「冬の健康ダイエットは朝食から+デブ菌ヤセ菌について」小林弘行先生の話

この記事は3分で読めます

 

冬場、寒さがひどくなると体を動かすことが
どうしても億劫になってくるものです。

体を動かさない分、基礎代謝はどうしても下がってしまうので
食事からとりいれたカロリーが、全て燃焼されずに
脂肪としてたまりがちになってしまいます。

スポンサーリンク

そうかいって冬場、太ってしまうのを気にして
食事量を減らそうと、朝食を抜いてしまうことが、
逆効果になってしまうという話もあるようですね。

 

今朝の生島ヒロシさんの「おはよう一直線」には、
順天堂大学医学部教授の小林弘行先生が出演

「冬の健康ダイエットは朝食にあり」というテーマで
血糖値の関係から朝食はシッカリ摂った方が良いという話や
今話題のデブ菌についての話がありました。

 

 

小林弘幸先生の話・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

「冬の健康ダイエットは朝食にあり」ということですが
これはどういこうことでしょうか?

 

ダイエットは、血糖値の上昇を抑えることが一番重要なんですね。

最近のイスラエルの大学研究チームの報告なんですけど、

やはり朝食を食べた方が、夕食を食べた後の血糖値の上昇を
抑えられるということがわかってきたんですよ。

 

朝食を食べれば、そこで慣れてるというのがあるんですね。

いきなり夕食で「ドーン」と入ってくると、
びっくりして血糖値が「パーン」と上がってしまうと

要は、朝食を抜くとインスリンの分泌がしやすくなるということが
明確にわかったわけですね。

 

インスリンがドンドンでてくると脂肪がたまってくることが、
わかっていますので、問題になるんですね。

 

小林先生の本を見させていただくと
平均年齢57歳の男女22人に対し、朝食有りと朝食抜きで、
血糖値の上昇を調べたところ、夕食有り朝食有りが235、
それに対して朝食抜きが、294まで血糖値が
上昇したというデータが紹介されていますね?

 

その分、インスリンが分泌するということになるので、
余計に脂肪がたまりますよね。

 

冬、太らない為の秘訣は朝食にありということですね?

 

そういうことになりますね!

スポンサードリンク

 

健康に痩せるためには、お腹の中の
ヤセ菌を増やさなくてはいけないということも聞くんですが
ヤセ菌というのはなんですか?

 

ヤセ菌と実はデブ菌がありまして、
お腹のなかには、100兆個~1000兆個の
細菌が生息していると言われているんですけど、

その中のバクテロイドと呼ばれる細菌群が、
体型を決めているのがわかってきて、

特に、ヤセ菌、バクテロイドがたくさんいると
脂肪が過剰に増えるのを防いでくれて、
また、交感神経も高めて、代謝が活性化するんですね。

 

そうすると短鎖脂肪酸というのを出してくれまして、
これが案外いい働きをしてくれるんですね。

ただ、その時に重要なのは、
食物繊維も一緒に摂らないとダメだということなんです。

 

水溶性と不溶性の食物繊維にはどういうものがあるんですか?

 

水溶性の場合は、昆布とかワカメ、長芋やおくら等の
ネバネバ系ですね。

不溶性の食物繊維には、大豆とかイモとか、キノコ等ですね。

ヨーグルトとか漬物には、乳酸菌が多いので、
こういう食材もいいんです。

 

特に、冬になると便秘になることが多くて、
3日以上お通じがないとかトイレで3分以上入っている
それからいつ出るかわからない等、

これらのうち一つでも当てはまっていたら
ヤセ菌がいなくなっている可能性があるので注意が必要ですね。

 

冬場はどうして、便秘になりやすいんですか?

 

やはり気温差があるので、
交感神経が上がって、副交感神経が下がるので
腸の蠕動運動が弱くなるんですね。

 

腸の動きを良くして、血圧を下げる体操はありますか?

 

一つ効果的な体操がありますので紹介します!

まず、便座に浅く腰掛けて、
若干前かがみになり、右手で左足首をつかみます。

今度は反対に左手で右足首を同様にひねってつかみます。

こういうのをひねって10回くらい繰り返していると
腸が刺激されまして、副交感神経があがるんですね。

そうすると血圧が下がりますから!

 

 

小林弘幸先生の話はココまで・・・・・・・・・・

 

 

ダイエットといっても、朝食はシッカリ
摂った方がよさそうですね!

 

それと元々ある体の働きにプラスして、自分の方からも
自律神経の働きを整えてあげる必要がありそうです。

手足の爪もみをしたり、温かいお風呂に入ったりと
どちらかと言えば、交感神経に傾きがちな
自律神経を調整して上げるようにしましょう。

スポンサードリンク
  • 2015 12.18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp