血圧を下げる足を使った運動で比較的短期間で下がる!?石原結實先生の話

この記事は3分で読めます

2016y02m04d_142606951

 

血圧140/90以上の高血圧になっている人が
日本全国で、約4000万人いると言われています。

高齢化社会が本格的になるにしたがって
さらに増加し、50歳以上では、2人に1人から
さらにその率があがることが予想されています。

スポンサーリンク

動脈硬化の進行から、脳卒中、心臓、腎臓病などの
リスクを下げるためには、若い頃から高血圧にならないように、
生活上の工夫を行うことが大切になってきます。

 

今朝の生島ヒロシさんの「おはよう一直線」には
石原クリニック医院長の石原結實先生が出演、

「足で血圧が下がる」というテーマで
具体的な運動方法などを交えてお話をされていました。

 

 

石原結實先生の話はココから・・・・・・・・・・・・

 

血圧が高い人が多いですが、
今日のお話”足で血圧が下がる”ということは
どういうこですか?

 

ちょっと意味がわかりにくいと思いますので、
説明しますね・・・・・・

50歳を過ぎますと、お尻と太ももの筋肉が衰えて
下半身が細くなりますよね。

この頃から、腰や膝の痛みが出始めるんですね。

 

他にも、高血圧、糖尿病や心臓病など
内科の病気が、はじまってくることがが多くなるんですね。

 

というのは、体重の40%を占めている筋肉が、
一番、基礎代謝が旺盛なところなんです。

ですから、筋肉量が減りますと、
代謝が低下しまして、糖とか脂肪とかコレステロールの
燃焼、排泄が悪くなって、

脂質異常症や糖尿病になるんですね。

 

その結果、動脈硬化や高血圧が起こってきます。

 

逆に筋肉を動かしますと、
こういった病気が防げる他にも、

筋肉の毛細血管というのがいくらでも増えてくるんですね。

 

そうすると心臓から血液を送り出す時の圧力、
末梢部の抵抗が減りますね。

ということは血圧が下がるということなんですね。

 

もう一つは、筋肉を動かしますと、
血圧を下げる物質のプロスタグランディンとか
タウリンがたくさん、産生されます。

ですから、体の70%を占める
足とかお尻の筋肉を動かすことによって、

血圧が下がりやすくなるわけですね。

 

具体的には、どういった運動をすると
下がりやすくなるんですか?

 

わりと簡単なんですけどね。

下半身の運動が中心ということなんですけど。

スポンサードリンク

 

まず、一番目は、腰かけ、足踏み運動。

これは、座った状態で、
両腕を前後に振りながら、膝を上下に動かします。

足先の指で、床をかるくける感じで
やるといいですね。

 

この運動、歩いたり、立ったりすることが
難しいと感じる人は、最適な下半身の訓練になります。

2分間を目標にやられるといいと思います。

 

次は、手足ブラブラ運動と言いまして、

家事をやりながらでもできますのでオススメです。

まず、軽く足を開いて立ってください。

 

そして、両肩の力をぬいて、
両手をブラブラさせておいてください。

目標は、50~100回です。

 

そのあとに、片足で立ちまして、

片足ずつ、力をぬいてブラブラさせるんですね。

これも、50~100回ですね。

 

そうすると手とか足の血液が
心臓の方に戻ってきますので、

これも、全身の血流を良くして、血圧を下げてくれますね。

 

体がふらつく人は、壁に手をあてて
体を支えながら行ってもいいですよ。

 

仰向けになって、行ってもOkです。

 

最後は、カーフレイズ(ふくらはぎを上げる)です。

簡単にいうとかかと上げ運動なんですね。

 

これ、通勤電車のなかでもできますので重宝ですね。

両足を開いて、背筋を伸ばして立ちます。

 

手は、腰にあてるんですけど、

電車のなかでは、片手はつり革、片手は腰にあてて、

その場で、かかと上げ運動を
約10回やられて、少し休みを入れてということで
それを5~10回ほどを繰り返し行います。

 

ご存知のようにふくらはぎは第二の心臓と言われます。

この運動をしますと下半身の血液が
心臓に戻ってくるのを助けてくれますから、

心臓の働きを良くしたり、
血圧を下げたりするのに非常に有効です。

 

血圧高くて、お薬を飲んでる方がいますが、
こういう運動をしますと
薬の飲む量が減ってきたりするんですか?

 

そういう人はたくさん、いらっしゃいますよ。

やはり、下半身の衰えが、
高血圧の大きな要因の一つになっています。

 

 

石原結實先生の話はココまで・・・・・・・・・・・・

 

 

高血圧は、生活習慣病です。
良い習慣を普段の生活の中に組み込むという
意識が大切です。

石原先生のオススメの運動を取り入れて、
少しでも体を動かす習慣を身につけたいものですね。

継続は力なり!

スポンサードリンク
  • 2016 02.04
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015y10m02d_095125808
  2. 2016y01m24d_145247962
  3. 2016y02m28d_105350044
  4. 2015y10m15d_140103414
  5. 2015y08m10d_190439697
  6. 2015y07m19d_100334194

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp