野菜不足が病気を招く?上手な取り方と効果効能について

この記事は2分で読めます

2014y07m12d_160148482

 

現代人は、相対的に野菜不足といわれています。
厚労省は、一日300gの野菜を摂りましょうと呼びかけていますが
日本人の多くは、摂れていないの現実です。

米国では、一日に5種類の以上、800gの野菜や果物を
摂れば、年に37万人のがん患者が減少すると予想していましたが
実際に減少傾向にあるのが事実です

スポンサーリンク

 

野菜には、体にとって有効な成分がたくさん含まれています。

体の中で発がんや炎症の引き金になる活性酸素やフリーラジカルに
対抗する作用を持つものがあります。

 

ほうれんそうやパセリ、ブロッコリーに豊富に含まているビタミンC。
胚芽米、大豆、落花生などに豊富なビタミンE。

ほうれんそう、人参、小松菜などに豊富なベータカロチンは互いに助け合いながら
抗酸化作用を発揮して、活性酸素の害から守ってくれています。

 

ねぎやにんにく、ブロッコリー、胚芽米などにも優れた抗酸化作用があり
がんを抑制したり、動脈硬化の予防に役立ちます。

 

ファイトケミカルのパワー

 

野菜の中には、健康に良いとされる成分が次々と発見され注目を集めています。
赤や緑、黄色のなどの色、臭いの成分はファイトミカルと呼ばれています。

ファイトケミカルには、カロチノイド、イオウ化合物、ケルセチン
スルフォラファン、イソフラボン、サポニン、レシチン、クロロフィル等多数。

 

2014y07m12d_155617403

 

植物は、毎日、強い紫外線を浴びながら成長しています。
紫外線の照射は、活性酸素を生じさせる源です。そのため、植物は自分の身を
守るため、抗酸化成分をたくさん備えています。

スポンサードリンク

紫外線を長時間浴びる植物ほど、緑色などの色彩が濃く
抗酸化力も強くなっているわけです。

 

食物繊維の効果!

 

野菜ががん予防などに優れている原因に、食物繊維の効果があります。

食物繊維には、大腸の働きを活発にしたり、便の量を増やして、
便通を良くする効果があります。

 

便が腸の中に滞在する時間が短くなると、それだけ腸内で有害物質が
生成されるが防ぐことができ、繊維成分が腸内にある発がん物質の濃度を
薄めてくれ、腸に与える刺激も少なくなるので、大腸がんにかかる率も下がります。

食物繊維は、ビフィズス菌をはじめとする腸内の善玉菌を元気にさせ
ウェルシュ菌などの悪玉菌を抑える働きもあります。

 

上手な野菜のとり方

 

病気の予防や健康レベルをアップさせるには、多くの種類の野菜や
ある程度の量を食べることが必要です。

生野菜をサラダにして、食べるとすると野菜のカサが増えることになり
厚労省が推奨している30gを食べるのはなかなか難しいですね。

 

2014y07m12d_160013938

 

 

一番良い方法は、野菜スープにして煮て食べる事です。
スープにして加熱すれば、野菜のカサも減り、人間の消化液では
消化しにくいと言われるセルロースも壊れ、腸からの吸収も良くなります。

野菜のスープには、野菜の有効成分が溶け出しているので
生野菜でそのまま食べるより、抗がん作用が、10~100倍近くも
高まるとも言われています。

 

熱に弱いとされるビタミンCも短時間であれば、その損失量も
そんなに多くないと言われています。

スポンサードリンク
  • 2016 07.05
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015y07m11d_085248805
  2. 2014y08m17d_083358042
  3. 2016y02m11d_113252930
  4. 2015y10m13d_151253547
  5. 2015y07m22d_091215941
  6. 2015y10m12d_141545932

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp