コレステロールの不足が細胞を壊れやすい状態に!高齢者程多めの摂取量を

この記事は2分で読めます

 

コレステロールは脳にも体にも重要な栄養素です。

体内のコレステロールのうち40%が
食事から摂取したもので、

残りの60%は体内で合成されます。

スポンサーリンク

コレステロールが体にとって悪いものであれば、
体内で合成されることはないはずです。

コレステロールの大切な役割は、
細胞膜の主要な材料になることです。

 

細胞膜は、リン脂質という松葉のような
形をした脂肪が、

葉の先端を向かい合せた形で縦にビッシリと
並んでできています。

リン脂質を構成しているのは
アラキドン酸であったり、DHAであったりします。

 

このリン脂質の間に入り込んでいるのが
コレステロールになります。

 

 

つまり、コレステロールがあることで、
リン脂質の根元はある程度固定された状態になり、

先の部分は柔軟に働く仕組みになっているわけです。

 

コレステロールは細胞膜の安定性を保つと同時に
適度な弾力性も与えてくれています。

そして、このコレステロールの働きによって、
さまざまな物質が細胞のなかに入ることができます。

 

 

ちなみに、細胞膜を通っていく物質には
水なら水、アミノ酸ならアミノ酸、ブドウ糖と
それぞれ専用の道があるんですね。

 

 

食事から摂るコレステロールの量が少なくなってくると
それに従って、細胞膜の安定性が弱まり、

傷つきやすくなったり、壊れやすくなったりします。
最悪の場合、細胞の死につながってしまいます。

 

血管も細胞でできていますから、
血管の損傷から脳出血リスクの一つにもなります。

 

この他にも、コレステロールは
副腎皮質ホルモンや男性ホルモン、女性ホルモンといった
ステロイドホルモンの材料でもあります。

スポンサードリンク

コレステロールが少ないと、
これらのホルモンの合成が阻害されてしまいます。

 

この合成に使われるコレステロールは、
LDLコレステロールです。

 

本来で、あれば、悪玉とか善玉と分けているのは
人間の都合で、そのバランスはあっても必要なものです。

また、コレステロールは胆汁に変換され、
脂肪の吸収に欠かせない役割をも果たします。

 

コレステロールはこのように、
体の中でさまざまな働きをしている栄養で、

決して下げれば下げるほどいいというものではありません。

 

摂取に関して神経質になる必要はありません。
最近では、数値も改訂されていますし、

改定前、総コレステロールの正常値は、140~199
改定後は、151~254、

 

女性では、年齢別に細かく分けられて、

30~44歳で145~238、45~64歳で163~273、
65歳~80歳で、175~280になっています。

 

LDLコレステロールの場合、改定前は60~119
改定後は、男性で、72~178

女性では、総コレステロール同様、年齢別に分けられて、
30~44歳は、61~152、45歳~64歳は、73~183、

65歳~80歳は、84~190となっています。

 

 

以前から、コレステロール値の低い人ほど
心筋梗塞などの突然死が高いなどと言われていました。

 

生命の最小単位である、細胞づくりの基礎材料となっているのが
コレステロールだということがわかってくると

適度に、コレステロールの摂取することの大切さがわかります。

 

それと、年をとってくると
どうしても、体への吸収力が弱ってくるので、

多めに摂る必要があるということですね。

 

 

また、コレステロール値が低いと、
うつ病や認知症の要因にもなる言われているので、

この辺は、自分なりに身体の構造を知って、
賢く補っていきたいものです。

スポンサードリンク
  • 2016 07.07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp