意識してみましょう。

スポンサーリンク

天気のいい日、布団を干す人は多いと思いますが
一緒に枕を干す人は意外と少ないのではないでしょうか?

せいぜい、枕カバーを洗うこともあっても、
枕そのものを洗濯する人はあまりいないと思います。

 

 

枕がカビや細菌群の巣になっているかも

 

頭皮には、頭部常在菌である真菌や白癬菌、
表皮ブドウ球菌など、20~30種類の菌群が生息しています。

同じ枕をいつも使っていると
汗や皮脂と一緒にこれら常在菌が枕やカバーに付着します。

 

そして、こうした細菌群をダニが餌にして食したり
カビが枕の中で繁殖するようになるわけです。

枕を洗わないまま、不潔にしていたり
時々、紫外線などにあてて、殺菌をしないでいると
カビの発生や繁殖に一役買うことになります。

 

枕から熟むれた匂いがしていたり、
黄ばんだ状態になっていたり、細菌群の巣窟になっている
可能性が大です。

 

 

免疫力の低下により頭部常在菌が抜け毛の原因に!

 

免疫力の低下がキッカケで抜け毛に

過度なストレスや睡眠不足、食べすぎ、飲みすぎ、
栄養バランスの欠いた食事をしていると
当然、免疫力の低下を招きます。

本当だったら、免疫の壁で枕についていた
頭部常在菌や細菌群の侵入を防いでいたものが、
免疫力の低下から毛根への侵入を許してしまうことになります。

頭皮から刺入した菌が増殖すると免疫細胞の顆粒球が増え、
活性酸素を出して毛母細胞が壊していきます。

スポンサードリンク

 

そして、抜け毛が助長されるということになるわけですね。

 

2015y10m25d_104225090

 

抜け毛対策として、頭皮の清潔を考えたケアをしていても
枕が不潔では効果も半減してしまいます。

ですから、枕をこまめに洗うこと、
それに枕カバーを清潔に保つことは非常に重要ということです。

 

枕の材質によっては洗濯に適さないものもありますから、
そうした枕は定期的に新品に取り替えるようにしたいものです。

育毛対策をしている人にとっては枕は意外と盲点です。

 

指摘する人はあまりいませんが、
清潔な枕カバーと枕は育毛での重要なポイントです。

 

ココに注意するしかしないかで
抜け毛対策に大きな差が生まれますし、

円形脱毛症や多発性脱毛症の方は
特に忘れてはいけないところだと思います。

 

◇ 枕の洗い方、枕カバーの手入れに仕方、
ポリエステル、綿、パイプ、そばがら、ウレタンなど
各素材ごとの手入れについての情報は、

こちらのネイバーまとめサイトを参考にしましょう

 

 

そして、頭を洗うときに、頭皮を動かすような
マッサージをして血行をよくするようにしましょう。

合成界面活性剤入りのシャンプーや石鹸シャンプーで
頭を洗うと皮脂を落としすぎて、かえって頭皮を
荒らすことになります。

必要な常在菌も殺してしまうことにもなりかねないので
気をつけたいところです。

スポンサードリンク
  • 2015 10.25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp