糖尿病から目の合併症を予防するには!治療と効果的な食事栄養療法

この記事は3分で読めます

 

糖尿病で恐ろしいのは、さまざまな合併症です。
適切な治療を行わないでいると7~8年ほど経過した頃から
合併症がでてきます。

糖尿病の合併症は、その多くが血管が障害されたことで起こります。
毛細血管が多く集まっている目には、網膜症をはじめとして
黄変変性症や白内障などが起こりやすくなります。

大人になってからの失明で、一番多いのが糖尿病からくる合併症言われています。
できれば、症状が出てこないうちに、食事や栄養面からのアプローチで
改善をしていくことが大切です。

スポンサーリンク

 

糖尿病性網膜症

 

目はたくさんの酸素を消費する脳の一部です。
そのため、代謝の過程で活性酸素の影響を受けやすく、
特にデリケートな網膜の毛細血管では活性酸素にやられやすくなります。

 

体は活性酸素に対して、SODをはじめとする抗酸化酵素や
食べ物からとったビタミンやミネラルなどの
活性酸素スカベンジャーを動員して消去にかかりますが

糖尿病の人の場合、細胞内に入れずにあぶれていた
ブドウ糖が抗酸化酵素などにからみついてその働きを悪くしています。

 

毛細血管が活性酸素によって酸化されてしまうと、
血管が動脈硬化を進行させ、ボロボロになり、必要な栄養や酸素を
網膜の細胞に届けることが難しくなります。

そして、それに対処しようとして、身体は、新しい血管、
新生血管が伸びていき、血液を細胞に供給しようとします。

 

しかし、この新生血管はとても弱くてもろいため
ちょっとした刺激で破れて出血してしまいます。

新生血管は、つむじのようにねじれた力をもって
生まれることが多く、増殖して新生血管に網膜が横に引っ張られると
網膜が引き剥がされてしまい、網膜剥離が起こります。

 

網膜剥離が起こると視力は著しく下がり、網膜の剥がれた部分が
かけて見えるよう、最後には失明することになります。

 

黄斑変性症

 

網膜の中心部にあって物を見る働きの中心的な役割をしている
黄斑部には血管がありません。

ところが、網膜症で新生血管ができてくると次第に網膜の一番奥にある黄斑部に
トラブルがあらわれ、直線がゆがんで見えたり、視野の中心部が
見えにくいといった症状が起こり、最終的には失明にいたります。

 

黄斑変性症は、萎縮型呼ばれる、はじめから機能が落ちるタイプもあります。

そのどちらも加齢からくる老化現象が引き金になります。
糖尿病が進行する事で起こる血管障害があるとその進行を早めます。

 

治療法と食事、栄養療法について

 

治療法としては、新生血管をレーザーでやきつぶす方法が一般的ですが、
あくまでも対症療法の為、根本的な解決にはなりません。
また、出血を起こす状態であれば場合はあまり効果が期待できないようです。

スポンサードリンク

食事、栄養の面からの対策は、まず、高脂肪、高タンパク
低繊維食の欧米型食生活を避け、活性酸素の暴発を防ぐ
ビタミンACE、鉄、銅、亜鉛、マンガン、セレニウムなどのミネラルを
不足させないことが大切です。

 

2014y07m12d_091454880

 

このうち、ミネラルの亜鉛は、活性酸素消去酵素のSODの活性に
働くだけでなく、網膜の働きに重要な役割を果たしていると
考えられています。

亜鉛は目に多いミネラルで、その中でも目の網膜には亜鉛が多くあり
外から入ってきた刺激を脳に伝えるために大切や役割をしています。

 

糖尿病の人は、尿からこの亜鉛を健康な人の2倍を捨てられていると
されていて、それに輪をかけて、カロリー制限をしていたりするため
本来とるべき量の4分の1程度しか、とっていないと言われています。

 

糖尿病と白内障の関係は?

 

白内障は、透明な水晶体が白く濁ってしまう病気で
曇りガラスを通すようにかすんで見え、さらに進むと
黒目の部分が白っぽくなっているのが外から見てもわかるようになります。

悪さをしているのが活性酸素で、水晶体は目の表面近くにある器官なので
酸素や光にさらされて活性酸素が発生しやすく、特に紫外線からは
OHラジカルという強力な活性酸素が生まれるため、加齢につれて水晶体がやられてきます。

 

さらに糖尿病の人では、水晶体の中にもブドウ糖が増えているので
網膜部と同じように活性酸素を打ち消す力が非常に弱まり、進行も早くなります。

白内障対策としては、強力な活性酸素に対抗する抗酸化ビタミン、ミネラルを
しっかりと摂ることが第一です。

中でもビタミンCは、水晶体の中で濃縮され、水晶体を酸化から
守るのに役立ちます。

 

食事栄養療法を行おうと思ったら、カロリー制限を行いながらも
ビタミンやミネラルなどの微量栄養素は、確実に摂り入れる必要があります。

 

さらに、活性酸素による酸化現象にもストップをかけるためにも
体の中の抗酸化酵素を活性化させるための、ミネラルや抗酸化栄養素も
一緒に摂ることが大切になります。

目に大切なミネラル亜鉛は、カロリー制限をしている中では
補うことが難しいため、こうしたことを考慮すると、ビタミンやミネラルを
バランスよく含んだサプリメント、抗酸化栄養素を含んだサプリメント
適時に利用するのが良い方法かと思われます。

スポンサードリンク
  • 2016 06.28
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp