ビタミンKの働き!過剰症と欠乏症は?多く含まれる食品について

この記事は2分で読めます

 

ビタミンKは脂溶性のビタミン。血液凝固や骨の形成には
欠かせないビタミンです。天然型のビタミンKには、緑色野菜や
海藻類に多いK1と細菌が作り出すK2があります。

K2は腸内細菌によって体の中でも合成できますが
納豆にも納豆菌が合成するK2が豊富に含まれています。

スポンサーリンク

 

ビタミンKは、血液を濃くして出血を抑えてくれるビタミンですが
母乳の中で唯一含有量が少ないとされています。赤ちゃんもお母さんも
不足には注意が必要になるビタミンです。

 

ビタミンKの働きのまとめ

 

血液凝固作用

ビタミンKは、肝臓で血液凝固因子のプロトロビンをという酵素に変化し
血液に溶け込んでいるタンパク質のフィブリノーゲンをフィブリンという
不溶性のタンパク質の変えて血液を固めます。

ビタミンKには線溶酵素を活性化させて血液をかたまりにくくする作用もあり、
普段は血液の凝固を抑える作用が働き、出血時に血液凝固作用が働きます。

ビタミンKの血液凝固作用が原因で血栓ができやすくなるということはありません。

 

丈夫な骨をつくる

ビタミンKの中でも、骨の形成にかかわるのはK2です。

ビタミンK2は、骨をつくるのに重要なオステオカルシンの合成には
ビタミンDも必要で、ビタミンDとビタミンKの共同作用で
丈夫な骨が形成されます。

また、ビタミンK2は骨芽細胞による骨の石灰化を促進すると共に、
骨を壊す破骨細胞の形成を抑えます。

 

さらに、骨を壊すときに働くプロスタグランディンE2というホルモンの
産生を抑える作用もあります。

このようにビタミンK2は、骨をつくる作用と、骨の破壊を抑える
作用の両方の働きで骨を強くしていきます。

スポンサードリンク

 

欠乏症

ビタミンKが欠乏すると、怪我をしたときに血がとまりにくい
あざができやすい、鼻血、痔、月経過多などの出血性や症状が起こりやすくなります。

妊婦がビタミンK不足になると、乳児が頭蓋内出血を起こす危険性があります。
腸管の粘膜も弱くなり、大腸炎、出血性潰瘍、スプルーなどの
消化器系疾患にかかりやすくなります。

また、骨がもろくなり、骨粗鬆症のリスクが高くなります

 

過剰症

天然型のビタミンKは、多量にとっても問題ありませんが
化学合成されたK3は過剰症を起こす恐れがあります。

K3は、出血の危険性のある妊産婦や新生児の血友病予防として
使われることがありますが、多量に投与すると血液中に蓄積し
赤血球を破壊して、溶血性貧血を起こします。

また、顔の赤みや発汗、浮腫、心臓肥大、横断などが報告されています。

 

ビタミンKを多く含む食品は?

 

K1は、小松菜、ほうれん草、ブロッコリーなどの緑黄色野菜や
ワカメなどの海藻類に多く、K2は納豆に豊富に含まれています。

特に納豆菌は腸の中でも生きていて、腸内でもビタミンK2を合成します。
納豆は、骨形成に必要な良質のタンパク質、カルシウムも
多く含んでいます。

2014y07m12d_145729602

 

骨粗鬆症にも良い食べ物です。納豆を多く食べる地域では
骨粗鬆症になる人が、少ないという統計もでています。

スポンサードリンク
  • 2017 01.16
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp