便意があるのに出ない時に注意したい点と便意の我慢が便秘を招くについて

この記事は3分で読めます

 

便意の感じ方には人によって差があるようですね。

朝型、朝食を食べたあとなどに、
自然と便意を感じて、排便するというのが
一般的かもしれません。

スポンサーリンク

体のリズムは、午前11頃までは
排泄の時間帯になっているという説もあり、

寝ている間に、代謝が進んで
その老廃物を出す作業が体の中で起こっています。

 

そして、便意は、便を排出する準備が整い、
それに関係する神経や筋肉を動かす為の脳からの指令です。

 

 

◆ 便意が起こるメカニズムと危険な便意について

 

◇ 便意を我慢してしまうと便秘が習慣に・・・・

 

食事で摂った食べ物は、胃、小腸で、消化吸収され、
その残りが大腸に入り、水分が吸収されると
だんだん固くなり、大便の形になります。

肛門に近い大腸に送られてきてたまっていますが、
食物とか水分が胃に入ると、その反射が下行結腸の働きを強めて、
大便を直腸に送り込みます。

 

直腸に送りこまれた大便で直腸の壁が広がると、
この刺激が脳に伝わって大便をしたいという感じが起こります

大便をしたい感じがおこってトイレに行き
腹圧をかける(いきむ)ことと直腸の働きで大便はさらに
押し出され、肛門の筋肉がゆるみ、排便が起こります。

 

便意は人によって個人差があり、その回数、強さが違いますが、
一般的にはあり、1日に2回ほど起こり、
特に朝食後に起こりやすくなります。

この大便をしたい感じから、実際に排便するプロセスは、
意思でコントロールできるので、便意を我慢してしまうと、
それが次第に習慣になり便秘になってしまうわけですね。

 

 

◇ 便意を強く感じても心配はいりません!

 

また、反対に便意を強く感じる人は、胃・結腸反射で、
食事のたびに大便がしたくなります。

食後、すぐに便意をもよおす人は、食べものを摂っても
すぐに大便としてでてしまうから栄養失調になってしまう
といった事を思っている人も意外と多いようですね。

 

しかし、口から摂取した食べ物は、
大腸に達するまでには、凡そ24時間はかかってしまうので、
食べたものがすぐに便としてでてくることはありません。

スポンサードリンク

大腸にたまっていた前日の食べ物のカスが、
胃・結腸反射で排便されるというのが本当のところです。

 

 

◇ 便意があるのに便がでない時は直腸がんのサインかも?

 

但し、便意を頻繁に感じて、トイレに入っていきんでも、
なかなか排便につながらないという症状が続いたら、
直腸がんの疑いがでてきます。

腫瘍(がん)のサイズがある程度大きくなると
直腸はなんとかして、その異物を体外へと排出しようと
脳に指令を送ることになります。

 

しかし、主要自体は根をはって、組織内に
とどまっている状態を続けるので、排出されることがないので、
とめどなく便意を感じることになるわけですね。

この場合の便意の特徴は、一旦おさまったとしても
短時間で何度も起こってくるというものです。

 

もし、こうした便意が続くようであれば、
早急に大腸検査を受けておく必要があります。

 

ちなみに、何日も排便していなくて、
肛門近くの便が固くなってしまった場合はどうする?

 

その固くなった便が栓のようになってしまい
いきんでも出ないことがあります。

また、便自体が大きくなっていることもあるかもしれません。

できれば、溜め込んでしまう前に出してしまうのが望ましいので、
コーヒー浣腸等を利用して、便を柔らかくして
出しやすい状態にしていきむといいでしょう。

もちろんコーヒー浣腸は、排便を目的にしたものではありません。

 

それと、便が固めのなりそうな場合は
オリーブオイルを1日に大さじスプーン一杯分を
摂るようにしましょう。

いずれにしても、固くしない、溜めないようにすることが大切です。
便意は、1日1回、固くも軟らかくもなく、
親指くらいの太さで、少なくとも5センチ以上の長さの
黄褐色の大便を排便して、

おなかがスッキリしていれば快便としましょう。

 

便秘になっているかどうかの判断は、
3~4日に1回でも、苦痛なく排便されていれば問題がなく、

毎日あったとしても、うさぎの糞のようなものが出て、
排便後も気分が優れなければ便秘になっていると
考えるようにしましょう。

 

大切なのは、便意があったら、我慢しないで
自然の流れに従うことですね。

スポンサードリンク
  • 2017 07.27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp