心室中隔欠損症の症状と対処法・冠攣縮狭心症の診断等、天野篤先生の話

この記事は4分で読めます

 

心臓は、60兆個ある全身の細胞に、
酸素と栄養素の富んだ血液を送り出す大切な臓器。

1日24時間、休まず収縮と拡張を繰り返し
命を維持するべく、懸命に働いてくれています。

不適切な生活習慣を何年にもわたって
続けていると、さすがの心臓もSOSのサインを送ってきます!

スポンサーリンク

循環器系の要である心臓は、
黙って働いくれているだけに、日頃から
大事にケアをしていく必要がありますね。

 

 

今朝の生島ヒロシさんの「おはよう一直線」には
順天堂大学医学部心臓血管外科教授
天野篤先生が出演し

心臓Q&Aということで、リスナーから寄せられた
心臓トラブルに関する質問に、答えていました。

 

今朝の生島ヒロシさんの「おはよう一直線」には
順天堂大学医学部心臓血管外科教授
天野篤先生が出演し

心臓Q&Aということで、リスナーからの
心臓トラブルについて、答えていました。

 

天野篤先生の話はココから・・・・・・・・・・・・

 

秋田にお住まいの匿名希望69歳女性です。

去年の5月僧帽弁が壊れています。
ステージ3と言われました。
手術でよくなるのでしょうか?

薬は、血液を固まりにくくする薬を飲んでいます。

先月24日、鼻と口から出血があり、
僧帽弁が壊れているので出血するのでしょうか?

毎朝、喉と口から出血があります。
他の病気があるのか心配です。

 

多分、これはですね。
血液をサラサラにする薬を飲んでいるということは、

僧帽弁の逆流からの心房細動が
合併していると思うんですね。

 

心房細動を合併して、さらに血液検査のなかで、
腎臓の機能の数値が高いとか
肝機能の数値が高いとすると

サラサラにする薬の効果が不安定になるので、
それによって、微出血が起こっているのではと
思われます。

 

ですから、主治医の先生に、
薬の量の調整を、考えてもらうようにしてもらうとか

通院を1ヶ月に1回だったとすれば、
2週間に1回にするとか、こまめに行って、安定するまで
シッカリ通うということですね。

 

安定したあとは、こういったことは
なくなってくると思います。

他の病気があるかどうかについては、
違う検査をしないとわからないんですが、

少なくとも心臓の病気が非常に悪くて、
こういうことが起きているということでは
ないと思います。

 

 

新潟県新潟市の匿名希望の女性です
私の主人は心室中隔欠損症で、
16年前から、血圧を下げる薬を毎朝飲んでいます。

現在は症状は見られず、
日常生活に困ることはないのですが、

春から秋に、二人で山登りをしていますが、
このまま、薬を飲むだけでいいのでしょうか?
主人は、現在52歳です。

 

心室中隔欠損症というのは、わりと
小児期に手術をする病気なんですよ。

自然に閉じる方もいるんですけど、

自然に閉じるというのは元々、穴が小さくて、
成長の過程のなかで、閉じてくるということで、

 

この方、52歳になっても
心室中隔欠損で開いたままということは、

右と左の心臓の交通の逆流量が少ないにしても、
血液の乱流ができているので、

 

例えば、抜歯などをきっかけに、
感染性心内膜炎という状態を起こすことが
ありますから、

一度、全身の免疫力とか、
心臓を超音波で、穴がどのくらいの大きさがあるとか

 

調べて、現状で、手術で対処する必要があるのか
カテーテルの穴を塞ぐ必要があるのかなど、

検査して、検討してもらったほうがいいと思いますね。

スポンサードリンク

 

抜歯などは気楽に考えてはいけないんですね?

 

特に糖尿病があったりとか
アトピー性皮膚炎があったりする人は、

抜歯したあとなどにブドウ球菌が
入りやすいんですね。

 

ブドウ球菌というのは、心臓の弁だったり、
穴の部分などに付くと

非常に悪さをするようになります。

 

潰瘍をつくったり、
バイ菌の塊がちぎれて、脳の血管につまったりなど

そういうことを起こしますので、
要注意ですね。

 

歯医者さんは、その辺りの知識は
当然、持っていらっしゃるんでしょうね?

 

持ってて、治療をされている方が
ほとんだと思いますが、

心臓に病気があるんですと言った時に、

うちで見れないから、
すぐ、紹介状を書いてもらってくれって

門前払いのような返答する人は、
あまり、勉強をしていない人ですね。

要注意だと思います。

 

 

山梨県韮崎のたね子さん、79歳
10年程前から、狭心症の症状があって、
薬を処方されています。

症状は、早朝に多くでて、
まず、喉が苦しくなり、次に耳の奥が
押さえつけられるような違和感に襲われ

血管を広げる薬を一錠服用しますと
10分足らずでおさまります。

こういう薬は、今後使用続けて大丈夫でしょうか?
症状が出る回数は1年間で5~6回です。

 

これは、恐らく冠攣縮狭心症といって、

心臓の栄養血管の冠動脈が、
何らかの刺激、寒冷刺激であることがおおいですが、

ギューッと血管が縮んで、
狭心症を起こした状態だと言えます。

 

年に5~6回、血管拡張剤、
ニトログリセリンだとか、

あとは、シグマートという薬だと思いますが、
そういう薬で改善しているということは、

そのまま、経過を見て大丈夫だと思います。

 

さらにこの方が、血管造影を受けて、
動脈硬化で狭いところがないよということを
言われていれば、より安心だと思います。

 

 

蓮田市のヒロシさんから77歳
2年前ゴルフ場で、カートを追いかけ、

坂道を少し登った時、普段感じない息切れをして、
翌日、病院で診てもらいました。

診断の結果、不整脈、心房細動
慢性心不全と言われました。

今は、2種類の高圧利尿剤と
心臓の働きを改善する薬、抹消血管を広げる薬を
飲んでいます。

薬のおかげで、血圧は上が100以下
下が60以下、昼過ぎには、
30分をしないうちにトイレにいきます。

前立腺肥大で頻尿に悩まされています。

 

これは、心房細動が原因で
こういった病気になっていると思うのですが、

今の治療は正しい治療です。

 

血圧は、低い状態でコントロールをしておけば、
心臓への負担が減りますので、

ただ、こういうふうに薬の副作用が
出ているようであれば、
少し、薬の調整をしてもらわないといけませんよね。

 

あとは、無理はしないということで、
連日、ゴルフをするとか

あとは、時差のあるような外国に、
しょっちゅう出かけるとか、
そういことは避けておいたほうがいいですね。

 

天野篤先生の話はココまで・・・・・・・・・・・・

 

 

長生きに欠かせない心臓力!

ある程度の年齢になったら、
運動に、食事に、様々な生活習慣において、
心臓に負担をかけない為の注意が必要です。

スポンサードリンク
  • 2016 02.18
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp