腰痛は精神的ストレスが原因の場合が多い!心のアプローチで改善が期待できる?

この記事は3分で読めます

 

日本人の8割が一度は腰痛を経験すると言われています。

国民生活基礎調査によるデータでは、
男性では1位、女性も肩こりに次いで2位となっているほど、

日本人にとっては、腰痛はきっても切れない症状です。

スポンサーリンク

しかし、腰痛の85%の原因については
まだ、ハッキリ解明されていないというのが実情のようですね。

 

 

◆ 腰痛の原因は多岐にわたります!

 

腰痛の原因は様々で、椎間板の一部が背中側に飛び出し、
神経根が圧迫されて下肢痛を伴う腰痛の”椎間板ヘルニア”

椎間板や椎骨が加齢に伴い変形して起こる”変形性腰椎症”
骨粗鬆症による圧迫骨折などがあります。

 

腰椎や椎間板などの骨格系のトラブルによる腰痛は
X線検査やMRI検査などで原因を
特定することができることもありますが、

腰椎や椎間板などに異常が見られず、
原因が明らかでないものも多くみられます。

 

筋骨格系以外で腰痛を起こすものには、消化器系の病気や
婦人科系の病気などがあります。

食欲不振や腰痛などの症状を伴う場合は、
消化器の病気の可能性があります。

また、月経時に腰痛が起きたり、痛みが強くなったりする場合は、
婦人科の病気の可能性があります。

 

 

◆ ストレスから起こる腰痛は悪循環を招きやすい

 

腰痛の原因として、精神的なストレスが
原因になっている場合があります。

ストレスを感じると、交感神経が活性化して、
腰椎周囲の筋肉が収縮します。

 

筋肉には血管や神経が通っていて
収縮した筋肉によって、血管や神経が圧迫されます。

血流が悪くなると、筋肉疲労が生じ、腰痛として自覚されます。

また、神経が圧迫されると直接痛みとして認識されます。

 

痛みを感じると、筋肉はさらに収縮し、
腰痛悪化の悪循環をたどることになるわけです。

ストレスが腰痛の原因になっている場合、
痛み止めの薬を飲んでも効かないことも多く、

場合によっては、鎮静剤やある種の向精神薬などが
処方されることがあります。

 

薬を利用しても、改善しない場合は、
心理学的なアプローチが必要になる場合があります。

 

 

ストレスからくる腰痛の悪循環を断つことについては、
以前「ためしてガッテン」で、紹介されていました。

寝たきりになるほどつらい腰痛であるのに、
腰骨には異常が見られなかった女性が、

子犬の世話をするようになってから、
驚異的に腰痛の症状が改善されていったという症例でした。

スポンサードリンク

 

福島県立医科大学に通っている患者のAさん(62才・女性)です。腰骨にはなんの異常もないのに、寝たきりになるほどの腰痛がありました。現在は家事ができるまで回復したAさん。きっかけは夫が子犬を買ってきたこと!子犬にエサを与えたり、世話をしたりする中で、痛みを考えることが減り、活動量が増えたことで、痛みの悪循環から抜け出し、脳の鎮痛システムが再び働きだしたと考えられています。

引用元:ためしてガッテンよ

 

そして、番組では腰痛の悪循環サイクルを
次のように紹介していました。

痛みが心配(ストレス)→運動不足(ストレス)→
周囲に理解されない(ストレス)→脳の鎮痛作用が低下→さらに痛い

 

”病は気”からは、腰痛と密接に関係しているのかもしれませんね。

そして、睡眠不足などでも腰痛の原因になるので、
良質な睡眠と休息をとるようにして、なるべくストレスを
ためないようにすることです。

鍵になるのが、主体性をもった生活をしているかどうかかと。

 

 

◆ 気をつけたい腰痛の症状とは?

 

腰痛はよくある症状だけに、自己判断で対処しまいがちになります。
腰痛のなかには重大な病気が背景にある可能性があります。

 

◇ 気をつけないといけない症状とは

 

どんな姿勢をしていても痛む
筋骨格筋の腰痛は痛みの少ない姿勢を
みつけることができるのですが、

どんな姿勢をしていても痛み、
安静時も痛む場合は注意が必要です。

痛みが4週間以上続いている

痛み止めが効かず、日に日に痛みが強くなる

腰痛以外の症状を伴う、
下肢の脱力、38度以上の発熱、
排尿障害、体重減少など。

 

上記の症状に心当たりがあれば、
早期に、医療機関で診察を受けるようにしましょう。

 

 

腰痛になるキッカケをつくらなようにする為に
普段から気をつけたい点を上げておきます。

 

寝るとき
あおむけの場合は、膝の下に
クッションなどを入れて、寝るようにし、
腰への負担を軽くする

椅子に座るとき
椅子に深く腰掛け、膝の高さが足の付け根より
少し高くなるようにして座る

 

座るとき
あぐらよりも正座をして座ったほうが
腰に負担がかかりません。

ものを持ち上げるとき
膝を曲げて体に近づけて持ち上げるです。

スポンサードリンク
  • 2017 05.07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp