筋肉量を増やす食事と運動!肥満の解消にLカルニチンの摂取を・鈴木章先生の話

この記事は3分で読めます

 

加齢により、食事から摂った栄養素の
腸からの吸収力は、年々低下してくると言われてます。

活動量が減ってくることもあって、
食事量も少なくなってくると、タンパク質や微量栄養素など
摂らなくてはいけない栄養素も不足することになり、

それが、様々なトラブルを助長してしまう
ことにもなるわけです。

スポンサーリンク

特に、生活の質にも影響を与える
筋肉量の低下については、気をつけなければいけません。

 

 

今朝の生島ヒロシさんの「おはよう一直線」には、
服部学園食品学教授の鈴木章先生が出演、

筋肉量を維持するために必要な栄養素や
適度な運動を行うことの大切さについてお話されました。

 

 

鈴木章先生の話はココから・・・・・・・・・・・・・

 

高齢者の方には、タンパク質を摂ってくださいと
ススメめてきました!

 

オススメする理由は、
やはり筋肉が大切だということですね。

高齢者の方は、加齢にともなう筋肉量の減少が
確実にみられるわけです。

 

筋力が衰えれば
当然、転倒の原因にもなりますし、

筋肉による関節のサポートが減少しますから、
腰や膝への負担が増すわけですね。

 

このようなことから歩くことが減りますと、

さらなる筋力の低下を招くという
悪循環に陥ってしまいますから、

筋肉量の維持は、極めて大切なことになるわけです。

 

 

この筋肉量の維持には、当然、
運動とタンパク質ということになるわけで、

立ったり、歩いたりという
日常動作の基盤は、下半身の筋肉ですから、

ウォーキングなどがオススメということですね。

 

また、椅子から立ち上がってから座る
椅子スクワットというのも、

膝への負担が小さくて、安全に足腰を鍛えられるので
良いと言われています。

 

 

タンパク質は、必須アミノ酸
人間の体内で、合成できない、食べ物から、
摂らなければならないアミノ酸をよく含むもの、

なかでも、ロイシンという
動物性食品に多く含まれる必須アミノ酸は、

運動と合わせることで、
筋肉の合成、促進を強化する働きがあるので、
非常に重要だと言われています。

 

肥満の方は、膝を痛めたりしませんか?

 

肥満による体重増加は、膝とか腰に負担をかけます。

その時、肥満の解消というとまず、
カロリー制限を思い浮かぶと思うんですが、

スポンサードリンク

ココで、タンパク質を制限してしまいますと
筋肉量の低下と生きていくのに必要な最低必要な
基礎代謝の低下をまねくわけです。

 

つまり、痩せにくい体になりますから

食事制限をやめて、摂取カロリーが元に戻ると
すぐにリバウンドしてしまうわけですね。

 

1日に使うエネルギー量の約60%~70%が
基礎代謝ですから、

この筋肉量を増やして、基礎代謝を上げ、
脂肪のたまりにくい体を手に入れるということを

是非、オススメをしたいですね。

 

タンパク質は、何から摂ればいいですか?

 

魚に含まれる、EPAは、
中性脂肪を下げる効果が期待されていますから
オススメです。

それから、
ちょっと意外に思われるかもしれませんが、

ある程度、
牛肉を食べたほうがいいと言うことですね。

 

牛肉の赤身には、Lカルニチンという物質が
多く含まれていまして、

これが、体内で脂肪酸を燃焼させる際に、
不可欠と言われる物質です。

 

脂肪は、脂肪を燃やす際の燃焼炉、

これは、細胞内のミトコンドリアというところで
燃やされるんですが、

これがエネルギーに変わるわけですけれども

脂肪だけでは、この燃焼炉に入っていくことが
できないわけです。

 

この時、Lカルニチン
脂肪を燃焼炉にくべる役割をしてくれます。

すなわち、脂質の代謝を促進し、
効率よく体脂肪を燃やしてくれるということです。

 

Lカルニチンは、羊やヤギの肉に多く含まれていますが、

現実的に食生活に摂り入れるとしたならば、
やはり、牛肉がもっとも身近かと思います。

 

特に、高齢者の人は、体内でのLカルニチンの
合成量が不足しがちになると言われていますので、

運動しても、食事制限をしても、
脂肪が落ちないという人は、

Lカルニチン不足を疑って、
これを補給していただきたいと思います。

 

なるべく、赤みの肉と
歯が良くない方は、ハンバーグなどの柔らかい肉で
補ってほしいと思います。

 

 

鈴木章先生の話はココまで・・・・・・・・・・・・・

 

 

使わないと失われるのが筋肉です。

成長期の頃は、なかなか自覚できないものですが、

ある程度の年齢になってくると
体の動きから、自覚できるようになってきます。

 

筋肉に刺激を与えることと赤身の肉も
適度に補う必要がありそうですね。

頭の働きと足腰の筋肉は、
健康で元気に長生きしていく為に必須です。

スポンサードリンク
  • 2016 03.07
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp