男性の冷えのぼせの原因は首の筋肉のコリから?血流改善で自律神経を整えよう

この記事は2分で読めます

 

今年の冬は、数日単位や日単位での寒暖差が
かなり激しくなっていますね。

その為、外部環境の変化に十分対応できずに
自律神経のバランスが乱れている人が多くなっているようです。

その乱れから現れてくる症状の一つが冷えのぼせです。

スポンサーリンク

冷えのぼせは、手足は冷えているのに、
頭はのぼせた状態にあり、常に熱っぽい感じが
続いてしまう症状です。

女性に多いというイメージがある症状ですが、
ここ数年、男性にも冷えのぼせを訴えている人が増えています。

冷えのぼせの赤ら顔を改善する方法について

 

◆ 男性の冷えのぼせは首の筋肉のコリが原因?

 

冷えのぼせは、女性病、血流が悪くなることで起こる
代表的症状で、女性特有のものと言われてきました。

女性の場合は、男性よりも弱い首の筋肉で同じ重さの頭を
支えていることで、首がこってしまうためです。

しかし、最近は男性にも多くなっています。

 

パソコンを使う機会が増え、首を同じ体勢で長時間続ける結果、
首の筋肉に負担をかけていることが関係しています。

さらに緊張を強いられる仕事、過度なストレス、
外気温の変化など、いろいろなことが影響を与えて、
首を支える筋肉に負担をかけていることは確かです。

 

特に男性の場合は、首の筋肉のコリから血流の悪化、
それが自律神経の乱れにつながっている可能性が考えられます。

その為、冷えのぼせの症状を感じたら、
厚着をするより、首の筋肉が硬くなっていないかを
気に留める必要があります。

 

そして、首の筋肉のコリをケアすることで自律神経が回復し、
症状も改善すると考えられます。

 

 

◆ 男性の冷えのぼせの改善は首の筋肉を和らげることから

 

首の筋肉のコリが原因で、血流が悪くなり
それが自律神経のバランスを崩しているなら、
まずは、硬まった筋肉を緩めることが必要です。

首には皮膚の下に頚動脈という大きな血管が通っているので、
筋肉が緩んでくれば、全身への血流改善も期待できます。

 

首のコリをほぐす動画

スポンサードリンク

 

ストレスや緊張は、気づかないうちに、
首の筋肉を硬直化させていきます、その為、心身ともに
リラックスさせることが大切です。

 

一番いいのは、やはり入浴ですね。

全身を温めてくれますし、硬くなっている筋肉も
適度に緩めてくれます。

お風呂は気持ちよいと感じる温度で入りましょう
適正温度は38度~40度で、肌に触れたときに、
ほっとする温度がベスト。

ぬるいと感じる場合は、追い炊きなどで、
2度くらいまで温度を徐々に上げておけば大丈夫です。

初めから熱すぎるお湯は刺激が強く過ぎるので、
避けるようにしましょう。

 

また、最近、話題の水素風呂は、オススメです。

2015y12m17d_093921754

 

ストレス過多の生活を送っていると
どうしても活性酸素が過剰に生まれます。

水素風呂にすると水素がこの活性酸素を消去してくれ
体に溜まったストレス(酸素毒)を解消してくれます。

 

水素風呂を利用すると温まった体の状態が、
入浴後も数時間続きます。

血流改善の効果も高く、それが自律神経のバランスを
整えてくれる効果が期待できます。

 

そして冬場、就寝時には、首巻きをして寝るようにしましょう。

2015y12m17d_094130474

 

朝まで、首を冷やさずに過ごすことができますし、
首が温まっていることで、全身にもポカパカした感じが
残っていますので、熟睡した感じがするはずです。

睡眠の質は、筋肉のコリを解消するのにとても大切です。

 

 

 

過度なストレスや緊張を強いられる生活は、
交感神経を緊張させ、血管の収縮、そして血流の悪化から
自律神経のバランスを崩していきます。

 

冷えのぼせは、あくまでも不快な症状の一つです。
大事なのは、そうして症状があらわれてきた時に、
自分の生活を如何に見直すかにあります。

重い病気が出てくる前に、体にかかっている負担を
ケアしてあげることが大切です。

スポンサードリンク
  • 2017 02.19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp