R-1乳酸菌と笑いでNK細胞活性化効果をUP!風邪ウイルス対策もこれでOK

この記事は2分で読めます

 

今年は、風邪のウイルスの一つである、
RSウイルスが過去最悪のペースで広がっていると言われています。

現在、このウイルスに対しては、効果のあるワクチンの開発が
できていないことや一度感染すると
再感染を繰り返すといわれているものです。

特に幼児や高齢者については、
命を失うリスクもあるといわれ、今のところ、
いかに感染させないようにするかが大切といわれています。

スポンサーリンク

細菌やウイルスの感染については、
自己の免疫力を如何に高めていくかがポイントです。

そして、風邪やインフルエンザウイルスなどの
病原体に対して、強い攻撃力を発揮してくれるのがNK細胞

 

このNK細胞の活性化を阻害する要因に、
ストレス、不規則な生活、過激な運動などがあります。

決まった時間に就寝し、朝、昼、晩の食事と
規則正しく食べることで、日常生活のリズムを作ったり、

軽めの運動でもよいので、
1日のなかで、体を適度に動かすことが、
NK細胞の活性をよくしてくれます。

 

NK細胞を活性化する食品としては、
ビタミン豊富な緑黄色野菜はその代表です。

そして、免疫の最前線である腸内環境を、
如何に良くしていくかが、大切で、

腸の環境を整えてくれる
乳酸菌の摂取が免疫力全体を底上げしてくれます。

 

腸の健康を整えることの大切さが
クローズアップされてきたことで、ヨーグルトメーカー等では、
有効な乳酸菌の研究が進んでいます。

”R-1乳酸菌”もその一つです。

 

 

◆ R-1乳酸菌の効果はNK細胞の活性化!

 

R-1乳酸菌は、特にNK細胞を活性化してくれる乳酸菌です。

R-1乳酸菌は、ヨーグルトをつくる乳酸菌の中から
NK細胞を活性化する能力の高い乳酸菌として、
特別に選び出されたものです。

「R-1」の名称は、使用される乳酸菌のLactobacillus bulgaricus OLL1073R-1に由来。この商品に使われているLactobacillus bulgaricus OLL1073R-1乳酸菌は、ブルガリア菌の一種で、「EPS (Exopolysaccharide、菌体外に産生する多糖体(英語版))」を多く産生する特性があり、EPSには免疫賦活作用があるとされる。

引用元:明治ヨーグルトR-1より

 

実際に、R-1乳酸菌が使われた
ヨーグルトを、有田町(佐賀県)の小中学校に通う、
全児童、生徒が半年間摂取したところ

期間中のインフルエンザ感染率が低く抑えられるとの
調査結果も出ています。

スポンサードリンク

2010年10月1日から2011年3月18日までの全登校日に、佐賀県有田町の小中学生全員(合計1904人)がR-1乳酸菌入りヨーグルト飲料(112ml)を1日1本飲み続けて、インフルエンザ(A、B、新型)の感染を調べたもの。すると有田町の感染率は小学生で0.64%、中学生で0.31%と、有田町周辺の他地域や有田町を除く佐賀県全体(小学生1.90~10.48%、中学生1.31~7.06%)に比べ、有意に低かった。

引用元:日経トレンディより

2015y12m25d_083639775

 

 

◆ 笑いを取りいれればNK細胞はさらにアップ

 

腸内環境を整える為に、R-1乳酸菌などの
良い乳酸菌を入れても、ストレスなどで、マイナスの感情に
支配されているとその効果も半減してしまいます。

昔から笑う門には福来ると言われているとおり、
声を出してわらう習慣をとりいれることが大切です。

 

2015y12m25d_090653518

 

笑いは副交感神経を優位にして、
自律神経のバランスを整えてくれます。

そして、NK細胞が活性化され、
ストレスホルモンであるコルチゾールの分泌量も
低下していくと言われています。

その結果、免疫力が活性化してくるわけですね。

 

笑いヨガが健康に良い「ホホハハ体操」

本当に楽しそうに笑うことがポイントだそうです。

 

 

 

ストレス解消を心がけ、
R1乳酸菌入りヨーグルトを毎日の食習慣に取り入れ、

笑う習慣を毎日行うようにすれば、
NK細胞の活性化がよくなるのは間違いないと言えるでしょう。

 

普段から免疫力を高めるアイディアは
是非、とりいれるようにしたいものです。

スポンサードリンク
  • 2017 02.27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp