肝機能の低下時には肝臓に負担を与える脂質の摂り過ぎに注意を!

この記事は2分で読めます

 

脂肪分の多い食事は、肝臓に負担を与えます。

特に、肝臓の働きが悪くなっている(肝機能の低下)を
示している場合は、脂肪の処理能力も落ちている為、

脂肪を多く摂ってしまうとその分、
肝臓はオーバーワークになってしまいます。

スポンサーリンク

普段、私たちが食べる食べ物の中には、
脂質が十分に含まれていて、

どの程度の脂が、その食べ物の中に含まれているかを
意識していないと、適切な摂取量を
超えてしまいがちにあると言われています。

 

脂の摂り過ぎは、肥満やコレステロール値の上昇、
糖尿病などにつながる確率を高めます。

特に脂肪肝は肝臓に脂肪がたまった状態です。

 

その為、食事からとる脂肪分の摂取量については
注意しておかなくてはいけません。

そうかいって、摂取量が逆に不足してしまうと
様々なトラブルが起こってくるのも事実です。

 

栄養素摂取の原則は、バランスということが言えるわけですね。

 

 

脂質は、タンパク質、糖質等、三大栄養素の一つです。

 

脂質は、ビタミンA、D、E、Kなどの油脂に溶ける
脂溶性のビタミンを効率よく吸収させる働きがあります。

その為、脂質の摂取量を極端に制限すると
脂溶性ビタミンの吸収が悪くなり、
肝臓の代謝の働きを鈍くすることにもなりかねません。

 

最低限必要な脂質はしっかりとる必要があります。

 

1日必要な脂質の目安は、
1日の総エネルギー量の20~25%で、
グラム単位に換算すると30~40gの脂質をとります。

脂質の多い食材といえばお肉になりますが
100gの豚バラ肉には約40g、豚モモ肉に20g含まれています。

スポンサードリンク

 

魚の場合は、100gあたり、1gから数グラムと少なく、
とくに白身魚は低脂肪です。

 

 

また、脂質は卵、マヨネーズ、パン、お菓子など
いろいろなものに含まれています。

こうした食品から脂質を摂取していることを考えると、
調味料としてとるのは、1日大さじ1~2杯といえるでしょう。

 

 

脂質の成分をみてみると
脂質は飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分かれます。

飽和脂肪酸は、肉やバター、ラードなど
動物性脂肪や、バーム油、ヤシ油などに多く含まれています。

 

この脂肪酸は、血液中の中性脂肪やコレステロールを増やし、
とりすぎると動脈硬化を進行させることにつながります。

 

一方の不飽和脂肪酸は、植物油や魚類、
とくに青魚に多く含まれる脂肪酸で、

中性脂肪や悪玉コレステロールを減らし、
善玉コレステロール(HDL)を増やす働きがあります。

 

このように同じエネルギーをもつ脂質でも、
身体の中での働きが違ってきます。

そういった意味からでも脂質は食材を選んで、
なるべく不飽和脂肪酸を選ぶようにしたいものです。

 

そして、不飽和脂肪酸の脂質であっても、
注意したい点があります。

 

時間のたった脂質が変質し、酸化した過酸化脂質は、
体にとっては有害な物質になります。

過酸化脂質をとると、肝臓は有害物質の解毒のために、
必要以上の負担を負うことになります。

 

また肝臓機能が低下していると、
十分に解毒できないこともあります。

 

古い油や使い古した油、賞味期限を過ぎたスナック菓子、
油で揚げたインスタントラーメンなどは

時間がの経過から過酸化脂質に変化していることが
考えられるので避けるようにしましょう。

 

肝臓をいたわる為にも、脂質の摂取量や
摂取する時の状態などについては、気を配りたいものです。

スポンサードリンク
  • 2016 09.24
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp