乳がんの原因に砂糖の摂取が?炎症を起こし肺に転移へ・白澤卓二先生の話

この記事は3分で読めます

2016y02m26d_110738826

 

体が疲れた時に、適量の甘いものであれば、
心も体も癒されるのでしょうが、

やはり、摂り過ぎてしまうと
身体にとっては、かなりの負担になってしまうようですね。

スポンサーリンク

砂糖の摂り過ぎは、糖尿病との関係を
連想してしまいまいますが、それだけでなく、
がんとの関わりも見逃せません。

 

今朝の生島ヒロシさんの「おはよう一直線」には
白澤抗加齢研究所所長の白澤卓二先生が出演、
最新の医学情報についてお話されました。

アンチエイジングには、日本食という話や
砂糖をとると、肺に転移しやすくなるなど興味深い
話がありました。

 

 

白澤卓二先生の話はココから・・・・・・・・・・・

 

昨日の毎日新聞の夕刊に、
夕食が睡眠の質に影響しますよ!という
記事が載っていましたね。

 

睡眠は、時間だけの問題だけではなくて、
質、いい睡眠が取れるかどうかというのが重要なんですけど

なんと、夕食に何を食べるか?ということが
重要だということがわかりました。

 

あまり、甘いものを食べると
深い睡眠に入れなくなるということがわかったんですね。

 

だから、食物繊維が重要で、甘さを控える
日本食ですね。

これが良いってことが見直されたんですね。

 

夜は、デザート食べたいなら早めに食べておく
ということですか?

 

そうですね。
デザートは早めに食べ終わってしまうほうが
いいんじゃないでしょうかね。

 

先生は多趣味でフルートを吹いているそうですね。

 

私は、50から始めたんですね。

音楽好きということもあるんですけど、
肺のアンチエイジングに良いというポイントがあるんです。

 

年をとってくると特に40後半くらいからは、
気管支がだんだんつぶれてくるんです。

だから、最後まで吐ききれなくなるんですね。人間てね。

 

これは、肺の構造がかわってくるんですけど、

トレーニングをすると
気管支がつぶれなくて済むんですよ。

ゆっくり、ゆっくり吐くという
このトレーニングが非常に重要なんです。

 

フルートは吐く方を、ゆっくり、ゆっくり
音をズーッと長く保つように、訓練されるので、

肺のアンチエイジングになるんですよね。

 

あと、ポジティブシンキングが
健康長寿につながるということですが?

 

これ、調査をすると
自分が幸せだと答えた人は、自分は不幸せだと
答えた人よりも、

なんと、9.4年も長生きするという
調査結果が出ているんですよね。

スポンサードリンク

 

女性は、非常に細かいところがあるから
いろいろな事を気にし過ぎて、
ネガティブになってしまうと・・・・?

 

自分が幸せだと感じている人の方が
どんどんどんどん、前向きのことを考えるわけです。

自分が不幸せだなっと思っていると
ネガティブな面がばかりが見えてしまうという
ことなんですね。

ですから、人生にもかなり大きな影響を
与えるということなんです。

 

学歴コンプレックスなどないだろうという
例えば、東大に入っいる人なんですけど、

医学部行きたかったのに、行けなかった
それだけで、悔しくてひきずっている人いますね?

 

引きずる人いますよね!
そういう人は、短命に終わってしまうかも・・・

切り替え重要ですね、
ポジティブに切り替えていくことです。

 

 

乳がんに原因に砂糖があるということを聞いたんですが?

 

これは、結構、驚きのデータで、
アメリカのテキサス大学のデータなんですね。

ネズミを使った実験ではあるんですが、

乳がんが肺に転移するモデルを使って、
どんどん、どんどん砂糖を摂取させたんですね。

 

そうすると転移巣が非常に増えて、

その理由というのをいろいいろと解析すると

砂糖ががん細胞に炎症を起こさせていた
ということがわかったんです。

 

がん細胞は炎症が起きてくると
肺に転移しやすくなるんですね。

だから、乳がんで治療する人が最近、非常に増えまして、
甘いものを凄く食べたくなるんですね。

 

それは、がん細胞が甘いものを
求めているということなんですよ。

何ががん細胞に起きているかというと
炎症を起こしているんです。

炎症を起こすと、転移しやすくなるということが
わかったんですよね!

 

甘いものがやたらに欲しくなっている時には、
気をつけた方がいいですね・・・・

 

あとがん細胞は、

お味噌が嫌いらしいということですが?

 

そうなんですね。
ですから、お味噌をよく食べている人には、
乳がんの人が少ないんですけど

これは、女性の乳がんだけでなく、
男性の前立腺がんも少なくなるんですよね。

男性も女性もメリットがあるということなんです。

 

 

白澤卓二先生の話はココまで・・・・・・・・・・・

 

 

精白した砂糖の害については、
以前から、いろいろなところで言われています。

吸収が良すぎることから
血糖値の急上昇を招き、それが低血糖症の
引き金になることや

東洋医学的には身体を必要非常に
冷やしてしまうことなど、様々です。

 

適量を黒砂糖で摂るか
甘味が欲しいなら、羅漢果を利用するのも
いいようですね。

スポンサードリンク
  • 2016 02.26
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015y02m24d_151221634
  2. 2015y09m29d_195603251
  3. 2015y08m24d_194543046
  4. 2015y08m28d_120134891
  5. 2015y12m08d_110104458
  6. 2015y07m10d_093352073

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp