インスリン抵抗性には筋肉細胞を増やす運動でインスリンに頼らない体をづくりを

この記事は2分で読めます

 

血糖値が気になる人にとって、
食生活の中身が大事になってくるのは、

血糖の量を減らし、インスリンの働きを良くして
ブドウ糖を細胞内に取り込みやすくする為です。

運動を行う目的も同じです。

スポンサーリンク

食生活の改善と運動は高血糖対策を行う上で、
車の車輪となるものです。

 

食生活の改善は、意識していても
なかなか、運動までは?と考えている人は
そのメリットをよく知っておくといいでしょう。

 

糖尿病と言えば、細胞内、
特に筋肉細胞の中に、ブドウ糖が入りにくく
なった病気と考えられるので

その改善については、筋肉細胞を
活性化させることが鍵になります。

 

 

適度な運動が必要な理由は、
第一にブドウ糖を燃焼し、エネルギーとして
消費してくれるからです。

運動を行うことで筋肉でエネルギーが消費され、
それを補う為に血中のブドウ糖が、
筋肉細胞に取り込まれます。

筋肉はブドウ糖をエネルギー化してくれるところです。

 

少し負荷のかかる運動をすることで
筋肉量は増えますから、

運動することは血中のブドウ糖を
消費する場を作ることにつながります。

 

そして、運動をすると、
インスリンという鍵に合う鍵穴(受容体)が
筋肉細胞などの表面に増えてきて

その働きも活性化してくるわけです。

 

そうなるとブドウ糖を取りいれるようにと
インスリンの指令が細胞に伝達されやすくなるので

細胞はブドウ糖を細胞内にとりこみ、
血中のブドウ糖が減っていくことになります。

その結果、インスリン抵抗性が弱まっていきます。

 

 

継続した運動で、細胞が自発的に血糖を取り込む!

 

運動を継続することで、こうした状態をつくっていると
細胞自体がインスリンの指令を受けなくても、

スポンサードリンク

自前でブドウ糖を細胞内に取り入れることが
できるようになってきます。

 

インスリンの助けを必要としなくても
細胞がブドウ糖を取り込んで、
エネルギーとして使えるようになるので、

インスリンの分泌が減ってしまった人でも
血糖値を下げることが可能になるわけです。

 

その他、脂肪がエネルギー源として使われるので、
肥満が改善したり、

自然と基礎代謝が増えていくので
太りにくい体質になる、といった効果も
運動にはあります。

 

 

40歳前の人が、肥満になるのは、
食べ過ぎや運動不足が関係していますが、

それ以降の人が肥満になるのは、
体内の働きそのものが関係していると言われています。

太りにくい体質づくりが大切になってきます。

 

そういった意味からでも
普段から習慣として運動を続ける価値があるわけです。

 

 

効果がいっぱい、運動でストレス解消も

 

ちなみに、運動することで得られる効果は、
肥満や高血糖の改善だけではありません。

 

心肺機能が高まり、血圧が安定し、
善玉コレステロールが増えて脂質異常症が改善し、
血管は柔軟性を維持して、丈夫になってきます。

その結果、糖尿病の合併症も予防できます。

 

さらに、自律神経のバランスが整い、
心身の調和が取れるため、
気分が爽快になります。

血糖値が上がる原因のひとつ、
ストレスを解消することもできるわけです。

 

 

生活のリズムも規則正しくなり、
食べ過ぎや飲み過ぎなどの防止にもなります。

昔は、日常生活のなかで、自然と体を動かす機会が
ありましたが、現代人は、意識しないと
体を動かすことが極端に減ってしまいます。

 

なので、運動を生活の中に取り入れる為にも
意識して習慣化させる必要があるわけですね。

是非、運動(体を動かす)を実践するようにしましょう。

スポンサードリンク
  • 2016 03.21
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp