ロカボで緩やかな糖質制限を!メタボやロコモ認知症の予防に効果的・山田悟先生の話

この記事は4分で読めます

2016y04m01d_134237920

 

糖尿病や肥満と密接に関係しているのが
炭水化物、糖質の摂取です。

甘味のあるものは、美味しさを感じさせることもあり
ついつい食べすぎになってしまいます。

しかし、その摂取量が習慣的に多くなってしまうと
血糖値の上昇を招いていしまい

スポンサーリンク

膵臓をはじめ、様々臓器に負担を与えてしまいます。

気づかないうちに、糖質の摂取量が多くなってしまう
現代人にあっては、自分なりの対策を
シッカリ立てておくことが必要です。

 

 

今朝の生島ヒロシさんの「おはよう一直線」には、
北里大学北里研究所病院・糖尿病センター長の
山田悟先生が出演、

今、注目されているローカーボハイドレート
”ロカボ”についてお話されました。

 

 

山田悟先生の話はココから・・・・・・・・・

 

最近よく、ロカボという言葉を
目にするんですが、これはどういう意味になるんですか?

 

これは、緩やかな糖質制限を意味する言葉になります。

元々の言葉は、ローカーボハイドレート
カーボハイドレートが糖質で、

ローが少ないということになりますが、

 

ローカーボハイドレートだけですと
極端な、キツすぎる意味を含む言葉になりますので、

緩やかなという意味合いを込めて
ロカボと短縮しています。

 

 

糖質なんですが、主にお米とか
砂糖に多く含まれているわけですよね?

 

所謂、デンプン類、米、小麦類、
お蕎麦も含めて、それ以外の麺類、

お芋、あと果物やお菓子、
こういったものに多く含まれています。

 

 

糖質の摂取量が多くなるとどうなりますか?

 

元々、食後に血糖値が上がって、
糖尿病だけに関わると考えられていたんですが、

食後の高血糖だけで、
実は、認知機能にもかかってきますし、

お肌の美容にもかかっわっていますし、

 

また逆にロカボにすることによって、
血圧ですとか、血中の脂質、体重も良くなるという
ということで、

ロカボにしますとメタボリックシンドロームも
良くなりますし、

ロコモティブシンドローム、
寝たきりの予防にもなるということが
わかっています。

 

 

私も低糖質ダイエットをやっていまして
物の見事に10キロやせて大変健康体になったんですが、

このあたりはどういったことを注意して
やったらいいでしょうか?

 

あまりに極端にやり過ぎますと
食物繊維が足りなくなるのではないか

一部のビタミンが足りなくなるのではないか
という風な懸念もありますし、

 

極端にやりますとどうしてもキツすぎて、
長続きできなくなりますので、

大体、1食あたりの糖質量を20~40g、

 

そしてそれとは別に、間食で1日に10gまでの糖質で

だいたい、1日の70~130gの糖質を
摂取するといいと思います。

 

 

おにぎりにすると何個ぐらいになりますか?

 

おにぎり1個の糖質では、ちょうど40g程度になりますので、

1食あたりですと、おにぎり1個分
ということになります。

スポンサードリンク

 

それを目安にするといいですね?

 

ただ、おかずをシッカリ食べてしまうと

若干、それぞれにわずかながら糖質が入っていますので

おかずをシッカリ食べる時には
主食で摂る糖質は、おにぎりの半分位を
意識するといいと思います。

 

 

最近は、糖質制限とか低糖質という言葉が
どんどん広がってきているわけですが?

 

ただ、制限と言ってしまいますと

どうしても、その制限という言葉が、
何となく楽しい生活を阻害しているという
感じがありますので、

 

また低糖質という言葉の定義がないんですが、

抵糖類という言葉が
消費者庁によって定められていまして、

これは、100g中の重量で、
糖類が5g以下、となっているものですから、

 

低糖質という言葉を使うときに、

食品100g中の糖質の
ちょっとでも5gを超えていると

 

低糖質という言葉を使ってはいけないのでは?
という懸念がありまして、

いずれも使いづらいということになっています。

 

 

ロカボを具体的に実践する方法は?

 

主食や、果物、お菓子の量を
ゼロにする必要はないわけです。

工夫するということが必要で、
大体、お茶碗で言えば、半膳ぐらいのお米と

おかずを普通に食べると

 

お米半膳にあたる糖質の量というのは

食パンでいうと6枚切りで1枚
8枚切りで1枚、

 

麺でいきますと、そばであってもうどんであっても
ちょうど半玉くらいになりますので

それぐらいの主食におさめていただいて

 

おかずをお腹いっぱいになるまで食べる
というのが具体的なローカーボの方法になります。

 

 

と言うことは1食あたりの
主食の量を減らすことからはじめたらいいでかね?

 

そのとおりですね。
その上で、間食などは、糖質10gまで
できますので、

最近では、糖質の少なくしたお菓子類もありますから
そういったものを利用することも可能ですし、

 

また、お酒につきましても

健康になりたかったらお酒を止めなさいと
言われがちだったんですが、

蒸留酒には糖質はありません。
醸造酒も少ないものが沢山ありますので、

 

そういったものをご利用されるもの良いかと思います。

 

最後に果物はどうでしょうか?

 

果物は、これまで、健康に良いと言われてました。
実際にビタミンや食物繊維が豊富に含まれています。

血糖値が上がらない、健康な方であればいいんですが

ちょっとでも血糖値が上がりかけてきた
40歳以上の方であれば、

やはり、量をコントロールする必要があります。

 

 

山田悟先生の話はココまで・・・・・・・・・

 

ロカボを行うにあたっては、
ストレスにならない程度で続けることが
肝心なんですね。

 

2016y04m01d_135531035

 

ロカボの詳細な実践方法については
山田先生の著書「糖質制限の真実」を
参考にしてみましょう。

スポンサードリンク
  • 2016 04.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015y10m31d_143129214
  2. 2015y08m31d_092520103
  3. 2016y03m30d_183717014
  4. 2015y12m02d_144321604
  5. 2015y07m23d_100537003
  6. 2015y12m30d_085213648

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp