過敏性腸症候群の人の腸内細菌は酢酸を分解?最新の研究等・山内トキコ先生の話

この記事は3分で読めます

 

生活習慣の乱れからくる体への負担、
それに、心の状態などは、お腹の調子に影響を与えます。

時間や経済的な問題に追われ、
さらに複雑な人間関係からくる過度なストレスを
反映してか、働き盛りの人だけでなく、

若年層にも増えているのが”過敏性腸症候群”です。

スポンサーリンク

自分は、大丈夫と思っていても
現代人であれば、日常の些細な何かがキッカケになって、
発症してしまうかもしれません!

 

 

今朝の生島ヒロシさんの「おはよう一直線」には、
赤坂のマリーゴールドクリニックの院長
山内トキコ先生が出演。
「過敏性腸症候群」について、
最新の研究成果などを詳しくお話されました。

 

 

山内トキコ先生の話はココから・・・・・・・・・・・・・

 

OLさんでも、学生さんでも
過敏性腸症候群になると、会社に行くにも学校に行くにも
常に不安という方もいらっしゃるわけですが、

生活の変化がある春というには
特に注意が必要なんですか?

 

そうですね!ただ、
過敏性腸症候群というのは、1年中ある病気です。

まずは、腸には異常がない、所謂”病気がない”
ということが大前提になるんですけど、

お腹が痛い、あるいはお腹に不快感があるというのが
まず、最初に起こる症状なんですね。

 

それ以外に、腹痛、腹部不快感が、
排便をすることによって、落ち着いたり、

あとは、1日1回の排便があった状況が、
1日に3回も4回もいってしまう、

 

元々、ある程度バナー便だった方が、
ちょっと、緩くなってくるだとか、

そういった変化が起こるということなんですけど、
ただ、本当に過敏性腸症候群の診断をする為には、

 

少なくとも、6ヶ月以上前から、
こういった症状があって、そして、最近3ヶ月以内に、

最低、1ヶ月に少なくとも3回はあるという
しっかりした国際的な診断基準があるんですね。

 

 

働き盛りの社会人ばかりでなく
最近では、小中学生も、この過敏性腸症候群じゃないかと
言われている人が多いんですね。
大分、増えてきていると思います。

 

今、まだ4月ですから、
”がんばろう”とう気持ちでいますから我慢しているんです。

実は、ゴールデンウィーク明けくらいから、
症状が出始めてきます。

 

 

ストレスが影響しているんでしょうかね?

 

もちろんそうです。

こういった病気は、ストレス性の関連疾患と言いまして、

心身相関!心と体が相互に関係しあって、
一体化してしまうという、心身相関の病気と言われていますね。
今までは、脳がストレスを受けることで、
自律神経のバランスが崩れる、

それが、腸の働きに影響するということだったんですが

スポンサードリンク

今は、それだけではなくて、

 

このストレスによって、腸内細菌の多様性、
働きが悪くなってくることから、

大腸の粘膜の、所謂、バリア機能が破綻してしまう
それによって、知覚過敏ですよね。

 

ちょっとしたことで、お腹が痛いと感じてしまう。

そういったことが原因ではないかということが
わかってきていますね。

 

 

ということは、そういった研究がわかってきて
その対策としては、何が効くんですか?

 

アメリカで、抗生物質が効くんではないかという
話が出ているんですけど、

ただ、本当にこれが有効かどうかの結論は出ていません。
しかも、アメリカでは、この抗生物質は使えますが、
日本では、保健適応でもありませんし、まだ、使えません。
これもまた、プラセボといって、薬を使う分、
使わない分で、研究をしてみても、

ちょっとその差が大きくないんですよね。

 

その為、過敏性腸症候群の方に、今すぐ、
試しに抗生物質を使おうというところまではいってませんよね。

 

過敏性腸症候群の方の腸内細菌を調べると、

腸内細菌を分解する物質というのがあるんですけど、

 

その物質に”酢酸”が多いのではないか
ということがわかってきているんですね。

 

酢酸が悪いというわけではないんですが、

過敏性腸症候群の人に特有の
腸内細菌が増えてきたり、分解する物質が増えてきたりと
そういうこともわかってきているんですね。

 
腸内環境を整えるということがいいことなんでしょうかね?

 

それは、大切なことだと思います。

治療は、まず、生活様式を調節するという
ところからはじまりますから、

やはり、規則正しい生活ですよね。

 

食事を三食シッカリととって、なかでも食物繊維や
発酵食品をシッカリ摂る、あとは、睡眠時間をシッカリ確保する、
あと運動とか・・・・
自律神経系のバランスをとるためにリラックスをするとか
そういったことも大事になってきますよね。

 
著書「本気で治したい人の腸の不調 便秘 下痢」

2016y04m29d_114350590

 

 

山内トキコ先生の話はココまで・・・・・・・・・・・・・

 

 
腸内環境、腸内細菌、大事ですよね。

以前は、100種、100兆個と言われていた
腸内細菌ですが、

今では、1000を超える種類と
1000兆個を超える数の細菌群が、

腸の中で棲息している言われるようになりました。

 

 

その数を考えると、病気になるにしろ
スーパーヘルスを実現するにしろ

かなりの影響を与えていることは間違いないでしょう。

お腹の健康には、これからより一層、
気を配る必要がありそうですね。

スポンサードリンク
  • 2016 04.29
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

管理者プロフィール

2014y07m02d_171011791
このサイトを運営している管理者のモッサンです。 アラフォー世代で、自営業を行っています。 長年、健康関連の仕事をしていまして、特に予防医学的な視点から 様々なサービスや情報を提供してきました。このサイトでも、訪問してくれた皆様に役に立つ情報を提供してきたいと思います。 連絡は、次のアドレス迄 fumi@@mosica.xsrv.jp