骨密度を上げるにはフラミンゴ体操がお手軽!適度な運動も習慣に!

この記事は2分で読めます

2014y07m17d_091432446

 

骨密度を上げることは、骨粗鬆症を予防する上で重要な指標です。

食事に気をつけ、適度な運動を行うことはもちろん大切ですが
手軽にできる対策としてオススメなのがフラミンゴ体操です。

フラミンゴ体操、片足立ちは、昭和大学客員教授で西蒲田整形外科院長の
阪本桂造医師が長年指導してい方法になります。

スポンサーリンク

 

身体を動かさないでいると、筋肉が減るのと同時に骨ももろくなってくるものです。
動かないところが次第に、退化してくのが自然の原理ですね。

特に40歳を過ぎた頃から、加齢による老化現象からか、使わないところの
体の部位の衰えは、自分が思っている以上に進んでいます。

 

若い頃にできていた、腕立て伏せや腹筋も、知らない間にできなくなっていますもんね

 

老化現象や女性の場合は、ホルモンバランスの乱れから次第に骨密度が
減ってきて、骨粗鬆症になりやすくなりますが、骨粗鬆症が進行すると、
体のどの骨もチョッとした衝撃で、骨折しやすくなることです。

特に大腿骨を骨折すると、寝たきりになるリスクも高まり、
高齢者であれば認知症も進んでいくことになります。

 

普段から預金のように骨密度を増やしていくことが大切です。
できれば、年をとってからではなく、若い頃から
骨の健康に気を使うようにすると、骨粗鬆症のリスクも下げることができます。

 

フラミンゴ体操!

 

フラミンゴ体操は、片足で立つという簡単なものですが
骨密度を高め、骨を丈夫にするのに役立ちます。

スポンサードリンク

骨の性質として、圧をかけるほど、強くなるという性質があって
片足で立つことで、立っている側の足に負荷をかけ、足の骨が強化されます。

 

2014y07m17d_091809336

 

片足で立つと、骨盤の筋肉の働きによって、両足で立った時の
凡そ3倍もの負荷が大腿骨頭にかかるそうです。

阪本桂造医師によると、片足立を左右、1分づつ行うことは、運動量に
置き換えて表現すると、53分間歩いたのと同じ効果があるそうです。

 

もしかしたら、今、1分間も片足立ちができない人がいるかもしれませんが
30秒間でも、いいので、まずは実行してみましょう!
慣れてくると、体も適応して、体も元に戻ってきます。

 

 

ちなみに、阪本桂造医師らが行った臨床実験によると
片足立を始めてから半年ほどで、60パーセントの人達に大腿骨頸部の
骨密度が増加
したという事です。

 

 

もちろん、自分にあった適度な運動を行うことは大切です。
そして、適度に骨や筋肉に負荷をかけて、衰えが進まないようにしましょう。
使わないところから、自然に衰えていきます。

それと、骨密度をあげるのに、カルシウムやマグネシウム
それに、亜鉛などのミネラル、それにビタミンDなどの栄養素も
摂るようにすると効果があがります。

スポンサードリンク
  • 2015 09.17
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015y11m03d_101109831
  2. 2015y08m27d_083215060
  3. 2015y07m07d_085907270
  4. 2016y05m18d_135144810
  5. 2015y04m07d_140108078
  6. 2016y06m28d_105700599

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp