運動習慣を取り入れて筋肉を増強しアンチエイジングホルモンの分泌量を良くしよう!

この記事は3分で読めます

2016y02m10d_111748820

 

運動は健康的な生活を送る上で大切なことです。

ただ、頭では、大切だと分かっていても
日々の生活の中で積極的に取り入れて、

実践している人は少数派というのが現状でしょう。

スポンサーリンク

運動を行えば、筋肉を鍛えられると同時に、
アンチエイジングホルモンの分泌をよくしてくれる為
さまざまなメリットをもたらしてくれます。

 

運動がもたらしてくれるメリットを考えよう

 

運動は体内のホルモン分泌に影響を与えます!

 

ハーバード大学などの研究データによると、
運動を生活の中に取り入れいてる人は、

成長ホルモンやテストステロン、DHEAなど
若さを保つのに大切な働きをする

アンチエイジングホルモンの分泌が明らかに
高値を示しています。

 

 

成長ホルモンは、文字通り、骨や筋肉を成長させるホルモンで、
特に成長期の子供にとっては大切なホルモン。

また、成長ホルモンは大人になっても作られ、
筋肉や骨を作ったり、

 

栄養を体の組織に変換したり、
血糖値をコントロールしたり、

夜中に行われる細胞のリニューアルの
スイッチともなる大切なホルモンです。

 

人の体を若々しく保つためのさまざまな
役割を果たしています。

まさにアンチエイジングホルモンと呼ばれるものです。

 

 

さらに、成長ホルモンは肝臓を刺激することによって、
IGFー1という物質を分泌させます。

IGFー1は加齢とともに減少してしまうことが知られ、
老化の度合いを示す一つの指標としても用いられる因子です。

 

 

IGFー1は脳内の記憶に関係している
海馬の神経細胞を増殖させます。

海馬は大脳辺縁系の一部で、小指大の組織です。

 

海馬の神経細胞が増えると
記憶力が増強されると言われています。

ちなみに、認知症の人は、この海馬の萎縮が
顕著に見られるということですね。

 

運動は、筋力アップに、アンチエイジング、
そして、記憶力の向上など、脳の働きもアップさせる
ことになるわけです。

 

 

筋肉をつけると、食べても太りにくい

運動は、ダイエットへの最短コースへと導いてくれます!

 

習慣的に運動を行うことで、
ただ、体重を減らすだけではなく、

魅力的ダイエットができるというわけです。

スポンサードリンク

 

その理由は、運動を取り入れることにより、
バランス良くカロリーが消費されるばかりか、

あなたの体内でたくさんのアンチエイジングホルモンが
作り出されるようになるからです。

 

また、運動で適度に筋肉をつけると
筋肉によりカロリーが消費され、
食べても太りにくくなるという良い循環が生まれます。

 

要は、基礎代謝がアップしてくるわけですね。

 

 

筋肉は安静にしていても
エネルギーを消費する性質を有するため、

安静時の代謝率が上昇してくることから
やせやすい体質になるということです。

 

反対に運動しないで食事量を減らしても
本来体が必要としている
ビタミンやミネラルが大幅に不足してしまうことにつながり、

次第に全身の筋肉が萎縮してしまって、
脂肪の比率も増え、結局のところやせにくい体質へと
変わっていくわけですね。

 

 

日頃から運動を習慣にして
積極的に筋肉を使っていける生活が大切になります。

 

30歳以降の女性の場合、
女性ホルモンの分泌がピークを過ぎてくるため、
普通にしていても筋肉量が減り出し、

同時に基礎代謝も低下します。

 

 

気が付くと、食べても太らないと
思い込んでいた体質から、

自然と食べたものがすべて脂肪になるくらい、
脂肪がつきやすい体質に変わってしまうこともあります。

 

さらに運動不足のために
アンチエイジングホルモンを不足していると状態で、

不自然にカロリー制限だけでやせようとすると
肌はあれ、全身的なプロポーションも
不自然となってしまいます。

 

たとえやせることができたとしても数字上だけで、
見た目は全く不健康で、
美しくなってしまうということです。

運動習慣のない人は、まずはできるところから・・・

 

 

 

日常できる筋肉増強の動きを実践しましょう。

 

まずは、歩くことと立つことを意識する
なるべく、階段を使用、

1日5分でも10分でもいいので
毎日継続して続けることが大切、

 

休みの日は部屋からでて屋外で過ごす、
運動後のストレッチを忘れないこと、

運動のあとに、ストレッチを行うようにすると
血流が良くなり、筋肉痛の原因になっている
乳酸を再び、心臓に送りだす効果があります。

 

学校時代は、授業の中に
体育の時間がありましたが、

社会人になると、自分でスケジュールを組んで
取り入れるしかありません。

 

まずは、小さな一歩から
踏み出すことをはじめましょう

スポンサードリンク
  • 2016 02.10
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015y06m02d_105242900
  2. 2016y03m01d_120634093
  3. 2014y07m09d_091600788
  4. 2015y09m10d_145126143
  5. 2014y08m02d_093144675
  6. 2015y08m02d_113544456

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp