時計遺伝子BMAL1の肥満・ダイエット効果とは?食事の最適な時間帯

この記事は2分で読めます

2015y11m30d_133134059

 

食事を摂る時に太りにくくなる時間帯があります。

食事摂取について理想をいえば、朝7時に朝食、昼12時に昼食
その5時間後の夕食を食べるのがベストです。

しかし、仕事柄、夕食を遅く食べてしまう人が
いるかもしれません。

スポンサーリンク

最悪は、帰宅して食事をしてから寝てしまうパターンです。

 

そんな人にオススメなのは、夕食を二回に分けて摂ることです。

実は、この食事を摂るタイミングによって、
肥満に関係しているのが”時計遺伝子”の存在です。

 

 

◆ 時計遺伝子・ビーマルワン(BMAL1)遺伝子の働きとは?

 

体には、体内時計をコントロールしている
時計遺伝子というのがあります。

この時計遺伝子は、60兆個ある細胞の一つ一つに存在し、
時の流れを感知するという遺伝子。

 

タンパク質でできているこのこの遺伝子は、
実に20種類以上あると言われていて、

ホルモンなどの分泌を細胞内から
コントロールしていることがわかっています。

 

その中の、ビーマルワン(BMAL1)遺伝子は、
摂取した糖質を脂肪に変える働きのある酵素を増やすことが
わかってきました。

ビーマルワン(BMAL1)はタンパク質を分泌していますが、
その分泌が多い時に糖質を摂取してしまうと、
肥満しやすくなるということです。

 

ビーマルワン(BMAL1)は朝6時から7時くらいの時間帯は、
低い値を示していて、その状態が午後3時くらいまで続きます。

スポンサードリンク

その後、徐々に上昇しはじめ、
夜の8時頃から9時くらいにより高くなり、
夜10時から夜中の2時くらいにピークを迎えると
徐々に低下していきます。

 

 

◆ ビーマルワン(BMAL1)と肥満予防

 

肥満を防ぐには、ビーマルワン(BMAL1)の高い時間帯に
糖質を摂らないようにすることがポイントです。

 

そのような点に注意すると、
朝食や昼食は普通にご飯やパンを食べ、

夜7時くらいまでに軽食がとれるなら、
おにぎりやサンドイッチなどの糖質を摂っておく。

 

その後、夜8時くらいに軽く食べる時には、
ご飯やパスタなどの主食はとらないようにして、

肉や魚などのおかずやサラダなどを
摂るようにするといいでしょう。

 

夕食はなるべく夜9時に済ませるのが理想です。

少なくとも就寝する3時間前までには、
済ませておくのがいいですね。

 

どうしても、甘いおやつをとりたいときは、
午後3時までに食べるようにすれば、
ビーマルワン(BMAL1)の影響を受けにくいと言えます。

脂肪が増えるということは、体重が増えるだけでなく、
毛細血管にとってもマイナスですから、
食事のタイミングにも気をつけたいものです。

 

 

 

米国の研究機関によると、朝食を摂らない人は、
摂る人と比べて、5倍も肥満しやすことがわかっています。

 

これは、朝食をぬいた分、昼食や夕食での食事量が
増えることも関係ありますが、

食事を摂るごとにリセットされる
時計遺伝子が、朝食をぬくことで作動されにくくなり

その結果、体の代謝が低下してしまうことが
関係していると思われます。

 

肥満を気にするなら、食べる時間によって、
太りやすさは変わるということを覚えておくといいですね。

スポンサードリンク
  • 2016 06.07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015y04m19d_113139856
  2. 2014y07m26d_142948085
  3. 2015y11m07d_144955926
  4. 2015y09m02d_103904053
  5. 2016y05m01d_141824932
  6. 2016y03m17d_092831674

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp