「心を変えれば健康になれる」江部康二・心のストレス高雄病院の取り組み

この記事は3分で読めます

2015y12m04d_084558348

 

心の状態が体の健康状態に影響を与えます。

特にストレス過多の環境下で、
生活を送らなければならない現代人にとって
心のストレスマネジメントが必要ですね。

スポンサーリンク

日本の医療機関でも、体の異常を診るだけでなく、
心の問題も考えた治療に取り組んでいるところも
増えてきたようです。

 

今朝の生島ヒロシさんの「おはよう一直線」には、
京都高雄病院理事長、江部康二先生が出演。

心のストレスを視野に入れた、
高雄病院での取り組みなどが紹介されていました。

 

江部先生の最近出版された著書に、
「心を変えれば健康になれる」があります。

2015y12m04d_085138136

 

 

江部康二先生の話・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

今月1日から企業のストレスチェックが義務化されましたが
ストレスは万病ということになりますね?

 

ストレスがありますと自然治癒力そのものが落ちてしまいます。

特に心のストレスが尿酸の値を上げたり、
血糖値を上げることがわかっているんですね。

 

心のストレスがありますと体が興奮状態になります。
するとアドレナリンというホルモンが分泌されまして、
それがまた血糖を上げたりすることになります。

ちなみに元鹿児島大学の教授で、痛風のスペシャリスト
納光弘(おさめ・みつひろ)教授がおられるんです。

 

先生が痛風学会の会長をしていた時、
一気にストレスから尿酸値が上がりまして、

学会の職務が無事終了した後には、
ビールを飲んでも尿酸は上がらなくなったと、
という風に本に書いておられます。

 

ストレスは、喘息や十二指腸潰瘍、胃潰瘍、高血圧、
リウマチ、がん、不整脈に心筋梗塞、痛風と様々な病気を起こす
原因につながっているということです。

 

アトピーなども心が大きく関係していますね?

 

私は30年以上、アトピー性皮膚炎の治療をしています。

アトピーなどアレルギーの病気にも、
心にストレスがあると発症しやすくなりますし、
症状も悪化しやすくなるわけですね。

 

軟膏をぬってある程度炎症をコントロールしていると
でも、ストレスがかかってくると
かきむしったりします。

かきむしることで新たな炎症を起こすということで
悪循環しやすいわけですね。

スポンサードリンク

 

このストレスの多くが、学校でいじめがあるとか
会社の人間関係がうまくいかないとか
そういったことが非常に多いんですね。

 

この場合は、そう簡単に治るというわけにはいかないので、
とりあえず、社会生活が送れる状態まで
なんとか持って行って、

あとは、そういう人間関係がいい方向に変わっていくのを
待つということになりますね。

 

今の時代、ストレスのない社会は、なかなか難しいですよね?

 

一定の病気や不調が出てきた時に、
それらの症状は、自分自身の体の不調をシグナルとして、
自分に教えてくれるようなものなんですね。

つまり、病気になったり、一定の症状がでてくるのは、
何かのストレスがたまっているからではないか。

そういう場合、ストレスが溜まりにくいように、
する必要があるということですね。

 

アトピーの場合、高尾病院ではどういう教育をされるんですか?

 

病気を治すことが非常に重要なんですけど、
その為には、自分自身が病気のことを知ることが必要ですね。

ですからなかなか外来で、うまくいかない
アトピー患者さんの場合、高尾病院では、コントロールする
教育入院をするとうまくいきます。

 

例えば、ステロイドという軟膏が一つのポイントなるんですけど、

外来ではなかなかうまく塗れない人がいるんですが、
そういうのは、不安とかストレス、軟膏に対する恐れや
副作用を怖がるなど、

そのような時に、入院をしてもらって、
看護師さんが一緒に支えてくれる、

 

そうすると、不安感がなくなってきて、
上手に塗れるようになります、そしたら、自信がついてきますよね。

実際に塗ることで、よくなって、
その後、ステロイドでない薬に切り替えていくと

そういったことを体験しながら、
これをすれば良くなるんだなということを実感してもらう。

 

高尾病院では、アトピーの状態が悪い時には
入院してもらって、

そして、入院中に病気のことを学んでいただいて、
治し方を学んでいただくということをしています。

 

そういう治し方をすることで、
退院後も自己管理できるようにするということですね。

 

 

江部康二先生の話はココまで・・・・・・・・・・・・・

 

 

学校では、全く習わないといっていい心の仕組み。

心に与える過剰なストレスが、ホルモンや神経系の
バランスを崩し、免疫力の働きを悪くします。

 

高雄病院のように、心の方からのアプローチをしてくれると
病気の治癒率もかなり高くなると思います。

日本全国にこうした病院が増えてくれるといいんですが!

スポンサードリンク
  • 2015 12.04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015y04m09d_151411998
  2. 2014y07m22d_093953091
  3. 2016y06m03d_142548576
  4. 2015y07m30d_085325252
  5. 2015y10m19d_190907979
  6. 2016y04m07d_185146186

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp