ダイエット中、夜間お腹が空いて眠れないのメカニズム?さらに睡眠不足が思わぬ病気に・・

この記事は2分で読めます

2016y04m09d_152851253

 

かなり激しいダイエットをした為に
夜になると空腹で眠れないことがあります。

夜は、脂肪の合成を促すビーマルワンというタンパク質が
増えるので、ここでものを食べたら
太りやすくなるわけです。

スポンサーリンク

ビーマルワンは、この深夜の時間帯になると、
昼間の20倍も多く分泌されると言われています。

 

チョコレートなどを少しだけ食べると
血糖値が上昇して、眠りにつくことができます。

少量であれば、太ることもなく、
実際に睡眠がとれてしまうので、一見すると
いい感じもしますが

体の仕組みからいうとそうではりません。

 

 

そのワケは、視床下部のリズムが乱れてしまうからです。

視床下部は、脳内にあるサクランボ程の
大きさんの小さい器官です。

しかし、食欲中枢や睡眠など
生命の根幹に関する働きをコントロールしている
ところです。

 

人間の体のリズムは、サーカディアンリズムによって
営まれているわけですが、

夜中にほんのわずかであっても
食べ物を口にしてしまうと、食欲と睡眠のリズムが乱れ
このサーカディアンリズムが乱れがちになります。

 

このようにして、夜、眠れない
朝なかなか起きれないという状態になっていくわけです。

 

 

サーカディアンリズムをコントロールする
体の仕組みに2つの流れがあります。

 

一つは、自律神経、もう一つはホルモンなどの
液性の情報伝達物質です。

その分泌中枢も”視床下部”にあります。

 

食欲と睡眠の関係でいうと
情報伝達物質で特に重要なのがオレキシトンという
脳内伝達物質です。

オレキシンの分泌量が増してくると
脳の覚醒中枢が活性化して、

分泌が抑えられてくると
睡眠中枢の働きが強くなってきます。

 

 

人間の体は、オレキシンの分泌量が増えて目覚め、
日中の活発な活動が促されます。

スポンサードリンク

夜間はオレキシンの分泌量が減少し、
脳の働きを沈めるという仕組みになっています。

 

しかし、過度なダイエットによる空腹感は、
オレキシンを分泌して摂食中枢を刺激します。

 

その為、はじめは、2~3かけらだったチョコなどが
2枚、3枚と、その量が増えてくるわけです。

 

 

その日のことだけを考えれば
眠れないときに甘いものを摂って血糖値が上昇すれば、

オレキシンの働き自体も本来のリズムによって、
働きにくくなると考えられます。

 

いつもいつもでは、習慣的になってしまい
バランスが狂ってしまうわけですね。

 

 

そして、サーカディアンリズムにかかわる
他のホルモンの分泌バランスにも狂いが生じてきます。

 

たとえば、朝起きる直前に
副腎皮質から分泌されるストレスホルモン、
コルチゾール

通常はコルチゾールが分泌されることで起床後、
速やかに活動することができます。

 

このコルチゾールが夜間に分泌されることで
イライラするようになってきます。

これは体が飢餓といった生命の危機に直面する事態に
陥った時の回避システムです。

 

 

餓死してしまうなら仲間の食べ物を奪ってでも
生き長らえようとする防御機能です。

それが高じてしまうと、
夜、気づかないうちに食べ物を口にしていた
という状態になります。

 

 

こうした体の仕組み、その働きを見てみると
過度なダイエットが、体内のバランスを乱してしまう
ことがわかります。

 

眠れない日が続いてしまうことで、
次第に食事の自己規制ができなくなり
かえって、ダイエット前よりも太ってしまう
ことにもなってしまうわけですね。

 

 

怖いのは、体内のバランスを乱してしまうことで
代謝の流れそのものが悪くなってしまい

老化を促進させ、免疫の低下から思わぬ病気に
つながってしまうことです。

 

お腹が空いて眠れないほどのダイエットは
できるだけ控えるようにしたいものです。

無理は禁物です!

スポンサードリンク
  • 2016 11.27
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2015y10m06d_103051141
  2. 2016y06m04d_142141193
  3. 2015y06m28d_085808299
  4. 2016y05m31d_140624944
  5. 2015y09m13d_134618228
  6. 2015y11m16d_135046549

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp