肝機能を高める方法の注意点!風邪ウイルスの感染の予防と便秘を防ぐこと

この記事は3分で読めます

2016y01m28d_101115725

 

肝機能を高めるためには
栄養バランスや食事量、運動不足などを
日々の生活の中で改善することが必要です。

それにプラスして風邪をひかないことや
便秘にならないようにすることも大切です!

スポンサーリンク

特に肝臓にトラブルを抱えていたり
肝機能が低下しているときには、

風邪にかからないように予防したり、
日頃から便秘にならない工夫をするようにしましょう。

 

風邪の多くは、ウイルスによる感染です。

 

インフルエンザが流行する時期など、
悪性のウイルスが体内に入ってくると、

免疫系の働きによって、
細菌やウイルスなどの外敵から体を守るために
攻撃しようとします。

 

肝臓にトラブルを抱えている人、
肝炎で肝炎ウイルスに感染している場合では、

身体のなかではこの免疫システムが
活発に働いていて肝炎ウイルスと闘っています。

 

そこへ、風邪のウイルスなど
他の外敵が侵入してくると、

身体の免疫システムは、両方に対処しなくては
ならない状態になり、

肝炎ウイルスとの闘いが疎かになり、
結果として、肝炎の症状が悪化します。

実際、風邪をひいているときに、
肝機能を検査すれば、GOT、GPTの数値は
いつもよりも高くなっているはずです。

 

悪性のウイルスが体に侵入すると
発熱や関節痛、筋肉痛など全身の反応が起こります。

 

筋肉中にもASTがあるため、
これがウイルスによってダメージを受けることになり
数値が高くなるというわけです。

 

肝臓の負担を和らげるためにも
肝機能が低下しているときには、

風邪にかからないようにすることが大切です。

 

 

風邪をひかないために
基本的なことですが次の点に注意しましょう。

 

風邪をひいている人に近づかない、
外出時にマスクをする、帰宅後は手を洗い、
うがいをする、

 

体を冷やさないようにする、
規則正しい生活をする、疲労やストレスをためない

肝機能を高めるためには、もう一つ
便秘しない生活を送ることが大切です。

スポンサードリンク

 

 

 

一般的には3日以上便通がない
状態のことを指して便秘と言われています。

 

便秘になると、大腸にたまった便が、
腸内の細菌によって発酵し、
硫化水素やアンモニア等の毒性ガスが発生します。

機能が低下している肝臓の場合、
有害物質を分解しきれません。

 

これらの物質は有害なまま、
血液中に送り出されてしまいます。

これが脳に送られて脳細胞で吸収されると
イライラする、ボーッとする
などの軽い中毒症状が現れるようになります。

 

さらに、症状が悪化してくると
昏睡状態に陥る肝性脳症を発症することがあります。

 

肝炎や肝機能の低下が見られる人は
3~4日たっても便通がないときには、

かかりつけ医に相談して、
下剤を処方してもらいましょう。

 

 

また、日頃から食生活に気を使い、
次のことに気をつけるようにすることです。

排便のリズムを整える、朝、目覚めると
便意を感じる、朝食をとると便が出る、
ということがあります。

 

これは人によっても差がありますが、
自分なりの排便のリズムをつくることが大切です。

 

食物繊維を十分にとる、
食物繊維は、消化、吸収されない成分で、

そのまま大腸に送られ、
大腸で水分を吸って膨張し、
便の量を増やして排便をスムーズにします。

 

食物繊維は、野菜類、豆類、海藻類、
きのこ類、こんにゃく、果物などに多く含まれています。

適度な運動をする
こまめに体を動かすようにしましょう。

 

歩くときは、広めの歩幅で歩くと
腸への刺激になります。

腹部をマッサージする、おへそのまわりを
右下から時計回りに、大きく円を描くようにマッサージすると
腸の運動が促進されて、便意が生じやすくなります。

 

 

水分を十分とる、
便が固くなると便秘の原因になるので、

水分をたっぷりとることも大切です。
但し、体温よりも低いものは避けるようにしましょう。

 

 

沈黙の臓器、肝臓は、気がつかないところで
かなりの負担を負っていることを知っておきましょう。

なるべく、負担をかけずに
余裕をもって働いてもらうことが大切です。

スポンサードリンク
  • 2016 09.13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015y09m25d_105658266
  2. 2016y06m11d_115059183
  3. 2015y09m01d_115239717
  4. 2016y04m11d_173933484
  5. 2015y10m21d_094525997
  6. 2015y08m03d_092331559

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp