冬場の足のにおい対策!靴の手入れに食べ物や血行改善をプラスして・五味常明先生の話

この記事は3分で読めます

2016y01m29d_103838918

 

体臭といっても、汗、頭、わきの下、
そして、足のにおいなど、身体のなかで、においが
でてくる場所はさまざまです。

においのもとの多くは汗が関係しています。

スポンサーリンク

汗のかきやすい夏場は、気をつける人も多いと
思いますが、においがきつくなるのが実は冬場です。

 
今朝の生島ヒロシさんの「おはよう一直線」には
五味クリニック院長の五味常明先生が出演、

前回に続き「冬のにおい対策パート2」ということで
履物のこと、血行をよくすること、
頭皮のにおいなどについてお話されていました。

 

五味常明先生の話はココカラ・・・・・・・・・・・

 

足のにおいは冬の方が夏よりも臭くなるんですか?

 

冬は体温を保つために、
基礎代謝が高くなっているんですね。

その為、少し歩くだけで、
足に汗をかきやすいんですね。

特に冬は、若い女性に足のにおいを
気にする人が増えてくるんですよ。

 

ブーツとかが影響しているんですね?

 

ブーツはおしゃれで保温性も高いんですが、
通気性が悪いんですね。

汗がこもって、蒸れやすくなるんです。

しかも圧迫しているでしょ。
その為、摩擦熱で、高温多湿になっちゃうんです。
このにおいをつくるのが細菌ですね。
ブーツの中は、その細菌の天国なんですよ。
さらに、ブーツはちょっと高いでしょ。
ほとんど、一足だけですよ。

それを、毎日、履いているんですね。
ですから、ブーツ自体ににおいがついちゃうんです。

 

足のにおい対策は、
まず、ブーツのにおい対策、靴のにおい対策が
必要なんですね。

 

1日中履い後、家に帰ったら何をすればいいですか?

 

まず、ブーツは二足は買ってください。

一足、履かないときには、
使い捨てカイロがありますね。

 

あれを捨てないで、履かない時に
カイロをブーツの中に入れておくんです。

活性炭みたいににおいを取っちゃうんですよ。
スグレモノなんです。

 

それで、突然なんですが、

お相撲さんの足はくさくないっていうのは
知ってましたか?
なんとなくいつも裸足ですよね?

お相撲さんは、いつも下駄、草履でしょ!
ブーツなんか履いてないですよね。

なので、足が蒸れてないんですよ。
そして、お相撲さんの足がくさくない理由が
もう一つあるんですよ。
お相撲さんって、毎日四股を踏んでますよね。
あれは、股関節のストレッチになっているんです。

 

ということは足の血行が良くなっているんですよ。
お相撲さんの足は太く見えますが、
むくんではいないんですね。
むくんで、血行が悪くなると
においが足のなかから出てくるんです。

アンモニア、疲労臭というものです。

 

足をよく洗ってもくさいという人がいますよね。
それは、疲労臭、むくんでいる人なんですね。

 

ですから、足のにおい対策のもう一つは
むくみ対策になるんです。

スポンサードリンク

 

それは、今言った、股関節のストレッチ、
これを1日20回くらいして、

足のつけねをトントンと叩くのもいいですよ。
そうすると、太もものむくみは取れてくるんですね。

 

今度は、足首です。
これを強く屈曲させるんです。

お風呂の中でやると効果的ですね。
20回くらい。

 

そうすると、ふくらはぎの血行がよくなりますから、

これが、足のにおい対策に
非常に効果的な方法なんですね。
股関節、足首の血行をよくすると
それに従って、全身の血行も良くなりますから
一石二鳥になります。

 

食べ物で気をつけたいものはなんでしょう?

体がから出てくるにおいは、
全て、口から入ってくる食べ物ですから、
においをつくる食べ物
特に動物性の食べ物、肉ですね。

これを控えめにすることです。
ただ、肉は必要なんですよ。
ですから、肉を食べたら、においを抑える
消臭食品をとることが大切なんです。

それは、食物繊維が豊富な海藻類がいいですね。
特にメカブ、これはオススメですね。

 

メカブのフコイダンというのがありまして、
これ、アンモニアなどが腸の中にできますよね。

これを包んでしまって、
便で排泄してくれるんですよ。

 

便は、臭くても大丈夫でしょ。
体がにおわなかったら・・・・・・・・

 

腸の状態がいい人は、においは出さないですね。

先ほど、便がくさくていいといいましたが、
便がくさくなくなれば、汗のにおいも少なくなるんですよ。

 

便秘の女性というのは、まずいですね?

 

においは、腸から吸収されますから、
便秘の人は、においには気をつけないといけませんね。

腸のなかで、においがとどまってしまうので
その分、吸収されちゃうんですよ。

 

においは、腸から吸収されちゃうんですね。
そして、血液で回って、汗ででてきちゃうんですよ。

腸を健康にすることも非常に大切ですね。
あと、頭皮からにおってくるとかあるんですか?

 

洗いすぎの人は、においますよ。

洗いすぎると皮脂が流れてしまうので、
頭部は、皮脂性の分泌が盛んなところでしょ。

 

脂がなくなると、身体は不足していると
思ってしまうんですね。

余計分泌し、余計におってくるんですよ。

 

しかも、それが詰まるんでね。
酸化で、においが強くなるんです。

頭は、3日に一回ほど、洗えばいいんですよ。

 

1年に3回位しか洗わない人がいます。
作家の五木寛之さんがそうですね。
日本人は、髪の毛を洗い過ぎなんですね。

 
五味常明先生の話はココまで・・・・・・・・・・・

 

 

身体のにおいは、自分ではなかなかわからないもの、

なので、自分でハッキリ自覚できるときは
他人にはかなりの強烈なにおいとなって、
現れているかもしれません。

 

冬場の体臭が、少し気になる人は、
五味先生の話を参考に対策をうっておくようにしましょう。

スポンサードリンク
  • 2016 01.29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015y11m04d_134401543
  2. 2015y05m07d_151413240
  3. 2015y12m12d_092051971
  4. 2015y08m20d_142750973
  5. 2016y01m24d_145247962
  6. 2015y12m01d_142040517

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp