髪質の改善には・食べ物と頭皮マッサージで血液の質と流れを良くする!

この記事は2分で読めます

 

髪はいつまでも黒く艶やかでありたいもの。

毎日、ヘアケアを行っても髪質の改善見られない時には
頭皮の状態が良くないことが考えられます。

特に頭皮の血行が悪化してると
頭皮自体が硬くなり、毛根の健康状態も悪くなり、
髪質も次第に弱くなってくるものです。

スポンサーリンク

頭皮に柔軟性を持たせ、血行を良くし、
髪の毛が生える土台となる、頭皮を健康な状態に保つことが
大切になります。

髪質の改善を意識した手入れを行うようにすれば、
いつまでも若さを保つことができます。

 

 

まず大切なのは”食べ物”です。
髪の主成分はタンパク質なので、大豆や卵、
魚や肉などの、上質なタンパク質を毎日とり、
栄養源を絶やさないようにします。

また、その栄養が毛根に十分行きわたるよう、
頭をマッサージして頭皮の血行をよくします。

 

 

◆ 髪質を高める目的で良い食べ物を摂る!

 

髪に良い食べ物はたくさんあります。
要は、たくさんの種類の食べ物をバランスよく食べることです。

髪の主素材であるケラチンは、
そのほとんどがアミノ酸によってできています。
その為、まずは、上質なタンパク質の摂取が必要です。

 

肉や卵の動物性タンパク質は、アミノ酸のほかにも
必須栄養素がバランスよく含まれているかわりに
消化の問題があります。

反対に大豆などの植物性タンパク質は、
消化吸収で負担をかけないかわりに、肉や卵より
栄養素の不足があります。

その長短のバランスを考えて、
動物性2に対して、植物性8程度を意識して摂るといいでしょう。

 

また、頭皮の健康に影響を与える、
ビタミンACE、B郡などの微量栄養素の摂取も忘れずに。

特にビタミンEは、血行を良くし抜け毛予防に効果的です。

ワカメに含まれるヨードは、
新陳代謝を高める甲状腺の働きを活発にして、
髪の発育を促します。

 

 

◆ 髪質改善・頭皮のマッサージは、毎日続けること

 

頭皮のマッサージを行えば、慢性のコリをやわらげ、
筋肉もやわらげてくれます。

スポンサードリンク

髪が細くなっていたり、抜け毛が気になる人には
毎日の頭皮マッサージの効果が実感できるはずです。

マッサージを行うときは、頭皮に爪を立てないで、
指の腹をあてるようにして、頭皮をこすらないようにします。

 

簡単間頭皮マッサージの動画

2015y11m11d_140741637

 

わしづかみするような感じで、両手で頭をつかむ

頭皮を頭蓋骨から持ち上げるようなイメージで揉みます

手の位置を変えて、何度かマッサージを繰り返します。

 

 

◆ 髪質にマッチしたシャンプーを使用しよう!

 

シャンプーの使用は、髪質が”乾性””脂性”かで選びましょう。

髪の毛をお湯でよく濡らしてから
シャンプーを手にとって、よく泡立てるようにし、
それから髪の毛につけるようにします。

髪をこすり合わせたり爪を立てないことが大切。
指で頭皮をもむようにして洗います。

 

すすぎはシャンプーをシッカリ落とすことがポイント。

髪をふくときはたたくようにして、
濡れた水分を取り除くようにします。

ドライヤーを使うときは低温で、短時間で乾かすようにします。

 

 

 

髪に悪いものはやめる、避ける

過度なストレスがあると、自律神経のバランス狂い
頭皮の血行も悪くなるので、白髪や抜け毛が多くなります。

また、タバコのニコチンは血管を収縮させるので、
頭皮の血行が悪くなり、髪に十分な栄養が行かなくなります。

 

成長期の頃であれば、新陳代謝の勢いがいいので
多少のマイナス要因があってもカバーできてしまったりしますが、

25歳を過ぎた年齢であれば、マイナス要因になるものは
極力避けていくような意識が大切です。

スポンサードリンク
  • 2017 01.02
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp