肝臓がんの原因とウイルス感染!がん化させない為に血液検査でウイルスの有無の確認を

この記事は3分で読めます

 

肝臓がんというとお酒の飲みすぎ等でダメージを受けて
がん化していくものというイメージがありますが、

多量の飲酒が原因で肝臓がんになった人の割合は
そんなに多くなく、日本では数%程度です。

それに対して、ウイルス感染からがん化する場合が
極めて高くなります。

スポンサーリンク

B型肝炎ウイルス感染者が肝臓がんになる危険度は
無感染の人と比べて16倍。さらにC型肝炎ウイルスでは
36倍になっています。

気づかないうちに肝炎ウイルスに感染している人は
統計による、B型が約90万人、C型が約80万人に
及ぶと言われています。

 

 

肝臓がんの原因とウイルス

 

肝炎ウイルスにはAからEまで5種類の型がありますが、
がん化するのはB型、C型肝炎ウイルスの2種です。

B型は生まれる時に母子感染するほかに
性行為、ウイルス感染者の血液を介して感染します。

 

最近は日本でも欧米人との性行為によって、
欧米型のB型肝炎ウイルスに感染する人が
増えていると言われています。

感染していることに気づかずに、
日本人間の性行為で欧米型が広がっている
例も増えているのが心配なところです。

 

 

C型肝炎ウイルスは、感染者の多くが
ウイルスが見つかる前に輸血や血液製剤の投与を
受けたことで感染することになります。

 

また、B型、C型ともに
医療機関以外で行われるピアスの穴あけ、
美容整形、入れ墨などが原因となって、

20代~30代のウイルス感染が増えているということで
注意が必要です。

 

肝臓がんになるリスクを減らすには
ウイルス感染のリスクがある行為は
避けることが大切になってきます。

 

 

※ 感染予防の為に知っておきたいこと

 

他人の歯ブラシ、カミソリは使用しない、
医療機関以外でのピアスの穴あけや美容整形はしない
感染者との性的接触にはコンドームを使用

他の人と器具を共用する
入れ墨、タトゥーは感染の危険が高くなるので
やめましょう。

 

感染者や感染が疑われる人の血液、
分泌物に触れないようにすることも大切です。

B型肝炎ウイルスの場合は、HRVと同じように、
免疫の力で90%は排除され消滅します。

スポンサードリンク

 

 

持続感染して肝臓がんに進行するリスクがあるのは
10%の人。

B型肝炎はまれに劇症肝炎を引き起こして
緊急入院になることもありますが、
症状が出ない場合も多いです。

 

一方、C型肝炎ウイルスは60~80%が
慢性肝炎から肝硬変へと進行し、25~30年という
時間をかけて肝臓がんを発症します。

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれ、
症状が出たときに手遅れの肝臓がんになっている
場合も多々あるということです。

 

 

怖いのは慢性肝炎になっても
自覚症状がないため、本人が気づかない場合です。

 

また、B型、C型ウイルスの持続感染ががんを発症させる
メカニズムについては現代医学でも
ハッキリとしたことはわかっていませんが

慢性的な炎症が遺伝子の変化を起こし、
異常な細胞が増えて肝臓がんが発症するという
説が有力です。

 

 

血液検査でウイルス感染の有無を調べ、
感染がわかったら治療することが大切になります。

ウイルスへの感染は気づかず感染している場合も多いので
20歳以上の人は、血液検査でB型、C型肝炎ウイルスの
感染の有無を調べることが必要です。

 

ちなみに肝炎ウイルス検査は、最寄りの保健所で
無料で受けられます。

 

 

自分は大丈夫と思わずに、
感染の有無は確かめることは肝臓がんを
予防するためにも大切なことです。

 

 

※ 脂肪肝から肝臓がん

 

以前は脂肪肝から肝臓がんになることはないと
言われていましたが、

10~20%の人が長い年月をかけて肝臓がんを
進行することがわかってきました。

極端なダイエットをする女性の中には、
やせていても隠れ脂肪肝の人がいます。

 

脂肪肝の人は生活に運動を取り入れて、
肥満になっていれば、2~3Kg体重を減らすようにすれば
脂肪肝はかなり改善できるでしょう。

 

 

人間の体にとって、肝心要にあたるのが肝臓です。

沈黙の臓器だけに、ウイルスの有無を
確認すると同時に、生活習慣、特に食生活や

過度なストレスには、十分配慮した生活を
送るようにしましょう。

スポンサードリンク
  • 2016 12.01
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp