免疫力の低下を防ぐ方法!目鼻や口の洗浄はホコリの付着を予防する為毎日の実践を

この記事は2分で読めます

 

免疫力の低下を防ぐ方法として
オススメなのが、1日2回程、目、鼻を口を
よく洗浄することです。

カビやホコリなどが身体の中に入ってくる
経路として、もっとも機会が多いのは
目や鼻、口になります。

スポンサーリンク

ホコリの多い部屋に入ると目がかゆくなったり、
鼻や口が息苦しくなったりしますが、

その時がまさに免疫系がダメージを受けているタイミングです。

 

ダメージが受けている期間が長ければ、
免疫系のバランスが崩れ、

その働きが低下してくることになります。

 

目、鼻を清潔に保つことで、
ホコリが免疫を刺激する回数を減らさすことができます。

その地道な努力が免疫バランスの支えになります。

 

 

まずは、敵の侵入経路を防御しましょう

 

目や鼻にゴミが入ってくると
そこで白血球が異物と認識して、免疫反応を起こします。

ゴミはすぐに排除するため、
体に付着することは、特に問題ではありません。

 

しかし、それが続くとアレルギーを引き起こします。

いまは問題でなくても、
将来の健康をおびやかしていく可能性も
出てくるわけですね。

 

目や鼻、口など、敵の侵入経路となる部分には、
日頃から丹念なケアが必要です。

たかが、目鼻とあなどることなかれです。
そのダメージは全身に溜まっていくことにもなるからです。

 

目にゴミがついてかゆくなったとき、
すでに異物は体内に入っています。

 

ホコリ、化学物質、ホコリやカビが放出した胞子、
繊維やスプレー剤から出る異物が目や鼻に付着します。

そして、異物に対する免疫反応が繰り返していると
徐々にヘルパーT2細胞が優位になり
免疫系のバランスを崩すことになります。

 

過剰に免疫が反応しないように
早めの対処が必要ということです。

 

 

具体的な実践方法!

スポンサードリンク

 

外から帰ってきたときは、特に汚れていなくても
顔や手を洗うように習慣づけるようにしましょう。

 


1日に2回以上、
目を洗う、起床時と外出したときは
水で汚れを流す

 


鼻水をためないようにする。
また、こすりすぎると粘液が傷つき
異物が侵入しやすくなってしまう。

 

はじめは少し抵抗があるかもしれませんが
鼻うがいも効果的です。

鼻うがい健康法については
こちらのページを参考に

 

 

1日2回以上、うがいをする、
食事をする前に口のまわりの汚れをふきとる

うがいには、風邪を呼ぼすること以外に
免疫への負担を軽くする効果もあります。

 

 

空気清浄機を使えば、免疫力が上がる?

 

空気中には、ホコリの他に、
細菌やウイルス、スプレーや洗剤の成分、

建材や家具から放出される化学物質など、
さまざまな異物が飛び交っています。

 

現実的に考えると、
それらの物質すべてを生活のなかから
とりさることはできません。

 

そこで役に立つのが、空気清浄機です。

 

こまめな換気も大切ですが、
雨が降っても窓を開けられないときや

冬の寒い時期には、さまざまな機械を使って、
空気をきれいにしましょう。

 

換気扇
浴室やトイレなど、空気がこもりやすい場所では、
換気扇をよく回す、換気扇自体を洗剤で掃除することも大切。

 

扇風機、
自然の風でも十分に換気はできますが、
押し入れや棚の裏など、風が入りにくいところには、
扇風機を使った換気が効果的。

 

 

 

文明の利器も上手に活用して、
目鼻に負担をかけないことが大切です。

毎日の地道な取り組みが、
免疫系の働きを良くして、体を守ってくれます!

スポンサードリンク
  • 2016 08.18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp