認知症の予防に速聴トレーニングを!高齢者でもIQやEQのUPに期待が持てます

この記事は2分で読めます

2016y01m01d_091018227

 

脳に対して同時に二つの面で負荷をかけるようにし、
働かせる工夫を続けると”認知症になりにくい”
ということが言われるようになってきました。

最近では、親の介護のため、
会社をやめて、面倒見る人が増えているなど、
社会問題になってきています。

スポンサーリンク

なるべく、身内や他人に迷惑をかけないために、
若いうちから、予防の為の策はとっておきたいところです。

認知症予防の為の脳トレにはいろいろなものがありますが、
誰にでもできる手軽な手法が”速聴”です。

 

速聴とは、通常よりも速い速度で音声を聞くことで、
脳の情報処理速度を上げ、集中力や理解力、記憶力等、
様々な脳力のアップを目指す方法です。

 

例えばラジオやテレビのアナウンサーが話す
ニュースなどの内容を録音し、
2倍速の速さで再生すると2倍速聴です。

これでも初めは慣れていないので、
聞き取りにくい人もいますが、

そういう人でも、1ヶ月もその気になって
聞きとろうとしていると、シッカリ聞き取れるようになれます。

 

2倍速再生を2倍速で録音再生すれば4倍速になります

それを意識して聞き取ろうとしていると
次第に脳の神経細胞ニューロンが、それに対応して、
つながりだしてくれます。

 

 

その脳内進化のスピードは意外とはやくて、
遠からず聞き取れるようになると自分の脳内で開発が
進んでいることが実感できるはずです。

脳内ネットワークがある程度出来上がってから、
最初の一倍速のニュースに耳を傾けると、
だるく感じる程、間延びしてゆっくり聞こえるからふしぎです。

 

神経を集中して二倍速以上で聞いた内容は、
中身もよく理解しており、よく覚えているものです。

スポンサードリンク

1回で無理なら2回、
2回でダメだったら3回というふうに繰り返していくのが、
速聴トレーニングになります。

 

脳全体が活性化するので、この脳力を上げた
脳細胞ネットワークが働きだすに従い、
記憶力があがるだけでなく、理解力もグンとついてきます。

頭がよくなってIQもEQも上がってくるというわけです。

 

 

これは、まだ脳細胞が柔軟な若者だけの話ではなく
高齢者の脳にも当てはまります。

身体の中で、年をとっても
使い方次第で進化していくのが脳です。

 

DNA的には優秀といわれる日本の高齢者が
ますます優秀になれば認知症は減り、
日本の未来は明るい希望が持るわけですね。

 

 

速聴トレーニングを行えば、
大脳の左半球にあるウェルニッケ中枢が活性化し、

これが脳全体を活性化する刺激を
作りだすようになると言われています。

 

この研究と実用化についてはだいぶ前から
様々な研究者や研究機関が行っており、
それぞれ優れた実績をあげています。

 

速聴トレーニング用の資材や道具も
特徴あるものがいろいろとありますから、

どこか自分と相性の良い優れたものの
教材、資材と出会ってとりあええず始めてみることを
お勧めします。

 

 

尚、手軽にできる方法は、
動画サイトのユーチューブなどでは、

音声を2倍にして聞くことができますので、
音声にして聞きたいファイルをアップロードして

倍速したものを録音、再度アップロードすれば
4倍速になった音声を聞くことができます。

 

 

高速道路から通常道路に降りたときに
車からみた風景がゆっくりした感じに見えるのと同様に

聴覚にもそんな感覚が訪れます。
その時、脳力は確実にアップしているはずです。

脳力開発に努めることが
認知症の予防に効果を発揮するはずです。

スポンサードリンク
  • 2016 09.29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015y09m23d_184604606
  2. 2015y04m04d_092027874
  3. 2016y02m05d_111853409
  4. 2015y07m03d_201042694
  5. 2014y07m26d_142948085
  6. 2014y08m24d_083844451

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp