リンパの流れを良くするには?リンパを知って運動・食べ物・リンパマッサージの実践を

この記事は3分で読めます

 

体の中に溜まった老廃物を排泄するには、
血液の流れとともにリンパの流れも良くしましょう
ということが言われます。

血液サラサラ効果を謳った健康食品なども
多くあって、血液の流れについては、
関心が大分高まっている感じがありますが、

スポンサーリンク

リンパの流れを良くすることを実践している人は
まだまだ、少数派かもしれません。

 

しかし、リンパは、排泄機能と免疫機能という
とても重要な役割を担っているものです。

 

 

リンパについて・・・

 

リンパは血液中の液体成分である血漿が、
毛細血管の壁から毛細リンパ管へとにじみでたもので、
アルカリ性の黄色い液体です。

リンパは、全身の毛細リンパ管よりリンパ管へと
タンパク質などの栄養分や老廃粒を
集めながら集まってきます。

 

リンパ管は70%が皮膚組織にあって、
静脈にからむような形で全身に張り巡らされ、
リンパ節、リンパ本幹へと流れます。

 

毛細リンパ管の壁は
毛細血管壁の透過性より大きいため、

細菌、がん細胞などの病原体も
リンパ管の方へ通っていきますが

途中のリンパ節でリンパ球に捕まえられてしまい、
処理されることになります。

 

リンパ節は網状の皮質とリンパ細胞からなっていて
リンパ液のろ過、リンパ球成熟、
抗体産生などの役割を果たしています。

主なリンパ節は頸部、脇の下の腋窩(えきか)
鼠径部、腹部、などに集中。

細菌やウイルスに感染した時に
これらのリンパ節が腫れてくるのは、
リンパ系の免疫細胞による働きによります。

 

一見、地味な感じのするリンパですが、
このように体にとって大切な役割を果たしているわけですね。

リンパ液は普段は、とてもゆるやかに流れています。

 

血液のように心臓のポンプ作用によって流れるのでなく
筋肉の収縮、弛緩運動、呼吸や動脈の拍動、腸管の運動、

外から加えられた圧力などに流れます。

 

じっとしていると手足のリンパの流れは
ほとんどなくなってしまうため、

適度な運動がリンパの正常な流れを作り出すのに
不可欠と言えます。

 

リンパ系の動きが滞ってしまうと、
全身からリンパ管の中へ集められてきた
老廃物、有害物や不必要な水分が

リンパ管の中に溜まってしまい、
体内に蓄積した状態となってしまいます。

スポンサードリンク

 

このような状態を放置すると、
むくみが出てくるようになり、さらに全身の免疫機能が
低下し病気にかかりやすくなるわけですね。

 

リンパの特徴を考えていくと
リンパの流れを正常に保つためには
適度な運動と腹式呼吸が必要なことがわかります。

そして上手な”リンパマッサージ”が効果を発揮します。

 

運動は、ちょっとしたウォーキングなどでも
十分にカバーできるので、

日常生活で、適度な運動を取り入れる意識を持てばOK

 

ただし、通勤が車で、
しかも事務仕事で1日中動かない人や

長時間のフライトの時などは、
意識的に体を動かしたり、マッサージを取り入れたりする
ことが必要です。

 

一人でできるリンパマッサージ

 

 

ちなみに、米国ではリンパの流れを改善する目的で
トランポリンがすすめられています。

トランポリンは無重力のような状態で、
体を動かすことになり、それによって、リンパの流れを
とてもよく改善できます。
2016y02m13d_104113433

もし、身近でトランポリンをできる場所がある人は、
是非、取り入れてみるといいですね。

 

また、リンパは、血管系と関係しながら動いているので、
血液の流れを良くすることも大切です。

 

 

そういう意味でも1日2リットルを目安とした
適切な水分補給と、血液をきれいにする
バランスのよい食事が大切になってきます。

俗に言われる、血液サラサラ状態を意識した
取り組みが、リンパの流れにも影響を与えるというこです。

 

 

適切な食事、運動とともに行う
リンパマッサージは、体本来の機能を有効に
利用したデトックスにつながり、

体質の改善にもつながります。

 

なので、血液の流れと同様に、リンパの流れを
意識した、生活習慣をつくってみるようにしましょう。

スポンサードリンク
  • 2016 02.13
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp