うつは季節の変わり目(春秋)に起こりやすい?日照時間と気温の変化が体に影響を

この記事は2分で読めます

2016y02m17d_102923891

 

秋口と春先は、心と体のバランスが
自然と乱れてくるので注意が必要と言われています。

うつにもなりやすい季節です。

昔から、季節の変わり目は体調には
「十分注意をしましょうね!」といわれていました。

スポンサーリンク

体の仕組みで興味深いところですが、
日照時間の体のリズムが気温のリズムより
1ヶ月以上進んでいると言われています。

 

日照時間は、夏至の日が最も長くなり、
冬至の日に最も短くなります。

一方、暑さのピークは8月上旬頃ですが、
寒さのピークは2月上旬(大寒・節分の頃)に訪れます。

 

 

日照時間と気温のズレが心と体のバランスを乱します。

 

特に問題になるのが、秋口と春先!

春先は日照時間が長くなってくるので、
脳は活動モードに切り替わっていきますが、

気温の方は、まだまだ低い日が続くため、
体の方はその変化に追いついていけません。

 

自然のこうした影響を受けて
心と体のバランスが崩れてしまうことがあります。

自律神経のバランスが崩れ
さまざまな不調がでてきやすいのも
この時期です。

 

一方、秋口にも注意が必要です。

秋口は、残暑ということもあり
気温が高いので、体は活動モードになったまま。

 

逆に、秋のつるべ落としと言われるくらい
日照時間は急に短くなるので、
脳は冬モードに急いで切り替わろうとします。

 

その為、夏のライフスタイルに
心の切り替えが間に合わずに

憂うつな気分になりやすいのがこの時期の特徴です。

 

また、ここ数年の、異常気象?の影響もあって
心身のバランスを崩し、

理由がハッキリしない体の不調を
訴えている人が増えているとも言われています。

 

秋は芸術をたしなむ人にとってはいい時期です。

季節柄、寂しくなるような音色が心に染みるのも
こうした心と体のギャップが関係しています。

 

芸術に感動するのは良いとしても、
気をつけなければいけないのが季節性うつと
呼ばれる症状です。

スポンサードリンク

季節性うつは、正式な病名ではないですが
うつ病の一種としてよく知られています。

 

これは秋に発病し、冬の間中、
気分がすぐれないの一般的な症状です。

こうした症状は春になると自然に解消していきます。

 

季節性うつ病は、北海道など緯度が高い地域で
多く発病します。

1日の日照時間が秋に短くなるのが原因ですから

夏と冬の日照時間の格差が
大きい地域に発症しやすいわけですね。

 

また、未だ、その原因については
ハッキリしていませんが、季節性うつは、
女性に多いという特徴もあるようです。

 

 

季節性うつは日照時間の減少によって、
もたらされるものなので、そ治療法としては
高照度光療法が有効と言われています。

 

 

高照度光療法について詳しく説明している
光療法の総合サイト

うつ病はリズムの病気である。その場合にはいろいろな身体機能のリズムに位相の前進が見られる。一方、睡眠と覚醒のリズムは位相が後退している。それが、この病気の本態であるという考えももっている研究者は結構多い。うつ病に対する光療法は、この位相のずれを正すという目的のために試みられている。

光療法あるいは光パルス療法とよばれるうつ病の治療法は、早朝二時間か三時間、1500ルクス~5000ルクスまでのかなり明るい白色光を照射する方法である。何本もの蛍光灯の前で安静にしているのである。病院によっては、その間本を読ませているところもある。こうすると、ずれていた覚醒・睡眠のリズムの位相がしだいに前進して、症状が改善するという。

引用元:光療法の総合サイト

 

 

季節性うつは、季節の変化が原因になっていますが
治療が必要なれっきとした病気です。

 

心身のバランスが整ってくるのであれば
問題ないとは思いますが、

そのまま、バランスがとれないまま、
本格的な、うつに移行してしまうことも

無きにしも非ずです。

 

放置しないで、医療機関で受診するようにしましょう。

スポンサードリンク
  • 2016 02.17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016y04m27d_150423971
  2. 2015y08m01d_143750828
  3. 2015y10m12d_114133171
  4. 2015y11m29d_090240578
  5. 2015y09m19d_184639437
  6. 2015y06m24d_085958147

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp