健康寿命を伸ばして介護予防!運動器障害を防ぐことがカギ・鈴木章先生の話

この記事は2分で読めます

2016y02m08d_103204463

 

体の衰えは、若い頃にはなかなかわからないものです。

40代を過ぎて、50代になってくると
ちょっとした運動から、体力の衰え、
特に筋力の衰えなどをヒシヒシと感じるものです。

長生きしても、人に世話になってばかりでは
生きがいというのもなくなってしまいますね。

スポンサーリンク

健康で、元気に長生きであることが望まれるところです。

 

今朝の生島ヒロシさんの「おはよう一直線」には、
服部学園食品学教授、鈴木章先生が出演、

健康寿命について、特に運動器障害を防ぐ為に
大切なことなどをお話されていました。

 

 

鈴木章先生の話はココから・・・・・・・・・・・

 

日本人の平均寿命、明治時代は40歳代と
言われていましたが、今では、80歳になっています。
これと合わせて健康寿命が重要ですよね。

 

健康寿命とは、健康上の問題がなく、
日常的に介護を必要としないで、自立した生活を
おくれる期間ということになりますよね。

日本人の場合、健康寿命から平均寿命を引き算すると
男性で9年、女性で13年もの差があります。

 

簡単に言うとこの間、
どなかたに面倒をみてもらわなければならない
期間ということになりますね。

 

その期間が短ければ短いほどいいですね!
健康寿命が損なう原因にはどんなものがありますか?

 

原因として多いのは、運動器障害ですね。

運動器とは、体を動かすための
筋肉、骨、関節、軟骨、椎間板や神経です。

 

この運動器の障害によって、

立つ、歩く、座るといった機能が
低下した状態のことをロコモティブシンドローム、

運動器症候群と言い、
通称、ロコモと呼ばれているわけです。

 

ロコモという言葉がよく聞くようになりましたが、
何に気をつければいいでしょうか?

スポンサードリンク

 

まずは、運動や普段の生活によって、
筋肉、骨、軟骨などに、適度な負荷をかけることですね。

 

軽いストレッチやウォーキングを
習慣にすると良いと思いますし、

片足立ちだとか、スクワットも
オススメということになります。

 

それから、食生活の面では、
骨と筋肉の強度を維持する栄養の摂取が必要です。

 

骨といえば、カルシウムですね。

カルシウムの摂取は不足していますので、
食べ物からシッカリ摂らなければならない栄養素です。

 

牛乳、チーズ、小魚、海藻、納豆、
そして、豆腐、緑黄色野菜に多く含まれます。

また、ビタミンDを一緒に摂りますと
腸でのカルシウム摂取効率が非常によくなりますから

オススメということですよね。

 

特にビタミンのDは、きのこ類に多いですが、
太陽に光を浴びることで体内でも
合成できますから、

ランチがてらに日中に散歩しますと
運動にもなって、ダブル効果で、よろしかと思います。

 

さらに、骨と筋肉、その両方の材料となるのが
タンパク質ということで、

何度も紹介しましたとおり、
肉、魚、卵、大豆製品に多く含まれています。

 

動物性のタンパク質には、体内で合成できない為、
必須アミノ酸がバランスよく含まれていますので、

特に高齢者の方は、肉や卵などの摂取量が少ない
低栄養の傾向がありますから、

積極的に摂るようにしていただきたいと思います。

 

高齢者の場合、肉や卵を
敬遠してしまう傾向が強いようですから

カラダづくりの原点としてタンパク質は
基本的にシッカリとることは大切なことだと思います。

 

 

鈴木章先生の話はココまで・・・・・・・・・・・

 

鈴木先生の基本となるお話はいつも変わりません。

大切なのは、如何にいい習慣を
生活の中に取り入れるかということですね。

是非、できるところから実践するようにしましょう。

スポンサードリンク
  • 2016 02.08
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2014y07m10d_111216228
  2. 2015y04m19d_113139856
  3. 2015y10m25d_144400269
  4. 2014y08m21d_075428095
  5. 2015y07m13d_093809496
  6. 2015y12m05d_151053851

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp