小麦粉グルテンは体に悪いのか?体調不良の改善にグルテンフリーを

この記事は2分で読めます

 

食べると腸の調子が悪くなるタンパク質として、
最近知られるようになったのがグルテンの存在です。

グルテンは、パンやパスタ、クッキーなどの
小麦製品に多く含まれていることもあり、
日本人のグルテン摂取量は、右肩あがりとなっています。

スポンサーリンク

しかし、グルテンの摂取は、アレルギーをはじめ
様々なトラブルを起こしてしまう可能性があります。

 

◆ グルテン摂取で起こる体の不調?

 

2015y11m01d_110309318

 

グルテンに含まれる物質に”グリアジン”があります。

この物質は食欲増進の作用を持っているもので、
パンなどの小麦製品を口にすると、

食欲のセーブが効かないという現象を起こすことになり、
ついつい食べ過ぎてしまうことになります。

 

小麦製品には甘いものが多い為、食べ過ぎると
血糖値の上昇、肥満、などメタボに繋がることも考えられます。

 

◇ 例えば糖尿病で考えると

小麦のような高炭水化物をが吸収されると血糖値が上がります、

そして、血糖値が高ければ高いほど
膵臓からインスリンがたくさん分泌されます。

 

常時、血糖値が高い状態が続くと
細胞の表面にあるインスリンレセプターは、
働き過ぎで酸化し、鈍感になり、

血中に残ったブドウ糖を細胞内に入れようと
さらにインスリンが分泌されるという悪循環になります。

それが、糖尿病を起こす一つの要因になるわけです。

 

◇ 脳内に炎症を起こすことも

グルテンは小腸で吸収されますが、大腸でも吸収されます。

糊のような性質を持っているグルテンは、
腸内細菌から出された毒素と密着し、

からまった毒素ごと吸収されて、
その毒を脳に運び込む為、脳に炎症が起こる原因になります。

 

脳内炎症は、様々な神経物質の働きを妨害してしまうので、
俊敏な反応ができなくなってしまいます。

これがグルテンによる起こされる脳毒素被害です。

 

また”アレルギー体質”の人が、グルテンを摂ると
小腸が過剰に反応して、消化不良を起こし、

スポンサードリンク

吐き気や痛み、蕁麻疹のように皮膚に炎症が起きたり、
体のどこかにかゆみが現れる事も!

 

 

◆ グルテンフリーとは

 

グルテンフリーは、食事でグルテンを摂らないといったもの。

欧米ではグルテンフリーの表示がされた
食品が増えているようですが、日本では浸透が遅れています。

小麦自体が、日本人の体質に合わないという事を
主張されている方も増えていますが、

 

2015y11m01d_110616887

 

 

実際に、グルテンフリーの食事変えてから、
アレルギー症状が収まったり、ダイエットがうまくいったなどの
声が多く上がっているようです。

日本でも、健康思考の高い人から、
グルテンフリーの食生活を取り入れる人が増えています。

 

テニスの世界ランク1位のジョコビッチ選手の本

 

2015y11m01d_110741320

ジョコビッチ選手は、グルテンフリーの食事を取り入れてから
脳の働きが良くなり、神経、筋肉の俊敏性が増し、
圧倒的な強さを示しています。

 

◇ グルテンフリーの食事とは?

小麦粉を使ったメニューは禁止。
市販のスープのとろみにも小麦が使用されているので
それらの使用はNGです。

うどんをソバに変えたり、
洋食を和食に変えるというだけでも
グルテンの摂取量は減ってくるでしょう。

 

それとは反対に積極的に摂りたい栄養素はタンパク質です。

タンパク質は植物性のものをメインにして、
魚、鶏肉を適量を摂るようにしましょう。

タンパク質を摂ることで、血糖値の上昇を抑えてくれ、
インスリンの急激な分泌を抑制してくれます。

 

特にある程度の年齢になると
食事量は減ってくるものですが、その場合でも
タンパク質の摂取は減らさないようにすることです。

スポンサードリンク
  • 2017 06.23
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp