逆流性食道炎の胸焼けの対処法!食べ物と運動・姿勢の3つを正そう

この記事は3分で読めます

 

胸焼けはみぞおちから胸の下あたりが
焼け付くような感じがして、チリチリしたものが
喉の方へあがっていく感じがする症状です。

横になると症状がひどくなり、人によっては、
胸焼けから、夜眠れなくなってしまう場合もあります。

スポンサーリンク

胸焼けを起こす原因、胃酸の逆流です

胸焼けは、食道へ胃酸が逆流することから起こります。

食べたものを消化する胃酸は、PH1~1.5の強酸性です。

 

その強い酸が何度も逆流してくると
食道のほうの粘膜は、炎症や潰瘍を起こします。

胸焼けはこの胃酸の逆流によって起こります。
これが”逆流性食道炎”という病気ですね。

 

逆流性食道炎は、欧米化した食生活への変化によって、
男女を問わず、大変増えている病気です。

肥満の人や腰が曲がった人などに多く見られます。

 

大食をした後、2時間くらいの間に、
胸焼けなどの症状があらわれてくるのが特徴です。

 

逆流性食道炎から食道がんを起こさないように
シッカリ治療を行うことが必要ですが、

ココでは、不快な胸焼けを防ぐ為に必要なことを
食事の面や生活の仕方という点から書いていきます。

 

 

◆ 胸焼けに注意したい食べ物と飲み物

 

◇ 食事の仕方

食事は一度に食べ過ぎないようにすることです。

急いで食べると空気も一緒に飲み込んでしまい、
胃をふくらませ、ゲップがでやすい状態をつくることになり、
胃酸の逆流を起こしやすくなります。

食事を済ませた後にすぐ横にならないことも大切なことです。
それと寝る前の食事もNG!

 

◇ 食べ物、飲み物

酸性度の高いものは胸焼けを起こしやすくなります。
お酒、炭酸飲料や栄養ドリンクは飲まないようにしましょう。

果物も意外と酸性度が高いので、
胸焼けがあるときには控えるようにすることです。

 

香辛料など刺激の強い食べ物、酸味の強いもの、
カフェインやアルコールの摂り過ぎ、また脂肪分の多い食べ物は
胃もたれになりやすいので注意しましょう。

 

飲み物は、水(アルカリイオン水)か緑茶系統のものが良いです。
適度な水分補給は、強酸性の胃酸を薄めることで、
胸焼けの解消が期待されます。

スポンサードリンク

但し、胃の温度を冷やしてしまうような
冷たい飲み物は良くないので、できれば人肌のものか
常温の水を飲むようにします。

 

食べ物は、大根やカブなど消化酵素のジアスターゼを
多く含んだ食べ物を摂りましょう。

キャベツは、昔から胃粘膜を保護してくれる
食べ物として知られています。

 

そして、オススメなのがガムを噛むことです。
逆流性食道炎は、食事をしてから1~2時間後に起こりやすいので、

その時間帯に合わせて、ガムを噛むようにしておけば
ガムを噛んで増えた唾液で、胃酸を薄めてくれます。

 

 

◆ 胸焼けを起こさない生活の工夫

 

胸焼けを防ぐには、毎日の生活にも気をつけましょう。

運動、姿勢、腹圧の三つが、胸焼けを防ぐ大切なポイントです。

肥満は胃酸の逆流を起こしやすくなるので
その意味でも適度な運動を行うことが必要になります。

運動では無理をしないこと、運動自体に
ストレスを感じていると、逆効果になります。

 

普段、あまり運動していない人は、軽いウォーキングがオススメ。

有酸素運動により血流も良くなり、
歩くことで腸が適度に刺激され、蠕動運動がよくなります。

また、背筋を伸ばして歩くことを意識することで
前かがみの姿勢もよくなり、胃酸が逆流を防いでくれます。

 

運動を行うときに気をつけたいことは
胃酸の逆流を促進させる腹圧がかかるような事は
避けるようにすることです。

また、横隔膜を鍛えることが、胃酸の逆流を防いてくれます。

 

動画・横隔膜を鍛えるマッサージ

2015y11m03d_124301915

 

お腹を強く締め付けないことが大切です。
ベルトや帯、コルセットなどは余裕をもたせるようにしましょう。

肥満や便秘をさけること、
妊娠中は胃が圧迫されるので、注意が必要です。

 

姿勢は、なるべく腰を伸ばすようにします。
胃を圧迫する腰の曲がった状態、前かがみの姿勢は
できるだけ続けないようにしましょう。

就寝は頭の高い姿勢で、横になると胸焼けがする場合は、
枕や座布団を重ねるようにします。

スポンサードリンク
  • 2016 12.15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp