体内時計の乱れが老化を早める!メラトニンを上手に活用し老化スイッチを切ろう

この記事は3分で読めます

 

人間は”オギャー”と生まれた瞬間から
老化していく存在です。

20~25歳くらいまでの成長期の段階では
老化現象は、成長期の勢いに隠れて目立ちませんが、

25歳を超える年齢になってくると
白髪やシミ、シワ、体力の衰えなどの
老化現象が、少しずつ自覚できるようになるものです。

スポンサーリンク

老化そのものをストップさせることは
現在のところ難しいものですが、

なるべく、緩やかにしたいというのは万人の願いでしょう!

 

最新の研究によってわかってきたことがあります。

それは、体内時計の乱れが
老化に関わっているということです。

 

体内には、体を活動や休息に適した状態になり、
体温やホルモン分泌を変動させる
1日のリズムがあります。

このリズムをつくるためのシグナルを
出しているのが体内時計です。

 

そして、この体内時計は時計遺伝子によって、
コントロールされています。

 

 

時計遺伝子に何らかの異常が起きて、
体内時計が乱れると、

老化のスピードが速まったり、
メタボになりやすくなることが動物を使った
研究からわかってきています。

 

また、昼夜交代制勤務など生活リズムが
不規則な人は、生活習慣などのリスクが、
高いという報告もあります。

 

 

メラトニンが体内時計を整える!

 

そこで力を発揮するのが
体内時計の情報を伝えるメラトニンです。

メラトニンには基本的に
夜間の分泌量が増え、昼夜の分泌量は少ないという
明確なリズムがあります。

 

60兆個の細胞に、夜が来たという時刻情報を伝え、
睡眠や休息を促す役割を担っています。

睡眠は新陳代謝を促す成長ホルモンの分泌を高めます。
特に22時~夜中の2時の間が最も活発。

 

 

老化予防にメラトニンをシッカリ分泌させて
深い眠りを得ることが重要ですが

夜に強い光を浴びるとメラトニンの分泌が抑制されて
寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなりやすくなります。

 

 

現代人が特に注意しなくてはいけないのが
就寝前のスマートフォンです

液晶画面のブルーライトが網膜に
強い刺激を与え、脳に朝と誤認させてしまいます。

スポンサードリンク

 

夜間に浴びるブルーライトは
生体リズムを乱す一因
就寝2時間前にブルーライトカットの
眼鏡を着用したら、入眠までの時間が短縮したという
研究結果もあります。

 

朝は太陽光をシッカリ浴びることが大切!

太陽光を浴びることで体内時計がリセットされ、
夜間のメラトニンの分泌量が増量、
結果として質のいい睡眠が得られます。

 

また、意外と知らない人が多いようですが、
メラトニンは強力な抗酸化物質です。

 

メラトニンはほぼ全ての生物に存在していますが
元々生物は夜行性だったと考えられているので、

夜間の活動によって生じる活性酸素を除去するため、
この抗酸化力が備わったのでは?と考えられています。

 

 

メラトニンの分泌を高めるには、
メラトニンを含む野菜を摂取することが大切です。

メラトニンを多く含む野菜
メラトニンはアブラナ科、イネ科の植物に多く含まれる。
玄米やトウモロコシ、ショウガ、シイタケ
シメジなどもメラトニンの濃度が高い。

 

これらの野菜を2ヶ月続けて摂取したら、
夜間のメラトニンの分泌量が増加したデータもあります。

 

 

リズムが狂えば肌の老化にもつながります。

体内時計は細胞一つひとつにも備わっていて、
細胞が夜の状態のときに肌のコラーゲンの産生量が
高まることがわかっています。

 

体内時計を整えることで肌の老化予防になります。

スキンケア業界では、肌の概日リズムを
補正する働きを持つ成分や化粧品の研究開発も
現在、進められているようです。

 

 

まとめ

体内時計を整える大切なつのポイント

朝の光で体のリズムをつくる、
眠る前のスマートフォンのチェックを控える
メラトニンを含む野菜を摂るです。

 

 

 

人間は、何歳まで生きられる存在か?
というテーマについて、現在、世界の生物学者の
共通した見解になっているのが125歳ということです。

それを実現するには、普段から
いかに老化のスピードを緩やかにするかということ。

日々の意識と努力が健康寿命を延ばしてくれます。

スポンサードリンク
  • 2016 04.20
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp