高血圧の原因と遺伝との関係?生活習慣の改善で遺伝子のスイッチをOFFに

この記事は3分で読めます

 

父や祖父、親戚にも高血圧!遺伝だから
高血圧になっても仕方がないという話をよく聞きます。

高血圧は遺伝によって起こる病気なのでしょうか?

スポンサーリンク

確かに、ある調査研究によると、
両親とも高血圧の場合、その子供の60~65%は
高血圧になっているとのデータがでています。

また、両親のうちどちらかが高血圧の場合、
その子供の30%は高血圧という結果もあります。

 

遺伝子と病気との発症にかかわる研究でも
血圧を調整しているいくつかの物質の遺伝子異常が、
高血圧を導くことがわかっています。

近い将来、遺伝子治療によって、
高血圧が治癒される時代がくるのかもしれません。

 

 

高血圧は遺伝によって起きてしまう病気で、
遺伝だからとついつい言いたくもなりますが、

最新の研究では、高血圧の遺伝リスクを回避できる
こともわかってきています。

 

 

体質や生活習慣を受け継ぐことの方が問題!

 

全ての病気に通じることですが、
病気は、遺伝要因と環境要因の二つが関係して発症します。

親から受け継ぐものは遺伝子だけではありません。
生活習慣も親から引き継がれるものです。

 

高血圧になりやすい遺伝情報を受け取っていたとしても
その後の体の使い方次第では、

遺伝子は、目覚めないままに過ごすこともできるわけです。

 

たとえば、食事の味付け、塩分(Na)の摂取量、
濃い味付けの料理を食べて育った場合、

成人になって親元を離れても、
やはり濃い味の食事をおいしいと感じます。

そのため、自然と塩分の摂取量は増えてしまいます。

 

このような食習慣が引き金になって、高血圧になることもあります。

そのようなケースでは、
両親もその子供も高血圧となりがちです。

 

さらに、肥満になりやすい親子、運動嫌いな親子、
性格的に真面目すぎてストレスをためやすい親子など、

高血圧を引き起こすさまざまな要因を
親と子供が互いに持ち合わせている場合があります。

 

そのため、間接的な要素として、
高血圧にかかわっていることも多いとも言えるでしょう。

スポンサードリンク

 

 

高血圧そものが遺伝するとというよりも、
むしろ、高血圧になりやすい体質が

遺伝する、または高血圧になりやすい生活習慣を
親から引き継いでいると考えられます。

 

高血圧の発症を遺伝のせいにしてはいけない

高血圧を改善するには、単に遺伝のせいにするのではなく、
もう一度、自分の健康や生活習慣を見直してみる
必要があります。

 

特に自分だけではなく、
親から受け継ぎ、当たり前のように行っていた
生活習慣を改善する良い機会です。

 

たとえば、塩分少なめの料理を口にしてみて、
”薄味では少し物足りないと感じるようなら、
普段から濃い目の味付けに慣れている証です。

 

運動するという習慣がまったくない家庭なら
ウォーキングを生活の中に取り入れてみてはいかがでしょう。

 

実際に、適度な運動を心がけている人は、
運動をほとんどしない人と比較して、

高血圧を発症するリスクが約34%
低くなることもわかっています。

 

ハードなトレーニングではなく、
少し、早めのウォーキングをするだけでです。

 

 

「冬でも薄着が健康によい」と親から教えられ、
薄着を美徳と考えている人もいるでしょう。

しかし、体の冷えが血圧を上げることもあります。

気温が下がっている時に肌着を調節して、
体の冷えを防ぐことは、大切な高血圧対策です。

 

 

こうしたちょっとした生活習慣を修正していくことで、
高血圧が改善され、より一層健康になればベストです。

高血圧そのものは、痛みもなく、
直接の死因にもなりませんが、

脳卒中や心臓病といった重大な病気を引き起こし、
悪化させる要因となります。

 

高血圧は早めに解消することで、脳卒中や心疾患などの
重篤な病気を防いでいく余地はあります。

重篤な病気は治療も困難ですが、
高血圧は治すゆとりのある病気です。

 

そのため、遺伝だからといって何もしないのではんく
血圧をより好ましい状態に改善できるように心がけましょう。

自分だけでなく家族全体の健康につながります。

スポンサードリンク
  • 2016 12.19
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp