老眼は治療できる時代がやってきた!老眼革命で目の病気の予防を坪田一男先生の話

この記事は3分で読めます

 

”年をとったら目は悪くなるもの”というのが
昔からいわれていたことではありますが、

今の医学では、どうやらそうではない時代が
やってきているようです。

幾つになっても、シッカリものを見ることが
できる時代がすぐそこまで来ているのかもしれません!

スポンサーリンク

今朝の生島ヒロシさんの「おはよう一直線」には
慶應義塾大学医学部 眼科医教授の坪田一男先生が出演!

 

坪田先生は、近書に「老眼革命」という本を
出版されていますが、

今日は”老眼が治療できる時代がやってきた”
ということで、老眼も改善できる時代がきたことなどを
お話されていました。

 

 

坪田一男先生の話はココから・・・・・・・・・・・・・

 

老眼は治せるんですか?

 

今まで、老眼というと
年ですね!と、老眼鏡をかけてください!
と言われて、

あーそうですかとショボンとしてたんですが

最近、老眼が
老眼鏡をかけるのが嫌だという人に対して
様々な方法が提供されています。

 

例えば、私なんですが、今、60歳なんですが、
全く、老眼鏡をかけてないですよ。

 

それは、モノビジョンという方法で、
これは、一つの方法に過ぎませんけど、

右目を近くに合わせているんですよ。
左を遠くに合わせています。

 

そうすると脳が、右目を近くの時には使い
遠くを見るときは左目を使って、

融合しているので、
一見すると、老眼が全くないように見えます。

 

 

これは、私たち、老眼研究会というのを
やっているんですが、

臨床的には老眼はないという状況になります。

 

 

女性は特に老眼鏡をかけるということに対しての
抵抗がものすごくありますね!

 

ちょっと老けた感じになりますもんね。

こういうのは、スマイルという方法や
レーシックという方法で、

たくさんの人がそういう状態にもっていけます。

 

私の場合は、たまたま自然になっちゃったんです。

 

 

本の見出しに、老眼、白内障の治療をして、
緑内障、糖尿病網膜症、加齢黄斑変性を予防するって
気になる言葉が随分と載っていますが?

 

これは、みんな年と関係しています。
だから、年をとって起きる病気なんですよ。

スポンサードリンク

目の病気の80%~90%は、
加齢と関係する、年をとることからから起こる病気です。

 

先生は診察する時に眼圧を気をつけてねって言われましたが、
こういう方は、結構、多いみたいですね。

すごく、多いです。

今、失明率の日本の第一位は、緑内障なんですね。

 

ですから、日本眼科医会でも、
緑内障の早期の検診というのをすすめています。

 

緑内障というのは、一度神経を失ってしまうと
元に戻らないんですが、

進行を止める、予防することはできるので、
早く見つかったら大丈夫なんです。

 

 

緑内障を防止する目薬をさしていると
まつ毛が伸びるというのは本当なんですか?

 

本当なんです!

緑内障の目薬の副作用で、毛が伸びたものですね。

 

元々はまつ毛を伸ばす薬として開発して、
違った名前として、出しているんです。

皆、年をとるとまつ毛が短くなったり、
減ってしまったりするので、

 

まつ毛も年と関係して、
今、クラシビスタという目薬や

アイシャンプーロングといって、
目を毎日洗うことによって、
まつ毛を長くするって

結構、いろいろな方法が出てきているんですよ。

 

 

ライザップやりまして、血液検査をしてみると
悪いとこなくなって、20代なんですよ。

 

やはり、今、アンチエイジングの基本は、

食事、運動、それに私の大好きな
ご機嫌に生きる、この三つですから。

先生の本も、糖分は老化を早める
糖分を控えることと書いていましたね。

 

カロリー制限というところから、
糖分というのが大事で、

ただ、最近、糖分のあまりにも厳しい制限は

いかがなものかという見直しはありますけどね。

基本は、いいと思います。

 

 

坪田先生の著書「老眼革命」という本、
気になる方は、是非、チェックを!

2016y04m15d_142514589

 

 

坪田一男先生の話はココまで・・・・・・・・・・・・・

 

 

抗加齢とかアンチエイジングの効果というのは、
普段からの生活習慣、体の使い方の賜物です。

もちろん、視力ということにおいても通じます。

 

年をとっても、裸眼でハッキリ見れるというのは
生活の質を高めてくれるものですしね。

「老眼革命」、是非、一度、ご拝読を!

スポンサードリンク
  • 2016 04.15
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp