がんの予防対策には血管新生因子の抑制でがんの成長を抑える方法を

この記事は3分で読めます

2016y01m12d_090505827

 

日本人の2人に1人ががんになると言われています。

多細胞生物の多くはがんになることが
知られていますが、それは、細胞が分裂し増殖していく
という仕組みが深く関係しています。

スポンサーリンク

成長期を終えても、1日に1兆個の割合で
細胞分裂が行われていますが、

そのうち、1%~2%、3000個~5000個の
がん細胞が生まれていると言われています。

 

免疫細胞によって、うまく処理ができなかった
がん細胞の卵が本格的ながんへと進行していくには、

数年から数十年という時間を要します。

 

がん細胞へと成長していく前に、
シッカリと対策をとっておくことで、予防することも可能。

 

 

普段から免疫力を強めていく工夫をすることと
さらに、新生血管ができないようにする為に

因子をシャットアウトしていくアプローチも
がん予防の為に大切になってきます。

 

 

血管新生因子は、がんの増殖をうながす危険因子です!

 

血管新生因子は、主にがん細胞から生み出されます。
がんにかかっている人の全身症状を引き起こす物質。

その発生には生活習慣も深く関係していて、
健康な人に関係がないといいきれません。

 

貧血やむくみなど、血管系の症状が気になる人は、
因子の発生をはじめとする血管系の異常を疑い、
すぐに対策をとるようにしましょう。

 

血管系の異常は、血管新生因子の発生、
代謝器官の異常、栄養不足など、さまざまな要因が
からまって引き起こされます。

それらは、どれも、免疫力の低下につながる要素です。

 

 

血管新生因子とは?

 

血管新生因子は、がん細胞のサポート役の
ような存在です。

正常な血管に穴を開けて、
新生血管をつくり、そこから養分を吸い取って、
がん細胞を送ります。

そうして、がんの増殖をうながします。

 

因子は、血管系はもちろん、
免疫系にとっても害になります。

マクロファージの活動を邪魔して、
免疫力を低下させることがわかっています。

スポンサードリンク

 

悪性腫瘍、特に悪性度の強いがん細胞は、
その成長のために大量の栄養素を必要とします。

大きさでいうと直径1ミリ以上にまで成長すると
そのままでは、必要な栄養や酸素が届かなくなるので、
中心の方から壊れていきます。

 

そこで、がん細胞が、それ以上に増殖するためには
供給する元になる新たな血管を獲得しなくてはいけません。

新生血管をつくることに成功した腫瘍だけが、
がん化へとたどり、急速に増殖していくと
考えられています。

 

免疫力を維持するためには、
がんの有無にかかわらず、血管系の全身症状に敏感になり
血液を健康に保つことが大事です。

 

 

血管新生因子でこんな症状が?

 

血管を傷つける因子ですから、
引き起こされる症状は、血管系のものになります。

 

貧血や手足のはれ、むくみ、肩こり、腰痛、
目の疲れやかすみなど、

血管新生因子への対処法は、限られたものになります。

サメの油を使ったサプリメントや
薬物を使うこと、そして、血管によい食事をとることです。

 

がん細胞によって血管新生因子が発生している場合は、
サメの油で因子を減らすことが
もっとも効果的な対策法。

 

 

免疫の自己チェックでがん予防ができます!

 

免疫力を自己診断して弱点を補うことは、
ただ免疫力を上げるだけでなく、
将来の発がんを防ぐことにもなります。

免疫力にさまざまなタイプがあるように、
がんの発病にもタイプがあります。

 

風邪、ストレス、老化など、
自分が体調を崩しやすいポイントは、免疫力を低下させ、
がんを招くことも考えられるので注意が必要です。

 

免疫マーカーを活用したチェック法で
自分の弱点を見極め、免疫力の低下を防いでいくことが、
がん予防につながります。

 

 

 

細胞ががん化していくメカニズムも
だいぶ解明されてきています。

それらの情報を活かして、
呼吸、食事、睡眠など、生活習慣を改善していく事が
がんの予防につながります。

スポンサードリンク
  • 2016 08.14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016y02m15d_104157302
  2. 2015y09m05d_191522752
  3. 2015y08m30d_143215583
  4. 2015y11m19d_084314137
  5. 2015y11m30d_085614364
  6. 2016y02m08d_103204463

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp