不眠の解消はストレッチで!寝る前の5分のストレッチが体を緩める

この記事は2分で読めます

 

ストレスなどで体が緊張しているときは
筋肉の血流が悪くなって、眠りにくくなるばかりでなく
睡眠の質も下げてしまいます。

当然、細胞の代謝も悪くなることから
様々な体の不調にもつながってしまうわけですね。

スポンサーリンク

不眠の解消法には、いろいろな方法がありますが
ココでは、寝る前のちょっとした時間とって行う
ストレッチを紹介したいと思います。

 

 

過度なストレスで、交感神経が優位になり
自律神経が狂うと体調もおかしくなるのですが、
その現れの一つが体が固くなってしまうことです。

 

体が固くなるということは、
筋肉や筋が緊張している状態になります。

すると体から脳への神経伝達もうまくいかずに、
さらに自律神経が狂ってしまうことになります。

 

固くなった体にはストレッチが一番効果的です。

 

ストレッチには、緊張していた筋肉を緩ませる作用があり、
寝ている間に筋肉の働きが回復されやすくなります。

体が柔らかくなれば、血液やリンパの流れ、
神経伝達も問題なく行われますので”不眠解消”に結びつきます。

 

自律神経が狂ってくるとまず固くなるのが、
首、肩、肩甲骨の脇の筋です。

つぎに腰から足にかけての筋肉や筋がこわばってきます。

 

不眠解消”には、これら全体が緩んでくるように
ストレッチしていきます

ストレッチは伸ばすという意味があるので、
無理をしない程度、そして気持ちいいと感じるところまで
ゆっくり伸ばしていくことがポイントです。

 

 

◆ 不眠を解消する為のストレッチ

 

2015y11m05d_135532547

 

◇ 腕、肩、背中をストレッチ

スポンサードリンク

足の裏を合わせて座り、背筋を伸ばします。
息を吐きながらゆっくりと上体を前に倒していきます。

左腕を右肘にあて体に引き寄せます。
右手は曲げないで真っ直ぐに伸ばしておきます。
このストレッチを左右両方を行います。

 

◇ 脇、肩、背骨をストレッチ

右腕を後ろに回し、左手で右手を握り左へ引っ張ります。
このストレッチを左右両方行います。

背もたれにつかないようにして、
背筋を伸ばして椅子に座るようにします。
両手を真っ直ぐに伸ばして組み、上体を横に倒します。
このストレッチを左右両方行います。

 

◇ 首回りをストレッチ

頭で円を描くようにゆっくりと大きく回します。
首の周りの筋が伸びているので意識しながら行います。

左手で頭の右側面に手を置き、左側いっぱいに倒します。
首側面の筋が伸びているを意識するようにしましょう。
このストレッチを左右両方行います。

 

 

ストレッチボールを使ったストレッチ(動画)

2015y11m05d_133743942

 

ストレッチポールを使って、エクササイズを使う時に
コチラのページを参考にしてみましょう。

 

 

 

現代人は、対人関係や最近では、気象の急激な
変化などの影響を受けて、自分が気づかないうちに、
かなりのストレスを受けています。

 

長期間にわたって、ストレスが続くと、
交感神経が緊張し続けたままになり、筋肉や筋も
固まりっぱなしになり、

その結果生じた、こりやこわばりが、
様々な不快な症状を引き起こします。

”不眠”もその一つになりますが、夜寝れないということは
精神的にも肉体的にもかなりのマイナスです。

 

その日の緊張やこわばりは、できるだけ
その日のうちに解くことが大切です。

寝る前のわずかな時間をとって行うストレッチが
不眠の解消をはじめ、様々な体の不調を
改善するのに役立つはずです。

スポンサードリンク
  • 2017 06.20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp