首を温める方法・こりや冷えにはレンジで温めたホットパックを後ろ頭に

この記事は2分で読めます

 

首のこりや冷えが原因で起こる頭痛、めまいがあります。

病院でみてもらっても原因がハッキリ特定できず、
根本的な治療を行ってもらえないことが多くあるようですね。

そして、対症療法的に薬をつかっても
一時的に症状を抑えるだけで解放されません。

スポンサーリンク

意外と首のこりから起こる体の不調については、
理解がされていないことが多いようですね。

 

血流量を増減に関係するAVA(動静脈吻合)と呼ばれる扉が
顔や手足にありますが、この扉の開閉のスイッチとして
働いているのが”首”です。

その為、首が冷えていたり、こっていたりすると、
首のセンサーがうまく作動せず、
AVAの開閉がスムーズに行われません。

結果として、体全体の血液循環が悪くなり、めまいや頭痛
冷え、不定愁訴など不快な症状が出てきてしまうわけです。

 

首のセンサーを良くするには、温めることが一番です!

筋肉が硬直しているのを解消し、こりを失くし、
血流を改善して、脳の情報伝達が速やかになるよう
整えてあげましょう。

 

 

◆ まずは首を冷やさない工夫を!

 

首は、体のなかでも、特に冷えやすい箇所になります。

体温は、上向きに逃げていく特徴があります。
太ももや肩が、冬場に冷えやすくなるのは、肩や太ももの周囲で、
温かくなった空気が軽くなり、上昇することによって、
体温が奪われてしまうからです。

 

首のうしろも同じように作用で冷えやすくなります。
前かがみに姿勢になると、皮膚から体温が
どんどん上の方へと出ていきます。

冬場でなくても、体温より低い部屋にいるときは、
首の体温は奪われ続けていくわけです。

 

夏場に、クーラーがよく効いた室内で、
首筋に触れてみると、冷たくなっている感じがよくわかります。

スポンサードリンク

体温が外に逃げていかないようにするには、
体温で温めた体回りの空気を逃がさないようにすることです。

 

首にはマフラー、スカーフ、ちょっとしたタオルを巻いて
肩はショールやカーディガン、ひざはひざ掛けで包むようにすると、
温まった空気がたまって、保温効果が高まります。

まずは、首が冷えないようにする工夫をしましょう。

 

 

◆ 首を温める方法・ホットタオルの活用法

 

首のこりや冷えがひどい人は、夏でも首にだけは
何か巻きつけることをオススメします。

その時には首と頭の境目までくるむのがポイントです。

首が冷えた感じになってしまったらホットタオルで首を
温めるようにしましょう。

ホットタオルで首を温めると習慣つけると、
首のこりや冷えた感じが劇的に改善するケースがあります。

是非試してみましょう

 

ホットタオルの作り方

1、タオルを水で濡らし軽く絞る
2、ラップで包み、電子レンジで1~2分ほど温める。
3、温度を手で確かめ、ホカホカになっていたら出来上がり
4、ラップをつけたままタオルでくるみ、首の後ろ側に置く

ホットタオルの温度が低くなったら、再び電子レンジで温めます。

 

首の温めを就寝前や起床後にする習慣をつけること、
首のこりや冷えが改善することが多いようです。

普段は、首は外気にさらしたままになっていることが多いので、
こうしたことを続けていると体調がウンと良くなることが
実感できると思います。

 

 

特に首の後ろを温めるようにしましょう。

風邪のひきはじめには、首の後ろを温めて寝ると
一晩で症状が緩和されるケースが多いといわれてます。

それだけ、首は体にとって肝(ネック)になる部分なんですね。
体調改善の為にも、是非、習慣として続けてみてください。

スポンサードリンク
  • 2016 05.25
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp