膝の水を抜くと痛みが軽くなるけどくせになる!?抜く抜かないの判断とは

この記事は2分で読めます

2015y11m15d_142216315

 

膝に水が溜まった経験はありますか?

整形外科などで、溜まった水を抜いてもらうと
歩けないくらい痛かった症状も、軽くなってしまいますね。

そこで、気になるのが一度水を抜いてしまうと
膝に水がたまるのがくせになってしまうのか?というもの。

スポンサーリンク

”くせになる”ということは一般的に語られていることが多いので
もしかしたら、そう思っている人も多いのかもしれません。

 

 

◆ 膝の水をぬくと”くせ”になってしまうのか?

 

実際は”一度水を抜いたらくせになる”ということはなく

水を抜いてもくせにならないだけでなく、
原因がわかり、治療にも役立つということです。

 

くせになるのではなく、
膝の水を抜いても、またたまってしまうほど、
強い炎症が続いてるということです。

また、水を抜くことは、炎症を抑えるだけでなく、
診断の助けになります。

 

膝に水がたまるのは、膝に炎症が起きて、
関節液が過剰につくられている証拠です。

本来、膝の関節液は、通常3ミリリットル程度しか
ありますが、炎症が起こると20~50ミリリットル以上も
たまることがあります。

水がたまると関節液に含まれる化学物質が作用して、
さらに炎症が強くなります。

 

またたまった状態を放置すると、
関節包が肥大して、関節がぐらつきやすくなったり

膝の動きが悪くなってしまう。
軟骨に悪影響を与え、変形性膝関節症を起こす率が
高くなるということです。

スポンサードリンク

 

 

◆ 膝の水の成分から病気を特定できる!?

 

抜いた関節液の成分を調べることで、
膝に水が溜まっている原因を特定することができます。

関節液は、本来、無色透明をしています、
そして、少し糸を引くぐらいの粘り気があります。

しかし、関節に炎症が起こると、色や状態に変化がでてきます。

 

膝に注射をして関節液を採取して、
その色や成分を調べることで、病気の種類や程度を
診断するときの参考になります。

 

たとえば、変形性膝関節症や関節リウマチが
ある人の関節液は黄色い色をしています。

また、同じ黄色でも関節リウマチの方が、サラサラして
少しにごった感じとなります。

 

黄色く濁っている場合は、痛風や偽痛風、
白くにごっている場合は、化膿性関節炎の疑いがあります。

血液が含まれている場合は、靭帯損傷や半月板損傷など、
膝の怪我によるものがほとんどです。

 

どうして、炎症を起こしているのかがわかることで、
根本的な治療が行えるということです。

 

 

 

水は抜いた方がいいのかぬかないほうがいいのか?

 

少量の水が溜まっている状態なら、薬の作用で、
体内に再吸収させることができますが、多量に出ている場合は
ぬいた方がいいということです。

膝に水が溜まっていたら、温めた方がよいとか、
冷やしたほうが良いとかなどの情報に振り回されないで
まずは、専門医での診断を仰ぐようにしましょう。

 

もちろん、水を抜く治療は保険適応内です。

スポンサードリンク
  • 2015 11.15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2014y08m08d_083133693
  2. 2015y11m30d_133134059
  3. 2016y05m24d_143241882
  4. 2016y01m16d_064040069
  5. 2016y01m08d_083221078
  6. 2016y01m29d_103838918

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp