朝型肩こりが起こる原因と対策について!南雲久美子先生の話

この記事は3分で読めます

 

朝、起きた時にいつもよりも肩がこっている?という
感じを持っている人はいませんか?

もしかしたら、それは”朝型肩こり”の症状かもしれません。

肩こりで不快な症状があって、検査をしても
特に異常がみつからず、そのまま放置!というケースが
多いようですね。

スポンサーリンク

”朝型肩こり”を起こしている原因としては、
睡眠の質の悪さや冷えが関係しているようです。

 

今朝の生島ヒロシさんのおはよう一直線には
目黒西口クリニック院長の南雲久美子先生が出演し、

「朝型肩こり」について、東洋医学的な視点から、
どうして朝起きた時に肩がこった状態になっているのか

そして、どのような対策をとったらいいのかを
詳しくお話されていました。

 

 

南雲久美子先生の話・・・・・・・・・・・・・

 

朝起きた時に肩がこっている人、多いんですけど
この朝型肩こりというのはどんな肩こりなんですか?

 

通常の肩こりは、パソコンとか姿勢とかで、
血流が悪くなるために、午後から夕方にかけて、
起こってくるんですけど、

そうではなくて、朝起きた時から
肩がこっているという人がいるんですね。

 

これを朝型肩こりというんですけど、

これは冬の寒くなる時期になると、余計目立ってくるという
特徴もありますし、あと、頭痛とかめまいとか
様々な不調をともなっていることもあります。

 

 

朝型肩こりの原因はなんですか?

 

主な原因は、睡眠の質の悪さです。

健康な人は、副交感神経が寝ている間に優位になるので、
体がリラックスして、目覚めた時にはスッキリするんですけど、

睡眠の質が悪いと、副交感神経が立ち上がらずに
寝ている間も交感神経が働いて、緊張状態になるんですね。
その為に朝起きた時にひどい肩こりになります。

 

朝型肩こりが気温低下とともに
起こりやすくなるというのはどういうことでしょうか?

 

これはですね。
睡眠の質の悪さに冷えも加わるからなんです。

どうしても寝ている間は動きますから、
肩を布団から出していることが多くて、冷えの影響を
とても受けやすくなるんです。

 

朝型肩こりというのは睡眠の悪さと冷えのサインですから
肩こりばかりに注目されやすいですけど、

この根元の二つを改善しなければ、
なかなか治っていかないんです。

 

朝型肩こりが続くと、頭痛、めまい、下痢、倦怠感等の
不調を起こしますよと言われていますが?

 

これは、交感神経と副交感神経のバランスが
乱れてしまった結果、こういうことが起きてくるんです。

スポンサードリンク

 

改善策というのはどうしたらいいんでしょうか?

 

睡眠の質の悪さから冷えや朝型肩こりという
悪循環を断ち切らなければいけませんので、

まず、睡眠の質の悪さについては、
睡眠時無呼吸症候群であるとか、ストレスやうつ、
アルコールの過剰飲酒など、

こういうことが原因になることが多いので、
これを取り除かなければなりません。

 

あと、冷えですね。

温泉に浸かった夜などは、グッスリ眠れるということを
経験したことがある人は多いと思うんですけど、

体を温めると副交感神経が働いてきますので、
これだけでも睡眠の質がよくなるんですね。

 

冷え対策ですけど、具体的にどういうものを
用いるといいとこの冷えに対抗できますか?

 

肩先に薄手のショールをまくというのもいいですし、
市販の磁気治療器ですとか、首や肩を温めるグッズを
利用するのもオススメです。

全身に対しては、生姜とかスパイスを沢山食べるのがいいですね。

 

これらは体を温める働きがあって、
漢方の生薬になっているくらいなんですね。

あとはこの時期でしたら、日本酒のような
体を温めるものを、なべやおでんなど加熱したものと
一緒にとるといいです。

なるべく体を冷やすような生のものは
少量にしていくのがいいですね。

 

よく、眠れないということで寝酒を飲む人がいますが、
これは睡眠の質を悪くするんですかね?

 

たくさん飲めば質が悪くなります。
少量であれば、OKですね。

カイロを貼るなら、先生はどこがオススメでしょうか

男女で少し違いますけど、
体を温めるポイントというのは、

足首のところの内側にある三陰交という大きなツボだとか
腰の後ろのところにある腎兪(じんゆ

 

肩の大きな筋肉がありますけど、
ココも血行が悪くなりますので、温めると効果的です。

首の後ろは風邪という字を書いているところが
たくさんありまして、そこを冷やすと風邪をひくと
言われているんですね。

なので、この辺りを冷やさないことた大切です。
そういう意味では冬場のマフラーの着用は効果的です。

 

 

南雲久美子先生の話はココまで・・・・・・・・

 

どうして、朝型肩こりの症状がでてくるのか?

その原因となることを意識して、
生活習慣やライフスタイルを改善していくことが
大事になってくるんですね。

 

”風邪は万病の元”です。

今年の冬は、気温の変動も激しいですし、
天気情報などを参考に、体を冷やさない工夫を
取り入れていきましょう。

 

スポンサードリンク
  • 2015 12.03
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp