ステーキの付け合わせと栄養を考えてみる!じゃがいもニンジンは最適・鈴木章先生の話

この記事は3分で読めます

 

食生活の欧米化が浸透してくるに従って
日本人に、糖尿病、高血圧、肥満など、いわゆる
メタボにかかる人が増えてきました。

がんの種類も、それまで多かった胃がん減ってきて
大腸がんが増えてきたこともあって、

食事の内容が、こうした病気に関係する
いわば、食源病という言葉も聞くようになりました。

スポンサーリンク

その欧米化した食事の代表がお肉になるわけですね。

 

お肉には必須アミノ酸など、栄養素的には
人の健康に必要な栄養素がバランスよく含まれていますが、

それを上手に消化できるかどうかという点においては
いろいろと問題があります。

食べる量とその付け合せにとる食材によっても
健康に与える影響も変わってきます。

 

 

今朝の生島ヒロシさんの「おはよう一直線」には、
服部学園食品学教授の鈴木章先生が出演。

ステーキやハンバーグを食べる時に
最適な付け合せについてのお話をされていました。

 

 

鈴木章先生の話はココから・・・・・・・・・・

 

衝撃データ、口内フローラで、ピンピン生きるという
これは、週刊現代のヘルス道場!

菌が口の中にいろいろといるけれど、
このバランスをとることが大切で、

これが崩れると認知症になる危険性があるとか
歯と認知症の密接な関係、
それと唾液は副作用のない万能薬等など

 

口腔ケアをちゃんとやってくださいねって
記事が載ってます。

食べたらちゃんとお掃除することや
朝、起きたらちゃんと歯を磨くということは
重要ということですね。

 

さて、昨日は私はステーキだったんですけど、
ステーキやハンバーグを注文すると
ポテトがついてきますよね。

ポテトは炭水化物が多いんですけど、
この付け合せは何か意味があるんですか?

 

どの食材にも、何かしら不足する栄養素が
あるわけなんですけど。

肉で言えば、決定的に足りないのが、
ビタミンCということになりますね。

じゃがいもにはそのビタミンCが多く含まれています。

 

つまり、じゃがいもには、
肉に不足している栄養素を補う役割が
あるということです。

 

通常、ビタミンCというのは、
熱に弱くて、調理で加熱すると、
壊れてしまうんですが、

ジャガイモのビタミンCは、
澱粉に守られているため、
熱にも強いということですね。

 

さらに、肉に不足する食物繊維も、
じゃがいもに含まれていますので、

スポンサードリンク

肉を摂る時には、じゃがいもは、
大変よい食べ合わせの食品だと言えます。

 

 

1日に必要なビタミンCをじゃがいもだけで
計算しますと

1日、2.5個ということになりますから、
1食あたり、じゃがいもを1個添えるようにすると
十分かと思います。

 

他にもニンジンのバターソテーとか
ブロッコリーなんかも載ってきますよね。

 

じゃがいももそうなんですけど
ニンジンには、カリウムが多く含まれているんです。

カリウムは、ナトリウムを
体の外へ排泄する働きがあります。

 

肉の塩気やハンバーグのソースには、
ナトリウムが多く含まれていますので、

これを一緒にとると、
非常に相性がいいということが
言えるかと思います。

 

 

ブロッコリーの栄養というのは
やはり、肉に足りないビタミンCと
食物繊維ということで、

さらに、ニンジン、ブロッコリーには
緑黄色野菜に含まれるベータカロテンですね。

これは、活性酸素の働きを抑えて、
細胞と血管を守ってくれる
抗酸化作用が期待できるということです。

 

 

このようにステーキやハンバーグの付け合せとして、
じゃがいも、ニンジン、ブロッコリーなどは、

栄養学的にも、理にかなった
組み合わせになっているわけです。

 

あと、サラダを食べたり、デザートに
果物をたべますよね。

これも組み合わせ的には良いということなんですね。

 

先ほど、肉にはビタミンCが足りないということを
言いましたが、

例えば、いちごはビタミンCが豊富でして、
5~6個食べると、1日分に必要なビタミンCが摂れると
言われています。

それから、カリウムも含まれていますよね。

 

 

そういったことからも
まずは、サラダ、その後、メインのお肉と
付け合せのポテト、

最後に、いちごといったコースで食べるようにすると
非常によいかと思います。

 

ただし、食べ過ぎにはご注意ください
過ぎたるは及ばざるが如し
ということになるかと思います。

 

 

鈴木章先生の話はココまで・・・・・・・・・・

 

お肉・動物性タンパク質がうまく消化されているか
どうかの判断は、大便です。

お肉を食べた翌日にした排便が、
かなり強烈な匂いを出しているときは、
明らかに食べ過ぎですね。

 

自分の消化力の範囲を超えて食べてしまうと
未消化のタンパク質が、腸の中で腐敗してしまい

それが排便(結果)となってでてきます。

 

どの程度の量であれば、大丈夫かなど
あらかじめ、検討をつけて食べるようにするといいですね。

スポンサードリンク
  • 2016 02.29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp