飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の違い?オメガ3脂肪酸とイヌイットの食事・鈴木章先生の話

この記事は3分で読めます

2015y12m14d_084755910

 

健康雑誌などの情報誌やテレビの健康番組等で、
エゴマの油や亜麻仁の油が体に良いということが
紹介されるようになったこともあって、

質の良い油を摂ることに、
関心を持つ人が増えてきている感じです。

スポンサーリンク

良質の油を摂ることは、血液の流れを良くしたり、
細胞膜の材料となって、各栄養素の吸収や
老廃物の排泄をスムーズにする為にも大切なことです。

しかし、身近でありながら意外と知らないのが
油についての知識や情報なんですね。

 

今朝の生島ヒロシさんの「おはよう一直線」には、
服部学園食品学教授の鈴木章先生が出演、

今回は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の違いや、
毎日摂りたいオメガ脂肪酸についてお話されていました。

 
鈴木章先生の話・・・・・・・・・・・・・・

 

飽和脂肪酸とか不飽和脂肪酸についてですが
よくわかっているようでわかってないと思うのですが?

 

食品中の脂肪の凡そ9割は脂肪酸でできているわけですね。

脂肪酸はいくつもの炭素と水素と酸素の
3つの元素でできているものですが、

 

炭素同士のつながりだけで、説明しますと、

例えば、炭素と書かれたボールが20個くらい
一列に並んでいると想像してみてください。

 

隣りあったボール同士は、1本の線でつながっているんですが、
なかには2本の線でつながっている場合があります。

これを二重結合と言うわけですね。

 

この二重結合がある脂肪酸を不飽和脂肪酸、
二重結合の無い脂肪のことを飽和脂肪酸と呼んでいます。

 

二重結合があるとどうなってしまうんですか?

 

二重結合が多いと常温で固まらない、
いわゆる、液体状の油になるわけですね。

植物性の油がこれになります。

 

ですから、植物油に多いリノール酸は、
二重結合が二つあるということですね。

二重結合が2つ以上あるものを
特に、高度不飽和脂肪酸と呼んでいまして、

魚の脂に含まれるEPAは、
二重結合を5つ、DHAは二重結合が6つとなります。

 

二重結合の数が多くなるにつれて、
融点(溶ける温度)が下がるわけですから、

その為にまぐろのトロなどは、
生で食べると口溶けがよく、美味しく感じられるということです。

 

DHAやEPAの油は、摂っていいといわれる油
オメガ3の油ですよね?

スポンサードリンク

 

オメガ3脂肪酸の重要性がわかってきたきっかけというのが

グリーンランドに住む、イヌイットの人達の、
食生活の研究がきっかけということなんです。

 

グリーンランドは、1年中、氷に覆われている
極寒の地域ですから、

野菜や穀物は育たず、食べ物は主にカレイや鮭、などの魚、
さらにアザラシ、しろくまなどの肉ということになります。

 

その為イヌイットの人達は、世界一
脂肪の多い食事をしていたいということなんですが、

現代の生活習慣病といわれる、
脂質異常症、糖尿病、高血圧などはほとんどなく、

脳梗塞や心筋梗塞などにかかる人も
ほとんどいなかったということなんですね。

 

血液は、サラサラで、血中のコレステロールや
中性脂肪も正常、血栓も見られないという、

このことから彼らの脂質成分を詳しく調べてみると
DHA、EPAなどの不飽和脂肪酸が多く含まれていることが
わかったわけです。

 

このようにイヌイットの人達は、
魚やそれらを餌をとするアザラシなどの脂質に含まれる
オメガ3脂肪酸を日常的に摂取することで

血中脂質を低下させ、血液をサラサラに保っていたのだ
というふうに考えられていたわけです。

 

DHAやEPAの脂は生活習慣病に効果があると
言われていますので、非常に重要なのですが、
弱点としては、酸化が早いんですね。

 

酸化した脂というのは、
一転して、生活習慣病の原因になりえますので、

ご自宅にある調理用の植物油などは、
冷暗所に保管して、消費期限内に、短期間で、
使い切ってしまうようにしてほしいと思います。

 

いい油を摂ることが健康の鍵になってきていますね。

そして、糖分と塩分と脂分が健康におきまして、
上手な形で摂りましょうというのが基本となっておりまして、

そのなかで、油をとるならオメガ3ということです。

 

 

鈴木章先生の話はココまで・・・・・・・・・・・・

 

 

健康診断などで中性脂肪が高めと言われたら
大抵、食べ過ぎ(間食)と運動不足が関係しています。

それに成長期が過ぎれば、年々、体の代謝も
悪くなってしまうので、余分なカロリーが
脂肪に変わってしまうわけですね。

 

基本は生活習慣やライフスタイルを変えていくことが
望ましいですが、どうしても負担になる場合は、

まずは、今摂っている油の種類を
エゴマや亜麻仁の油に変えてみることから、
はじめてみては如何でしょうか!

スポンサードリンク
  • 2015 12.14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016y07m20d_205628745
  2. 2016y02m09d_100907530
  3. 2016y03m20d_093820268
  4. 2015y10m20d_150524888
  5. 2016y02m20d_114538315
  6. 2016y03m03d_114514088

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp