冷え対策・体の冷えを助長する飲み物を避ける事と鼻呼吸への切り替えを

この記事は2分で読めます

 

冷えは万病の元と昔から言われているくらい

恒温動物としての人間の体は、
ある一定の温度がないと、正常に働いてくれません。

極力、体は冷やさないことが大切なのですが、

スポンサーリンク

気づかないうちに体を冷やしてしまうことを
日常生活の中で行っている場合があります。

 

飲み物と呼吸の仕方に注意しましょう!

 

ココでは、体を温めることを目的に飲んでいる飲み物が、
実は、体を冷やすことに関係していることや

呼吸法(鼻呼吸)を意識することで、
体を冷やさない方法について書いてみたいと思います。

 

 

体を冷やすので気をつけたい飲み物とは?

 

まずは、飲み物について、

温かい飲み物を摂ると、体を温めている感じがあります。

その為、良かれと思って飲んでいるのに、
逆に体を冷やしてしまう場合もあります。

 

寒い朝の一杯のコーヒー。

イメージとしては体を温めてくれる感じがありますが

ホットコーヒーであっても飲みすぎてしまうと
体を冷やしてしまうということです。

 

陰陽の働きからみると
南国で育った植物から作られる飲み物は、
カラダを冷やしやすいということです。

元々、気温の高いところでは、
熱くなった体を冷やすことを目的に
これらの植物が口にされていました。

 

 

豊富な栄養素が含んでいても・・・・

最近では、健康の為にと
グリーンスムージーを飲んでいる人も増えているようですが

コーヒーと同様に南国産のものは
体を冷やしてしまいます。

 

パイナップルもバナナ、アロエ等は、南方の植物ですね。

いくら、その食物に体にいい栄養素が含まれていても
性質状、体を冷やしていく働きがあります。

 

もちろん、温めて飲めば、
一時的にカラダを温める作用はありますが…
長い目でみると、冷えの方向に向かっていくわけです。

スポンサードリンク

冷たい物を避けて、温かい飲み物を口にすることは
冷え対策になるのは事実です。

 

それが、体を芯から温めているかどうかについては、
気をつけたいところです。

 

また、白砂糖をたくさん入っている飲み物も
体を冷やしてしまうので気をつけましょう。

アイスコーヒーに、液糖をタップリ入れるのはよくありません。

 

 

正しい鼻呼吸で冷え対策を!

 

体を冷やさない為には、正しい鼻呼吸が必要です。

特に、冬場など冷たい外気が体の中に入ってくると
やはり体を冷やすことになります。

口呼吸をしている人は、要注意ですね。

 

本来、口は消化器官の一部であり、
呼吸をするところではありません。

会話をする能力を獲得した人間は、
口で呼吸する機能を獲得しましたが、
それが逆に弊害になっているとも伝えられています。

 

 

鼻呼吸の中でも、より良い呼吸の仕方があります。

 

そのキーポイントはです。

舌は筋肉の塊で、内部に血管がびっしり通っているため、
高い熱を持っています。

 

その舌を上あごにピッタリつけて
呼吸するのが理想的な呼吸法。

舌から上あごに、そして、鼻へと熱が伝わり、
鼻腔内が温まります。

このとき、シッカリ口を閉じることも大切です。

 

口が半開きでは舌と上あごの密着度が
不足してしまうからです。

そこへ口から外気が入ると、
舌はもちろん、体内の温度も下がってしまいます。

正しい鼻呼吸を行えば、
体の冷えを防ぐこともできるということです。

 

外の気温が下がっている
冬場の呼吸法には、気をつけるようにしましょう。

スポンサードリンク
  • 2016 10.20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp