コエンザイムQ10の働き!欠乏症と過剰症は?還元型がオススメ!

この記事は2分で読めます

 

コエンザイムQ10は、脂溶性ビタミンの仲間です。

コエンザイムは補酵素、Qはキノンという化合物の総称を意味しており
主に細胞内のミトコンドリアでエネルギーを産生する
クエン酸サイクルで補酵素として働いています。

体内で合成されていますが、それが老化とともに
減少することによって、不整脈や免疫力低下などの
老化現象が起こりやすくなると言われます。

スポンサーリンク

 

ビタミンEのような抗酸化作用もあり、老化防止に注目されています。

 

コエンザイムQ10の働き

 

心臓の機能を助ける

心臓の筋肉にエネルギーを供給し、不整脈や胸痛、心臓発作を防ぎます。

 

抗酸化作用

ビタミンEとほぼ同じ抗酸化力を持ち、細胞膜の不飽和脂肪酸の
酸化を防いで、過酸化脂質発生を抑えます。

 

酸素の利用効率を高める

酸素の浪費を防ぎ、運動時の肺や心臓の負担を軽くします。

 

糖尿病の治療に役立つ

糖の代謝を促進します。また、活性酸素を消去し、動脈硬化などの
糖尿病合併症を防ぎます。

 

歯槽膿漏の改善

クエン酸サイクルのエネルギー代謝がうまく行われないと
中間生成物のクエン酸が歯肉の中にたまって炎症を起こしたり、
歯根膜をおかします。

コエンザイムQ10が十分にあれば、クエン酸は、エネルギー源として
利用され、歯槽膿漏の改善につながります。

 

免疫力の向上

抗体の産生を促進したり、白血球の作用を増強して、感染症を予防します。

 

血圧を下げる

腎臓でナトリウムの排出を促進し、塩分の摂り過ぎによる高血圧を防ぎます。

 

薬の副作用を防ぐ

抗がん剤による心筋梗塞や脱毛、白血球減少などの副作用を抑えます。

 

不妊症を改善

精子を活発にし、男性不妊症を改善します。

スポンサードリンク

 

コエンザイムQ10の欠乏症と過剰症について

 

コエンザイムQ10の不足でエネルギー産生が低下すると、
エネルギーを必要とする筋肉がうまく働けなくなります。

特に心臓の筋肉にもともと多く存在している栄養素の為
欠乏すると、心臓の機能に影響がでやすいと言われています。

 

2014y07m12d_143045148

 

心筋の低下から不整脈や骨格筋の筋力低下による
筋ジストロフィーにつながるとも言われています。

現在は、サプリメントとしても販売されていますが
以前は、心臓の薬として利用されていますした。

 

また、歯槽膿漏や感染症にかかりやすくなります。

コエンザイムQ10は、脂溶性のビタミンである為、水溶性ビタミンと
比べて、取りすぎると何か体に不具合があるのではと
心配をされる方もいるかもしれません。

 

日本コエンザイム協会からの発表によると

「パーキンソン病初期の病状の進行を抑制できたとの報告があるが,このときのコエンザイムQ10用量は一日1,200mg である.これを16ヶ月間服用しても深刻な副作用は一切認められなかった」とあります。

 

欧米での、推薦している摂取量は、100g~300gとなっています。
普通に摂っている限りにおいては、過剰症の心配はありません。

 

還元型のQ10がオススメ

 

コエンザイムQ10には、酸化型と還元型の2種類があります。
体の中で、効果的にQ10が働くには、酸化型から還元型への変換が必要。

体の中で酸化型から還元型へと変換していくには個人差があり
ストレレスの影響や年を取るにしたがって、その能力も低下していくようです。

 

はじめから還元型になっていれば、Q10を獲った後で
再度、変換してく必要がないことから、還元型を摂る方がオススメです。

エネルギー不足から元気が足りないと感じている時に
利用すれば、コエンザイムQ10の効果が実感できるでしょう!

スポンサードリンク
  • 2015 05.22
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp