肝機能の低下や肝臓の炎症を起こしている人は鉄分の摂取量を控えること

この記事は2分で読めます

 

鉄分は赤血球のなかにあるヘモグロビンに
ヘム鉄として存在しています。

呼吸器系は、肺で酸素を吸い込んで、
身体の各組織や器官、そして60兆個ある細胞に
酸素を送り届けています。

スポンサーリンク

身体の中にある鉄分は
約70%が血液や筋肉に存在し、

残り30%の3分の2が貯蔵鉄として蓄えられ、
最も多く鉄を貯蔵しているのが肝臓になっています。

 

鉄分が減ってくると
血液が運ぶ酸素量が不足し、
鉄欠乏性貧血になり、

その結果動悸や立ちくらみ、
倦怠感などさまざまな症状がでてきます。

 

鉄分は不可欠なミネラルです。

1日の成人男子推奨量は7.5mgで
成人女子推奨量は10.5mgとなっています。

但し、鉄は活性酸素の発生源でもあり、
有害物質であるともいえます。

 

活性酸素の中で、
最も強力な活性酸素である

OH(ヒドロキシ)ラジカル
鉄イオンと反応して発生します。

 

肝機能に異常がある人に限っては、
鉄分の摂取を控えた方がいいと言われています。

特に注意が必要なのは、
慢性肝炎で、そのなかでもC型肝炎や
非アルコール性脂肪肝炎の人になります。

 

肝臓に蓄えられた鉄によって発生した活性酸素は、
肝細胞を攻撃して肝機能が悪化します。

 

それだけでなく、
活性酸素は遺伝子を傷つけるため、

肝がんにも関係していると考えられています。

 

肝臓では鉄分の吸収を抑える酵素が生成されています。

 

その結果、肝臓に多くの鉄が沈着し、
その為に肝臓の線維化が進むことがわかってきました。

さらに肝臓がんへ進むのに鉄が関係している
可能性も報告されています。

スポンサードリンク

 

鉄制限食として、
鉄分の摂取は1日6mgまでに
抑えることが推奨されていますが、

必要量の鉄分は摂取しなくてはいけません。

 

鉄分を制限するとほかのビタミンやミネラルも
不足しがちになるからです。

日常生活で大切なのは、
吸収の良すぎる鉄分をとらないことです。

 

食べ物に含まれる鉄分には、
ヘム鉄と非ヘム鉄があります。

ヘム鉄は吸収されやすい鉄で、
肉類や魚介類など動物性の食品に多く含まれています。

 

吸収率は約30%
ただし乳製品や卵には含まれていません。

 

一方、非ヘム鉄は吸収されにくい鉄で、
野菜や大豆製品、動物性食品に含まれています。

吸収率は約5%、鉄分吸収を制限するには、
吸収率のいいヘム鉄を含む食品を控えるようにしましょう。

 

サプリメントを利用する場合は、
成分表をよく確認して、鉄分の有無を
確認しておくことが大切です。

 

 

また、お茶で鉄分の吸収を抑えるという方法もあります。

お茶にはタンニンが多く含まれ、
鉄はタンニンと結びつくと、
水にとけにくくなり、小腸での吸収が抑えられます。

食事中や食後にお茶を飲むのは
弱った肝臓のために良いということになります。

 

 

ミネラルはバランスが大切です。

摂り過ぎても、不足し過ぎても
身体の調子を崩してしまうという厄介な
一面を持っています。

鉄分だけでに限りませんが、
欠乏と過剰の間の、適量濃度を維持することが
大切になってくるわけですね。

 

とりあえず、現在、肝機能が低下している
人の場合は鉄分の摂取については
十分注意するようにしましょう。

スポンサードリンク
  • 2017 04.20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp