コーヒーを1日3~4杯飲む事の健康効果!認知症にトリゴネリンという有効成分

この記事は3分で読めます

 

目覚めに一杯のコーヒーを飲む!
カフェインが適度な刺激を与えてくれて、

寝起きの頭をスッキリとさせてくれます。

最近では、様々な研究機関により
コーヒーに含まれる成分の健康効果について
データが発表されるようになりました。

スポンサーリンク

適量であれば、体を良い状態に保つのに
数多くの恩恵を受けることができるようですね。

 

 

今朝の生島ヒロシさんの「おはよう一直線」には
服部学園食品学教授の鈴木章先生が出演、

 

昨年、国立がん研究センターが発表した
緑茶やコーヒーの健康効果に関連するデータに基づいて

毎日、食後にコーヒーや緑茶を飲むことの
恩恵についての話をされました。

 

 

鈴木章先生の話はココから・・・・・・・・

 

緑茶を飲むと体にいいというイメージが
昔からあったと思いますが、
研究結果が発表されたんですよね?

 

昨年の5月に国立がん研究センターが
緑茶やコーヒーを飲む頻度と死亡リスクに関係する
調査結果を発表しました。

 

調査の結果はですね。
緑茶を1日5杯以上飲む人の死亡リスクは

ほとんど飲まない人と比べて、
男性で13%、女性で17%低く、

 

コーヒーの場合は、1日3~4杯飲む人で、
全く飲まない人と比べて、
24%低いことが判明したということです。

 

コーヒーはがん予防に効果があるといわれていますね!

 

ただし、今回の調査では、
コーヒーの摂取量とがんの死亡リスクには、
明確な関連は見られなかったということなんですが、

一方で、1日3~4回飲む人は、
ほとんど飲まない人と比べて、

 

心臓疾患、それから、脳血管疾患、
呼吸器系疾患の病気で死亡するリスクがそれぞれ、
4割程度低かったという

こういう結果が出ています。

 

飲みすぎてもいけないでしょうけどね?

 

もちろんですね。
ですから、3~4杯ぐらいまでが、一応適切だ
ということが調査ででているわけですね。

 

よく言われますが、緑茶、コーヒー、
どういう成分が影響しているんでしょうかね?

 

コーヒーの場合は、カフェイン、
それから、クロロゲン酸ですね。

スポンサードリンク

緑茶の場合は、カテキン、

両方ともポリフェノール系の物質なんですけど。

 

この二つには、血圧の調整による
降下作用ですね。

それから、血糖値の上昇を抑制する改善効果

さらに、体内の活性酸素を除去する
抗酸化作用があるということが言われています。

 

これらの効果が、よい影響をもたらしていると
考えることができると思います。

それから、緑茶の摂取と女性の外因子

つまり事故などに合われて、
亡くなられるケースですけれど、

このリスクの低下にも限定的ではありますが
関連性が指摘されています。

 

これにつきましては、緑茶に含まれる旨み成分の、
テアミンというこの成分が、

認知能力や治癒力の改善に、
影響しているのではないかと言われていますが、

ハッキリとした因果関係はわかっていないんですが、

 

ただし、テアニンには、
精神安定作用の働きがあると言われています。

 

いずれにしても、食後に緑茶やコーヒーを飲むことを
是非、習慣にしていただきたいと思います。

そのゆとりが、病気を遠ざけることに
つながるとかと思います。

 

 

鈴木章先生の話はココまで・・・・・・・

 

 

普段から、緑茶やコーヒーを習慣的に
飲んでいる人にとっては、嬉しい話ですね。

 

ちなみにコーヒーには、カフェインや
クロロゲン酸意外にも

認知症に効果がある成分についても
いろいろとわかってきています。

 

その一つが生豆に含まれる
”トリゴネリン”という成分です。

この”トリゴネリン”が神経細胞を活性化させる
働きを持つことがわかってきています。

 

また、新たな情報伝達の回路を作ることも
数年の実験で、解明されています。

 

ただし、トリゴネリンはすべてのコーヒーに
入っているものではなく、熱に弱い性質のため

焙煎後のコーヒー豆には
ほとんと失われているということです。

 

最近では、トリゴネリンだけを事前に抽出し
焙煎後に有用成分を後から混ぜる製法をとることで

トリゴネリンを含んだコーヒーとして
販売しているものも出てきています。

 

コーヒー党で、物忘れが気になる人は、
一回分だけでも、トリゴネリンを含んだコーヒーを
飲むようにするのもいいかもしれませんね。

 

お値段は、1ヶ月3000円~4000円程。

スポンサードリンク
  • 2016 10.12
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp