天気痛が起こる原因と対処法?佐藤純先生による天気痛を改善の話

この記事は4分で読めます

 

天気が悪いとズキズキと頭が痛くなったり
関節が疼いたりと、不快な症状が出てくることがありますね。

これは、気のせいではなく気圧の変化が、
引き金になって起こる天気痛という症状です。

最近は”ためしてガッテン”や”世界一受けたい授業”などで
紹介されたこともあって、その認知度も高くなってます。

スポンサーリンク

今朝の生島ヒロシさんの「おはよう一直線」には、
天気痛の第一人者である、医学博士の佐藤純先生が出演し、

発症原因のメカニズムやその対処法などについて
詳しくお話されていました。

 

 

佐藤純先生の話・・・・・・・・・・・・・・・

 

天気痛というのは、天気の変化によって、
痛みや気分障害が起こるということですか?

 

天気痛というのは、天気の変化で痛みや
体調の変化や不調が起こる病気なのですが、

頭痛とかめまい、それから気分障害など元々持っている
症状がありますよね、それが天気の変化で、
顕著に現れる状態をいいます。

 

具体的に伺っていきたいのですが、例えばどういうものが?

 

乗り物酔いのようなめまいの症状とか
ボーッとしたり、眠気がしたりする、気分が落ち込んで
何もやる気がおきなくなるとか

それから、頭痛、持病、古傷の痛みがうずくといった
ようなことが起こるんですね。

 

頭痛などは、元々女性に多いので、
こういうことを訴える人は女性が大半なんですが、
男性にも潜在的な方はいらっしゃると思うんです。

 

そもそも、天気痛というのはどうして発症するんでしょうか?

 

私がいろいろと調べてきてわかってきたのが、
気圧が変わることによって、交感神経が乱れてくる
というのが原因なんですね。

 

気圧が上がったり、下がったりすると
体はそれに対応しようとするわけなんですが、

交感神経がそれで活発になって
例えば、心拍数が上がったり、血圧が上がったりという
ことが起こるんです。

 

交感神経が興奮すると痛みが出てくるというのが
元々ありますんで、

めまいが起きたり、その他の症状も、
出てくるものと考えているんです。

 

天気が変わりやすい季節というのがありますので、
梅雨時とか台風の多い秋などに多いんですけど、

気圧の安定している冬は寒さの問題がありますが、
気圧に関しては症状は軽くなるわけですね。

 

天気の変化というのありますけど、
天気痛が起こりやすい人は気圧の変化に弱いので、

乗り物とかエレベーターとか、
そういうのに非常に敏感に反応する方が多いんですね。

 

どこが問題なのかというと
気圧を感じる場所が、耳の奥の内耳というところにありまして、

天気痛が起こりやすい人は特に敏感に反応してしまうので、
それが、発症する原因だと思っています。

 

飛行機のキーンという音などがそうなんですね?

 

元々、鼓膜が緊張したり聞こえにくくなることがあるんですが、
天気痛の方は、その症状が強くでるんですね。

 

そもそもこの天気痛というのは治るんでしょうか?

 

天気痛の捉え方にもよるんですが、
日常生活に支障をきたさないようにすることは
決して不可能ではないんですね。

スポンサードリンク

天気痛は、天気によってその人が持っている病気が
反応するものですから

 

そもそもその病気が治らないと完治したとは
言えないんですけど、

天気の影響から体の病気を引き離して、
痛みなどの発症を抑えることは可能だと考えています。

 

具体的な対策としては、どのようにすればいいですか?

 

交感神経が気圧の変化に反応しすぎているのというのが
天気痛の問題なので、

自律神経は、交感神経と副交感神経がバランスをとって
体を動かしているんですが、

その乱れが原因だと思いますので、
それを整えることが大事だとオススメしています。

 

例えば、朝食は、必ず食べるようにする
運動を行う、あまり激しい運動ではなく、
長く続けることができる運動ですね。

水泳なども自律神経の働きにいいので、オススメしています。

 

それからもう一つ重要なのは、入浴ですね。

よくシャワーだけで済ませる方がいますが、
やはり、バスタブに入って、日本人の大事な習慣である
お風呂に中に入って、ゆったりと過ごすと

それから、あまり熱いお湯に入るのはよくないんですが、
かえって交感神経を興奮させてしまうので、
オススメできません。

 

あとは、睡眠をよくとるということですので、
寝る前にスマホを見すぎたり、それから何かの栄養剤、
コーヒーなどを寝る直前に飲んでしまうと、

寝られなくなってしまうので、
そういうふうに避けた方がいいのかなと
いつも話をしています。

 

睡眠薬については佐藤先生はどうお考えですか?

 

やはり、寝るということは大変重要なことですので、
もしどうしても寝られないということでしたら、

いろいろと試されて自分が一番番寝やすい状態をつくるのは
重要なんですが、あまりにも大変だった場合には、

かかりつけのお医者さんにご相談なさって、
抗不安薬や睡眠薬の軽いのを処方してもらうことは
大事ではないかと思います。

 

体が温まって体温が下がってくるときに
眠くなってくるのがわかっていますので、

ストレッチをするなどして、少し体を温めておくとか
事前に準備をするのがいいと考えていますね。

 

佐藤先生の著書の中でも紹介されていますが、
右のうしろのツボを押すといいということなんですか?

 

お風呂に入ったりとか、ツボを押すなどが
意外と根本的な治療につながっているような感じがしますね。

是非試してみてください!

 

2015y11m26d_084218033

 

 

佐藤純先生の話はココまで・・・・・・・・・・

 
天気痛に限りませんが、昔から、病気治しで大切なことは
自律神経を整えることと言われています。

その為には、自分の生活をパターン化していくことなんですね。
それも、できるだけ自然のリズムに合うようにです。

 

その上で、偏りすぎた交感神経を戻していくために
佐藤先生もススメているように、

入浴で心身ともに、リラックスモードにすることや
爪もみなどを行うことも効果的かと思います。

スポンサードリンク
  • 2015 11.26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp